PR

Adempiereの基本操作

2011年1月31日(月)
久保田 大輔

第3回の今回は、Adempiereの基本操作と、基本的な業務処理の流れ(発注→受入→受注→出荷)について説明します。

Adempiereのインストールをしていない場合は、第2回の記事を参考に、Adempiereをインストールしてください。

ログイン

まずは、AdempiereのJavaクライアントを起動してログインしてください。ログイン方法の詳細は、第2回の記事の最後に記載しています(今回は、AdempiereのJavaクライアントを使って説明します。WebブラウザでアクセスするWeb UIでも、ほぼ同様の操作ができます)。

ログインすると、「役割」「会社」「部課」「倉庫」などを選択する画面が表示されます(図1)。

ログイン時の初期選択画面

図1: ログイン時の初期選択画面

役割(ロール)とは、ユーザーに割り当てられた、権限のようなものです。ここで選択した役割によって、メニューで表示される項目が変わります。役割は、1人のユーザーに対して複数割り当てることができます。ログイン後に、割り当てられた役割の中から、使用する役割を選択します。

「役割」などを選択して、右下のOKボタンを押すと、Adempiereの初期画面が表示されます。最初に表示される画面は「業績」タブです。ログアウトするには、左上のメニュー・バーにある「ファイル」から「ログアウト」をクリックしてください。Adempiereからログアウトして、ログイン画面に戻ります。

もう1度ログインし直して、「GardenAdmin」の役割を選択してください。Adempiereのメイン・ウインドウが表示されるので、「業績」タブの右にある「メニュー」タブをクリックしてください。メニューのツリーが表示されます。

Adempiereの基本操作

Adempiereのほとんどのウインドウには、上部に「新規追加」「保存」「詳細と一覧の切り替え」など共通のボタンがあり、左側にはタブがあります。

例として、取引先ウインドウで説明します。ツリーから「取引先関連 > 取引先ルール > 取引先」を選択して、「取引先」ウインドウを開いてください*1

  • [*1] 「レコードを検索」ウインドウが表示された場合は、そのままOKボタンを押してください(登録されているレコード数が多いと、「レコードを検索」が表示されます)。

「取引先」ウインドウを開く

図2: 「取引先」ウインドウを開く

メニュー・バーの下にあるのが、Adempiereのウインドウ全体に共通するツール・バーです。左側にある、「取引先」「得意先」「仕入先」「住所」などと書かれているものがタブです。

タブの横幅は、タブの親子関係を表しています。上のタブより短くなっているタブは、子のタブです。子タブのレコードは、まず親レコードを選択しないと、選択できません。親タブの1レコードに対して、子タブに1個以上のレコードが作成されます。

ツール・バーにある各ボタン(アイコン)の説明は、以下の通りです。

共通のツール・バー

図3: 共通のツール・バー(クリックで拡大)
各ボタン(アイコン) ボタンに割り当てられた機能
元に戻すボタン データベースに保存していない修正を無視します(元に戻します)。
新規作成 レコードを新規作成します。
削除 選択したレコードを削除します。
保存 修正を保存します。
更新 表示の更新(リロード)を行います。
検索 検索フォームで検索を行います。
一覧・詳細切り替え 1レコードを1行として複数レコードを一覧表示する形式と、
1レコードを詳細表示する形式を切り替えます。
親レコード 1つ上のタブを表示します。
子レコード 1つ下のタブを表示します。
最初のレコード 同じタブ内に登録されている複数のレコードのうち、
1番最初のレコードを表示します。
前のレコード 同じタブ内にある1つ前のレコードを表示します。
次のレコード 同じタブ内にある1つ後のレコードを表示します。
最後のレコード 同じタブ内の1番最後のレコードを表示します。

新しくレコードを作成したいときは、「新規作成」ボタンを押して、項目に値を入力をして、保存ボタンを押します。データを検索したいときは、検索ボタンを押すと表示される検索フォームを使って検索できます。登録されているデータを一覧表示したいときは、「一覧・詳細切り替え」ボタンを押すと、表形式の表示に切り替えられます。

以上で、基本操作の説明は終わりです。

ユーザーと役割(ロール)

Adempiereでのユーザーとは、ログインIDとパスワードを持った、実際の人と1対1で結びついているユーザー情報のことです。ユーザーは、複数の役割を持つことができます。ログインしてすぐに表示される「役割」のプルダウンで役割を選ぶことによって、その役割でAdempiereにログインできます。

また、役割は、複数のユーザーに割り当てることができます。例えば、一般ユーザーとシステム管理者という2つの役割があった場合に、User1、User2、Admin1というユーザーを「一般ユーザー」の役割に割り当てて、Admin1、Admin2というユーザーを「システム管理者」の役割に割り当てることができます。この場合、Admin1は、ログイン後に「一般ユーザー」と「システム管理者」の役割を選択できます。

この設定は、メニュー・ツリーの「システム管理設定 > 一般ルール > セキュリティ > ユーザー」と「システム管理設定 > 一般ルール > セキュリティ > 役割」から行うことができます。

「ユーザー」ウインドウの「ユーザー情報」タブでは、ユーザーの新規作成や修正を行うことができます。「ユーザーの役割」タブで作成したユーザーに、役割を割り当てられます。役割の作成と設定は、「役割」ウインドウで行います。「役割」タブで役割の新規作成や修正を行い、「ウインドウアクセス」タブでその役割で表示するメニュー・ツリーの項目(ウインドウ)を設定します。

以上で、ユーザーと役割の説明は終わりです。

adempiere.jp

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています