PR

WebMatrixを使ってWordPressを動かそう

2012年3月1日(木)
田口 一博小木 ナツキ

WebMatrixのインストール

  1. [田口] こんにちは。前回はWebロールアクセラレーターをAzureに配置して、ASP.NET Web アプリケーションを動かすところまで出来ましたね。今回はVisual Web DeveloperではなくWebMatrixを使って、PHP Web アプリケーションのWordPressをAzure上で動かしてみましょう。
  2. [小木] えーっと。まずは、何をどうすれば・・・??
  3. [田口] まずは、ローカルにWebMatrixをインストールして、PHPと、PHPからSQL Server が使える環境を作ってみよう。気をつける点は、PHPはWebMatrix用、Microsoft SQL Driver v2.0 for PHP v5.3はIIS Express用をインストールすることかな。
  4. [小木] はい!WebPIは得意ですから、サクッと環境作っちゃいますね♪
  5. [田口] (そこ得意にすることじゃないと思うけどなぁ)
  6. [小木] WebPIを起動して、必要なアイテムを選択してインストールをクリック(画面1)。

画面1:WebPI(クリックで拡大)

[インストールするアイテム]

  • Microsoft WebMatrix
  • PHP 5.3.5 For WebMatrix(英語)
  • IIS Express での Microsoft SQL Driver v2.0 for PHP v5.3(英語)

※上記アイテムをインストールするには、WebPIのオプションをクリックして、オプションの変更画面で [どのWebサーバーを使用しますか?] の設定が [IIS Express (WebMatrixを使用するために必要)] になっている必要があります(画面2)。

画面2:WebPI-オプションの変更(クリックで拡大)
  1. [小木] いつものようにライセンスに同意してインストール開始っと。
  2. [小木] インストール完了しました!(画面3)

画面3:WebPI-インストール完了(クリックで拡大)

WebMatrixの起動

  1. [田口] 早速、WebMatrixを起動して発行しよう。今回は発行の確認をするだけだから、テンプレートにあるスターターサイトを使って、試しにローカルで実行までやってみてごらん。
  2. [小木] はい。まずはWebMatrixを起動します!(画面4)

画面4:WebMatrix起動(クリックで拡大)
  1. [小木] [テンプレートからサイトを作成する]を選択して、左から2つめの[スターターサイト]を選択して、[OK]ボタンをクリック(画面5)。

画面5:WebMatrix-スターターサイトの選択(クリックで拡大)
  1. [小木] スターターサイト開きましたよ~。
  2. [田口] 今回もコンピューター名が表示されるように、Default.cshtmlに1行を追加して、WebMatrixで発行したことがわかるようにPage.Titleも適当に変えておいて。
<p>@Environment.MachineName</p>
  1. [小木] 左下のメニューから[ファイル]を選択、[スターターサイト]の中にあるDefault.cshtmlを開いて1行追加っと。あとは適当にPage.Titleを変更しました(画面6)。

画面6:WebMatrix-ページ編集(クリックで拡大)
  1. [小木] ローカルで実行してみますね。上部のメニューにある[実行]のアイコンをクリックして・・・表示されましたよ!(画面7)

画面7:WebMatrix-実行(クリックで拡大)
スカイコード株式会社

主にマイクロソフトの技術を中心としたプログラマ兼システム管理者兼コンサルタント兼雑務係として従事。Microsoft Azureで少しでもラクに楽しく生きていこうと企む毎日。基本怠け者。

株式会社タクシーサイト

タクシーサイト開発担当。業務システムの開発に4年間従事。PHP、Object Pascal、C#などでプログラムの基礎の基礎を学び、その後他業種へ転職。ブランク後現在の会社に入社し、クラウドを一から勉強中。

連載記事一覧

Think IT会員サービスのご案内

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスのご案内

関連記事