PR
連載 :
  

デスクトップ仮想化(VDI)とシンクライアントはどう違う?

2014年3月5日(水)

 VDI(Virtual Desktop Infrastructure)を解説するにあたって、まず第1回では「シンクライアント」と呼ぶ処理方式を説明します。なぜなら、VDIはシンクライアントの実装方式の1つだからです。シンクライアントとは何か、VDI以外にどんな方式があるのかを理解すると、VDIの本質がよくわかります。

 シンクライアントは、プログラムの実行や、データの保存といった機能をクライアント端末から切り離し、サーバーに集中させるアーキテクチャのことです。シン(thin)は「薄い・細い」を表す英単語。PCなどと比較して、機能を削ぎ落したクライアントという意味です。シンクライアントと対比して、PCをファットクライアント(fat client)と呼ぶこともあります。

シンクライアントには2つのタイプがある

 シンクライアントにはいくつかの実装方式があります。まず、「ネットワークブート型」と「画面転送型」の2タイプに分類できます。さらに、画面転送型は、「サーバーベース方式」「ブレードPC方式」「VDI(Virtual Desktop Infrastructure)方式」3つのタイプに分類できます。まず、ネットワークブート型とサーバーベース型の違いを説明しましょう。

図1:シンクライアントの主な実装方式

ネットワークブート型シンクライアント

 文字通り、ネットワークブートの仕組みを利用した方式です。サーバーに保存したイメージファイルを、端末がネットワーク経由でダウンロードして、OSやアプリケーションを実行します。端末のCPUとメモリーを使うため、利用している感覚は通常のPCと変わりません。周辺デバイスも利用できます。WindowsだけでなくLinuxにも対応が可能です。複数のユーザーで共同利用できます。

 欠点は、起動のたびにネットワークに大量のトラフィックが流れる点です。高速なネットワークを用意しないと、起動に時間がかかってしまいます。会社の外などからアクセスするような構成には向きません。大学などの教育機関が、教室の端末をネットワークブート型にしているケースはよくあります。イメージファイルを複数用意して、授業に合わせてOSやアプリケーションを切り替えるためです。

画面転送型シンクライアント

 画面転送型は、OSやアプリケーションをサーバー側で実行し、画面出力を端末に転送する方式です。サーバーと端末は、画面情報と操作情報だけをやり取りします。画面情報はイメージファイルに比べれば圧倒的にサイズが小さいので、外出先からリモートアクセスするような使い方も可能です。図1は、両者の違いをまとめたものです。

図2:通常のPCとシンクライアントの違い

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています