PR

見せサバに使うパーツの調達と板金加工

2011年7月13日(水)
新藤 望

2. マザーボード

Cubeのサイズによる制限から、必然的にMini-ITXを選択することになります。Mini-ITXのサイズは基本的に170*170で、Cubeにぎりぎり収まる位の大きさです。選択する際の基準は、以下のとおりです。

Sandy Bridgeに合わせた条件

  • CPUスロット LGA1155
  • チップメーカー Intel

その他の条件

  1. 販売時期が新しいもの
  2. USB3.0(転送速度が速いため)
  3. SATA6.0G(転送速度が速いため)

※Mini-ITXでも、製品によってサイズが微妙に違いますので、購入の際はご注意ください。
例)
DH67CFB3(Intel) 172x172mm
DQ67EPB3(Intel) 127x127mm

CPUの互換性は、以下のサイトにて確認することができます。

インテル製マザーボード
→参照:プロセッサーおよびボードの互換性ツール

サードパーティのボード (画面右側 枠内にリンクあり) 
→参照:Motherboard Selector Tool

こちらに記載のないマザーボードでも、マザーボードメーカーのページでは対応CPUとして明記されていることもあります。
マザーボードメーカーのページも確認すると良いでしょう。

今回購入したマザーボード
→参照:ASUS P8H67-I

今回選択したマザーボードのサイズは、171x171mmのため、後ほど、ケースに入らない分を削ります。

内容物

3. SSD + 2.5->3.5インチ変換マウンタ

今回、いろいろとCubeについて確認していたところ、構造的に熱を持ちやすいとの話だったため、HDDより熱放出の低いSSDを使用することで、温度の上昇を防ぎます。

SSDはCrucialのm3をノートPCのHDDを換装して使用、価格とベンチマーク、使用感それぞれ満足しています。Crucial m4 の64GBが出たばかりのため、こちらを購入しました。

公式では、 動作時温度:10°~35°Cのため、この温度になるようにします。

今回購入したSSD
→参照:Crucial m4 64GB

SSDをそのまま使用すると、内部で固定できません。SSDを取り付けるために、2.5インチHDD変換マウンタを使用します。

SSDを取り付けるためのマウンタ
→参照:ainex HDM-03

取り付け場所がないため、後ほど、取り付けるねじ穴を作成します。

4. DVD-ROMドライブ

交換する必要がないため、そのまま使用します。しかし、マザーボードにIDE接続のポートがないため、SATAに変換する必要があります。ATAPI(IDE)->SATAの変換アダプタを購入します。

変換アダプタ
→参照:スゴイアダプタ SATA BOX

5. 電源

通常の電源では、大きすぎるため、ACアダプター用の電源を用意します。ネットショップにて購入しました。

ACアダプター用の電源:
→参照:NT-ITX/PW120W Plus

6. メモリ

マザーボードに乗せるメモリは、デュアルチャネルのため、同じサイズ容量のものが必要です。4GB*2枚を一番安いところで購入しました(4GB*2 約5,000円)。

7. ATX電源スイッチ&LED

ATX電源スイッチは、2つ位しか選択肢がありませんでした。

LEDは、3mmまたは5mmの、PowerLEDを使用します。

パーツ購入時の金額は、大まかに以下のサイトの見積もり計算表を使用させて頂き、算出しました。

自作大図鑑:自作パソコン(自作PC)の見積もり計算表

今回選んだパーツ一覧

番号 項目 購入
1 ケース 流用
2 CPU i5 2405s(Intel)
3 ヒートシンク CPU付属のCPUクーラー
4 マザーボード P8-H67-I(ASUS)
5 メモリ DDR3 1333 4GB
6 HDD 2.5インチ SSD(Crucial m4 64GB)+3.5インチ変換マウンタ
7 DVD-ROMドライブ SATA接続に変更するため、ATAPI->SATA変換アダプタ
8 電源 ACアダプタ用
9 スイッチ ATX電源スイッチ&LED

元アパレル販売員を経て、某SIerに転職。転職前は[Ctrl]+[C]も知らなかったが、仕事にも慣れ、今年でエンジニア歴7年目を迎える。普段は、主にUNIXの保守、運用を担当。自宅には、Mac 1台、Windows 4台(デスクトップ2:ノート2)があり、仕事用にWindowsを使用中。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています