PR

Windows Azureの申し込みと環境構築

2012年2月28日(火)
田口 一博小木 ナツキ

はじめに

この連載では、これまでWindows Azureに触ったことがない方、クラウドサービスを使ってみたい、という方を対象に、利用するための申し込みから、環境の準備、Windows Azure Accelerator for Web Roles(以下、Webロールアクセラレーター)を利用して、ASP.NET Webアプリケーションと、PHP WebアプリケーションであるWordPressをインストールして、使い始めるまでを解説していきます。

今までWindows Azureを利用してきたけど、Webロールアクセラレーターとはなんぞや?という方も、もちろん歓迎です。

  1. [小木] こんにちは、小木ナツキです。前回、「ゼロからはじめるWindows Azure・改」のように、今回も実際にAzureに触れながら操作方法をレポートしていきますので、田口ともどもよろしくお願いします。
  2. [田口]田口です。今回もできるだけ分かりやすく情報をお届けしていきます。よろしくお願いします。

本連載では、無償のツールであるVisual Web Developer Express と WebMatrix の両方を利用します。

Windows Azureを利用する前に

  1. [小木] つい最近、社内で「WordPress をWindows Azure で利用したい」という依頼があって、私が担当することになりました!ということで一緒にインストールしていきましょう、田口さん♪
  2. [田口] (ぐ・・、私も一緒なのか)はいはい。じゃあ作業に入る前に、無料評価版でも良いから、Windows Azure サブスクリプションを購入しておいてね。

Windows Azure サブスクリプション申し込みについて

Windows Azure を利用するには、Windows Azure Web サイトから Windows Azure のサブスクリプションを購入する必要があります。下記のサイトで、無料評価版の申し込み方法を紹介していますので、ぜひご覧ください。

→参照:Windows Azure サブスクリプション申し込み~サービス利用 Step by Step

  1. [小木] サブスクリプションはもう持っていますよぉ。Windows Azure のサイト リニューアルして、サブスクリプションの申し込み方法もデザインもシンプルで使いやすくなりましたね(画面1)。

画面1:Windows Azure Platform Webサイト
  1. [小木] ツアーページには、Azureの概要や機能がわかりやすく掲載されているし、料金ページでは、簡単に料金を計算できるから、概算金額を出すのに便利ですよね。
  2. [田口] 申し込みの手間は減ったね。では、開発環境の準備をする前にWindows Azure 管理 ポータルで、ホステッドサービスとストレージアカウントを作っておいて。
  3. [小木] はーい。ブラウザ起動♪Windows Azure 管理 ポータルにアクセスして、サインインっと。では、作業はじめます!

→参照:Windows Azure 管理 ポータル

ホステッドサービスの作成

Windows Azure 管理ポータルにサインイン後、画面左にある[ホステッド サービス、ストレージアカウント、CDN]をクリックします(画面2)。

画面2:Windows Azure 管理ポータルサインイン後の画面(クリックで拡大)

画面左にある[ホステッド サービス]をクリックし、画面真ん中にあるサブスクリプション名(画面では[Subscription1])を選択し、画面上にある[新規ホステッドサービス]をクリックします(画面3)。

画面3:サブスクリプション名を選択(クリックで拡大)
  1. [小木] [ホステッド サービスの新規作成] (画面4)が表示されたら、まずはサービスの名前とURLを入力っと、次に、ホストとストレージサービスはパフォーマンスを考えて近くに配置したいので、地域またはアフィニティグループ で[新しいアフィニティグループの作成]を選択ね。

画面4:ホステッドサービスの新規作成(クリックで拡大)
  1. [小木] 次に[新しいアフィニティ グループの作成]が表示されたら、アフィニティグループ名と地域を選択して、[OK]ボタンをクリック!(画面5)。

画面5:新しいアフィニティグループの作成
  1. [小木] 最後に、今回はホステッドサービスを作るだけなので、[デプロイ オプション]は[デプロイしない]を選択して[OK]をクリックっと。これでホステッドサービスの作成完了!(画面6)

画面6:ホステッドサービス作成後の画面(クリックで拡大)
  1. [小木] 続けて、ストレージアカウントを作ります!
スカイコード株式会社

主にマイクロソフトの技術を中心としたプログラマ兼システム管理者兼コンサルタント兼雑務係として従事。Microsoft Azureで少しでもラクに楽しく生きていこうと企む毎日。基本怠け者。

株式会社タクシーサイト

タクシーサイト開発担当。業務システムの開発に4年間従事。PHP、Object Pascal、C#などでプログラムの基礎の基礎を学び、その後他業種へ転職。ブランク後現在の会社に入社し、クラウドを一から勉強中。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています