PR

Amazon LinuxにPostgreSQL 9.0をインストールする

2011年10月25日(火)
宮原 徹(みやはら とおる)

クラウドサービスの代表例とも言えるAmazon EC2を使ってWebアプリケーションを動作させるため、LinuxとApache、PHPとPostgreSQL 9.0、いわゆるLAPP環境を構築する手順を解説する。

なお、本連載ではPostgreSQLのデータベースを操作するためのSQLなどについては触れていないので、LPI-Japanが無償で提供しているテキスト「オープンソースデータベース標準教科書」を参照して欲しい。PDF版、EPUB版が提供されているので、作業時に参照できるようにしておくと良いだろう。
→参照:「オープンソースデータベース標準教科書」ダウンロードページ

PostgreSQL 9.0のインストール

第2回では、PostgreSQL 9.0をAmazon Linuxにインストールする。インストールするには、yumリポジトリを登録する方法と、RPMパッケージをダウンロードしてきてインストールする方法がある。

yumリポジトリを登録する

「PostgreSQL RPM Building Project」のyumリポジトリ設定用RPMをインストールする。手順は以下の通りだ。

1. クライアントのWebブラウザで「PostgreSQL RPM Repository(with Yum)」にアクセス

→参照:PostgreSQL RPM Repository(with Yum)

図1:PostgreSQL RPM Repository(with Yum)画面(クリックで拡大)

2. 「Please click here and download the repository RPM based on your distro and PostgreSQL version you want.」のhereをクリック

図2:letter_p.group画面(クリックで拡大)

3. PostgreSQL 9.0のリストにある「CentOS 6 - i386」のリンク先URLをコピー。

例えばFirefoxを使っていれば、リンクを右クリックして「リンクのURLをコピー」を選択する。

4. 端末でwgetコマンドを使ってEC2のインスタンスにダウンロードする。

  # wget http://yum.pgrpms.org/9.0/redhat/rhel-6-i386/pgdg-centos90-9.0-5.noarch.rpm
  --2011-10-11 05:59:20--  http://yum.pgrpms.org/9.0/redhat/rhel-6-i386/pgdg-centos90-9.0-5.noarch.rpm
  yum.pgrpms.org をDNSに問いあわせています... 77.79.103.58
  yum.pgrpms.org|77.79.103.58|:80 に接続しています... 接続しました。
  HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 200 OK
  長さ: 5304 (5.2K) [application/x-rpm]
  `pgdg-centos90-9.0-5.noarch.rpm' に保存中
  
  100%[======================================>] 5,304       --.-K/s 時間 0.001s 
  2011-10-11 05:59:21 (4.98 MB/s) - `pgdg-centos90-9.0-5.noarch.rpm' へ保存完了 [5304/5304]

5. rpmコマンドでインストール

CentOS用のパッケージのため、依存関係に問題があるが、rpmコマンドに--nodepsオプションをつけて依存関係の解消を行わずにインストールを行う。

  # rpm -ivh --nodeps pgdg-centos90-9.0-5.noarch.rpm 
  警告: pgdg-centos90-9.0-5.noarch.rpm: ヘッダ V4 DSA/SHA1 Signature, key ID 442df0f8: NOKEY
  準備中...                ########################################### [100%]
    1:pgdg-centos90       ########################################### [100%]

6. /etc/yum.repos.d/pgdg-90-centos.repoの内容を変更

yumリポジトリ登録用のパッケージをインストールすると、/etc/yum.repos.d/pgdg-90-centos.repoが作成される。依存関係を解消しなかった関係上、ディストリビューションのバージョン番号が取得できないので、設定ファイルの変数を手動で書き換える。

著者
宮原 徹(みやはら とおる)
日本仮想化技術株式会社 代表取締役社長兼CEO

日本オラクル株式会社でLinux版Oracleのマーケティングに従事後、2001年に株式会社びぎねっとを設立。Linuxをはじめとするオープンソースの普及活動を積極的に行い、IPA「2008年度 OSS貢献者賞」を受賞。

2006年に次の目標を仮想化技術の普及に定め、日本仮想化技術株式会社を設立。仮想化技術のエバンジェリストとして、日々全国を飛び回っている。2014年のテーマは経営とITの適切な関係。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています