PR

Adempiereの「プロセス」を作成する

2011年6月27日(月)
久保田 大輔

第8回記事では、Adempiereの「プロセス」を作成する方法を説明します。

Javaファイルの作成

第4回記事でサンプルウィンドウを作り、「Script Process」という機能でプロセスを作成しました。「Script Process」は、Adempiereの画面から処理内容を登録する、簡易版のプロセス作成のようなものです。

今回はjavaファイルに処理内容を記述してプロセスを作成します。

まずは、プロセスのjavaファイルを作成します。第4回記事のプロセスと見分けるために名前はSampleProcess2にします。

Eclipse上でbase\src\org\compiere\processに、SampleProcess2.javaというファイルを作成してください。

パッケージエクスプローラーの「base/src > org.compiere.process」 で右クリックして、コンテキストメニューから「New > Class」 で、新規のJavaファイルを作成できます。

図1:新規のJavaファイルを開いたところ

SampleProcess2.javaを作成したら、以下のURLに書かれているプロセスのテンプレートを貼り付けてください。
http://www.adempiere.com/index.php/Howto_write_an_Adempiere_process

テンプレートはクラス名が「TemplateProcess」になっているので、26行目のクラス名を以下の通り変更してください。
public class TemplateProcess extends SvrProcess {

public class SampleProcess2 extends SvrProcess {

85行目のdoItメソッドの戻り値を以下の通り変更してください。
return "A message to the user (indicating success - failures must throw Exceptions)";

return "SampleProcess2が実行されました。";

doItメソッドの戻り値は、ボタンを押して処理を実行した時にウィンドウの下部にあるステータスバーに表示されます。

プロセスの登録

次にプロセスをアプリケーションディクショナリに登録します。

AdempiereにSystem Administratorでログインして、メニューの「アプリケーション構成 > レポートとプロセス」 から、「レポートとプロセス」ウィンドウを開いてください。

レコードを新規作成して、以下の通りに入力・選択してください

  • 「検索キー」に、「Sample_Process2」と入力
  • 「名前」に、「Sample Process2」と入力
  • 「データ・アクセスレベル」は、「クライアント組織」を選択
  • 「実体タイプ」は、「Dictionary」を選択
  • 「クラス名」には、「org.compiere.process.SampleProcess2」と入力

入力が終わったら保存ボタンを押してデータを保存してください。

adempiere.jp

連載記事一覧

Think IT会員サービスのご案内

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスのご案内

関連記事