PR

MySQL Enterprise Edition最新情報

2011年12月13日(火)
梶山 隆輔

充実したサポートサービスとMySQL運用管理支援ツール

MySQLには、GPLのコミュニティ版と、有償版が用意されています。有償版では、無償のコミュニティ版のデータベース機能に加えて、サポートサービスや運用監視を支援する各種のツール群を提供します。有償版は、通常は商用ライセンスとサポートサービスおよびツール群を包括したサブスクリプション形式での販売となります。このサブスクリプションは「物理サーバ単位」での課金となります。

サポートサービスでは、非常に高いスキルを持ったMySQLのサポートエンジニアが開発チームと緊密に連携しながらユーザーの環境の問題を解決していきます。またパフォーマンスチューニングサービスなどにより問題を未然に回避していきます。

障害発生時などにお問い合わせいただく一般的なサポートサービスに加えて、「コンサルティング・サポート」を用意しています。以前は最上位のサービスを購入したお客様だけが利用できるものでしたが、オラクルになってからの製品アップデートにより、全エディションのお客様が利用できるようになりました。

コンサルティング・サポートの中では、サーバー構成やシステム情報をレビューして最適な構成のアドバイスを行うパフォーマンスチューニングの支援を行います。またユーザーが開発したSQL文やデータベーススキーマおよびレプリケーション構成をレビューして、さらなる改善やMySQL特有の機能の有効な活用方法、構成などに問題点が無いかなどのアドバイスを行います。

サポートサービスのレベルは基本的にOracle Premier Supportと一本化され、全てのエディションで24時間365日、インシデント数無制限のサポートとなっています。MySQLのサポートサービスは、サブスクリプションに含まれています。お客様のシステムのライフサイクルにあわせて長期間の利用が可能な、期限のないライフタイムサポートとなっています。
→参照:Lifetime Support Policyの詳細はこちら

表:有償版MySQLの各エディションの主な機能とサービス(クリックで拡大)

有償版は4つのエディションに分かれています。ただし、InnoDBの利用できないClassic Editionは組み込み用途限定となります。また、2011年12月現在は日本語でのサポートは平日9時から17時の間のみとなっています。

MySQL Enterprise Monitorによる詳細な監視

Enterprise Editionでは、複数のサーバを一括で監視するEnterprise Monitorや高速にバックアップを行うEnterprise Backupなど、多くの企業システムや大規模なWebサイトでの、MySQLの運用管理を効率化するために必要とされる機能を提供します。

MySQL Enterprise Monitorは複数のMySQLの稼働状況をブラウザ経由で一覧監視するツールです。監視対象はハードウェアリソースの利用状況からMySQLのセキュリティやパフォーマンスに関するまで140項目以上にわたります。監視対象のMySQLに問題が発生してから報告するのではなく、これまでのMySQLの運用ノウハウを元にして問題の兆候をとらえ、事前に改善策をデータベース管理者に提示します。監視状況は画面上に表示されるだけではなく、メールやSNMPを経由して通知します。レプリケーション構成を運用する環境では、監視マネージャが自動的に構成を解析し、サーバ間でのデータ転送の遅延や内部スレッドの稼働状況を監視します。

図1:MySQL Enterprise Monitorのメイン画面(クリックで拡大)

Enterprise Monitorの機能の中でも、Query Analyzerは特に多くのユーザーが有償版購入のきっかけにしています。このQuery Analyzerは、クエリ実行のパフォーマンス監視を行い、さらにパフォーマンスチューニングの作業を支援します。全ての監視対象のMySQLサーバ上で実行された全てのクエリの性能統計情報を一覧表示します。

データベース管理者は、それぞれのクエリが実行された回数やエラーとなった回数、処理時間を一覧できます。また、複数のMySQLサーバを運用している環境では、クエリ実行状況や処理性能のサーバ間での比較が容易に行えます。クエリチューニングの有効性の確認に有用な実行計画情報を監視画面上から取得できます。

日本オラクル株式会社

2008年にMySQL社に入社し、アジア各国でのMySQLを活用したシステム構築の導入支援を担当。現在はオラクルのMySQLビジネスユニットでのセールスコンサルティングチームのアジア太平洋地域マネージャー。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています