PR

Cloudforce Japan 2012 徹底特集

2012年12月13日(木)
阿部 友曉
  • 自動車業界

    セールスフォースは、自動車業界との連携に非常に力を入れています。今回のイベントでもそれを実感することができました。

    まず、特別セッションにはトヨタ自動車社長 豊田彰男氏を招待しました。豊田社長は一時間にわたるセッションの中で、自動車業界を主軸にしたイノベーションとグローバルリーダーについて語りました。

    なお、豊田彰男氏、元米国国務長官コリン・パウエル氏、マーク・ベニオフCEOの3者による特別セッションについては、以下の記事をご参照ください。

    リーダーに必要なのは決断し責任を取ること
       ― トヨタ豊田社長がCloudforce JAPAN 2012 で語る
    (japan.internet.comより)
       http://japan.internet.com/busnews/20121207/5.html
     

    またブレイクアウトセッションでは「ソーシャルレボリューションと自動車業界」、ミニシアターでは「自動車業界向けSalesforceの提供ソリューションご紹介」とそれぞれ題された発表が行われており、Salesforce製品を活用した、自動車業界全体のエコシステムの効率化が語られました。

    ソーシャルレボリューションと自動車業界
    ソーシャルレボリューションと自動車業界

    セールスフォースは、2012年9月より、米国本社にCAO(最高自動車業界責任者)という役職を設け、パトリック・ペラタ氏を採用しています。同氏は、ルノーや日産自動車の役員を務めた自動車業界のエキスパートであり、今後、自動車業界へのSalesforce製品の浸透に尽力するようです。

    ソーシャル

    今回のイベントでは、ソーシャルというテーマも、数多く目に付きました。

    基調講演では、セールスフォースによるホットリンクへの出資が発表されました。ホットリンクはソーシャルメディアデータの分析技術を提供しています。マーケティングクラウドの日本語圏の機能強化などを行うようです。

    Meet the Social Expertというブースでは、終日、ソーシャルをテーマにしたセッションが開催されていました。ソーシャルメディアコンサルティングを行う各社による発表が行われ、最後にはループス・コミュニケーションズの斉藤徹氏による新著『BE ソーシャル!』(日本経済新聞出版社刊)のサイン会も行われました。

    また、イベント会場の入り口には、マーケティングクラウドを活用した巨大なソーシャルメディアコマンドセンターが展示されていました。

    ソーシャルメディアコマンドセンター
    ソーシャルメディアコマンドセンター

    イベントを振り返って

    全体を通して、昨年よりも圧倒的に拡大した規模に驚きました。参加者数、出展者数ともに増加しており、東京ビッグサイトという大型の箱での開催となっています。

    出展企業や出展内容のジャンルも幅広くなっています。その中で、ソーシャル関連のセッションにおけるソーシャルメディア紹介や、Developer Zoneでの一般的な開発手法や事例の解説など、Salesforceとは直接的な関わりが薄いものも数多くありました。しかし、Cloudforce Japanはそれらも違和感なく内包するイベントとして成立しています。これは、セールスフォースが表面的な技術だけを提供しているわけではなく、業界の文化や、硬直化した慣習などを打破して、より深いレベルでの改革を起こすことをテーマにしていることに由来しそうです。この流れに賛同する企業は、セールスフォースのエコシステムにも参加し、新たなビジネスチャンスを得ることでしょう。

    今後もCloudforceは、製品としてのSalesforceだけではなく、セールスフォース社の提唱する、より大きなテーマに関わる企業のための祭典になっていくのではないでしょうか。

    追記:出版社インプレスジャパンからのお知らせ

    Cloudforce Japanの会場にて先行販売した新刊『はじめてのForce.com セールスフォース構築入門』は、2012年12月13日(木)より全国の大型書店およびネット書店にて発売です!

    紙版電子版同時発売になります!

    はじめてのForce.com セールスフォース構築入門
    書名 :
    はじめてのForce.com セールスフォース構築入門
    著者 :
    阿部 友曉(株式会社ウフル)
    判型 :
    B5変型判(232×182mm)
    ページ数 :
    208ページ
    ISBN :
    978-4-8443-3328-9
    定価 :
    紙版:3,000円+税/電子版:2,667円+税
    発行 :
    インプレスジャパン
    発売日 :
    2012年12月13日(木)
    ■紙版
    インプレスジャパン直販サイト→コチラ
    Amazon.co.jp→コチラ

    ■電子版
    インプレスジャパン直販サイト→コチラ
    ※Amazon Kindle版、Google Eブックス版などは、順次発売予定です。

    本書は主に、Salesforce入門者や初心者、またSalesforce周辺技術に詳しくない方を対象に構成されています。急速に発達したSalesforceの世界。その広大な世界を把握するために、最初に足を踏み入れるための入り口としてまとめました。Salesforceって単語をよく聞くけど、どんなものか分からない方、エンタープライズITを敬遠している方、以前Salesforceを使っていたが最近は遠ざかっており、再度キャップアップしたい方にオススメです。

株式会社ウフル
携帯着うたシステム開発、ネットラジオサイト「ねとらじ」創設、デジタルサイネージシステム開発とインターネット畑を気ままに歩き回る。現在はウフル社にて、クラウドシステム開発を通じてインターネット技術の他分野への応用を追求中。最近は音楽配信、車載メディアUXも研究している。堅い世界を柔らかく届けるのが楽しみ。情報技術のイグノーベル賞を目指したい。趣味は去年から始めた茶道。Force.comを中心とした記事を多数執筆中。最新刊『はじめてのForce.com セールスフォース構築入門』(インプレスジャパン刊)。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています