PR

ZABICOM / Zabbixの概要

2010年12月7日(火)
伊藤 覚宏八久保 洋一

ITサービスのシステム・ダウンを未然に防ぐには、ネットワークやサーバーのリソース、ログ・メッセージ、プロセス状態の監視が欠かせません。しかし、機械的なキーワード検知、画一的なしきい値判定だけでは、無用なアラートが増えてしまい、真に重要な障害を見逃すことになってしまいます。

本連載では、4回にわたり、ZABICOM / Zabbix の特長や、実際の運用で利用できるような柔軟なしきい値設定などを紹介しながら、ZABICOM / Zabbixの設定方法について解説します。

なお、今回は、ZABICOM / Zabbixを利用する上で重要となる監視設定や運用を効率化する、各種の機能および設定例を中心に解説します。

  • 第1回 ZABICOM / Zabbixの概要
  • 第2回 ZABICOM / Zabbixの設定方法 - ネットワーク監視編
  • 第3回 ZABICOM / Zabbixの設定方法 - サーバー監視編
  • 第4回 ZABICOM / Zabbixの機能活用

ZABICOM / Zabbixとは

Zabbixとは、ラトビア共和国のZABBIX SIAが開発している、システム監視のためのソフトウエアです。オープン・ソースとして提供されています。日本のZabbixの登録商標は「ZABICOM」です。以下、本稿ではZABICOMの表記を使用します。

さらに、ZABICOMをベースに、日本の監視シーンに合わせた付加機能、拡張仕様を適用した「ZABICOM-J」を、NTTコムテクノロジーが提供しています。

図1: Zabbix、ZABICOM、ZABICOM-Jの関係

図1: Zabbix、ZABICOM、ZABICOM-Jの関係

ZABICOMは、エージェントを用いたサーバー監視、SNMPによる機器監視、IPMI(Intelligent Platform Management Interface)によるハードウエア監視など、システム運用の上で必要な監視を統合的に行えます。これらの機能は、追加ライセンスやプラグインを導入することなく、all-in-oneで提供されます。

障害を検知した際は、メールや監視表示灯による通知はもちろん、スクリプトの自動実行、監視対象上でのコマンドの実行も可能であり、運用の自動化を進めることができます。さらに、ZABICOMの大きな特長として、可視化機能があります。ZABICOMでは、収集した数値データをリアルタイムでグラフ化することができます。

マップ機能で構成図を作成しておけば、どこで障害が発生したのかを、視覚的に分かりやすく確認できます。スクリーン機能では、監視現場に合わせて、障害履歴や取得したデータ、複数のグラフやマップなどを1つの画面に集約し、監視対象システムの全体像を把握できます。

図2: ZABICOM / Zabbixのスクリーン機能

図2: ZABICOM / Zabbixのスクリーン機能(クリックで拡大)

ZABICOM設定の基礎

「何から設定したらいいのか分からない」。これは、ZABICOMを初めて利用する方からよく聞く言葉です。

ほかの障害監視ツールの場合、障害判定の設定だけで済むものもあります。一方、ZABICOMの場合は、障害判定条件(以下、トリガーと呼びます)と、判定に利用するデータ(以下、アイテムと呼びます)収集とを、それぞれ別々に設定します。

これは一見、煩雑にも思える仕組みですが、このおかげで単なる障害監視だけでない、複数のデータを組み合わせたグラフの定義が可能になります。これを利用し、リソースの長期の傾向分析を行い、システム更改計画の参考にできたり、複数のデータを組み合わせた柔軟で詳細な障害判定設定ができます。現場管理者の知恵をロジックとして蓄積し、不要な障害通知を抑制し、本当に重要な障害だけを通知するように「成長」させることが可能になります。

トリガー条件式によって障害と判定された場合、ZABICOMはこれを「イベント」として記録します。このイベントを基に、障害通知やコマンドの実行などの動作(以下アクションと呼びます)をさせるように設定できます。

ZABICOMの設定方法を理解するためには、このシステム・フローを把握することが重要です。

図3: ZABICOM / Zabbixの処理の流れ

図3: ZABICOM / Zabbixの処理の流れ

NTTコムテクノロジー株式会社 サービス企画本部NMSイノベーションシステム室 Zabbix認定トレーナー

社内でのvSphereによる仮想環境の構築、運用を担当、Zabbix公式研修の講師を務める他、ZABICOMオリジナルテンプレートの設計、ZABICOMによる運用効率化手法の検討などZABICOMのポテンシャルを引き出すことに注力。現在はZABICOMのプリセールス、ユーザーサポートを担当。

NTTコムテクノロジー株式会社 サービス企画本部NMSイノベーションシステム室 室長

システム開発、ネットワーク及びサーバの運用を経験後、現在はNTTコムテクノロジー(株)において、ZABICOM / Zabbixチームを統括。主にZABICOMの開発チームのマネージメントを担当。ZABBIX1.4 初期より、運用現場が求めるZABBIXへの機能追加をZABBIX社とともに推進。特にZabbix1.8における仕様追加及び品質向上には大きく寄与した。現在次々期バージョンZABBIX 2.2の仕様策定を実施中。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

ZABICOM / Zabbixの概要 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。