PR

企業の仮想化を加速するCitrix XenServer

2009年8月3日(月)
北瀬 公彦

オープンソースXenとCitrix XenServer

 本連載では全5回にわたって、仮想化の様々なシーンで活躍するXenシリーズについて解説していきます。第1回では、Citrix XenServerの基本的な仕組みについて、最新バージョン5.5の紹介と合わせて解説していきます。

 Citrix XenServerは、Xenとよばれるオープンソースの仮想ソフトウエアをベースにしています。Xenの開発は、2002年からケンブリッジ大学の研究プロジェクトXenoServer Projectとしてはじまりました。そのプロジェクトメンバーによって2005年に設立されたのがXenSource社です。2006年にはXenEnterprise1.0が出荷開始されました。

 2007年には、Citrix Systems(以降Citrix)がXenSource社を買収し、Citrix XenServer(以降XenServer)と名前を変更しています。

 また、2009年にはXenServerを無償化し、エンタープライズ向けの機能の無償提供をはじめました。最新のバージョンは2009年6月にリリースしたXenServer 5.5です。また、オープンソースXenプロジェクトも引き続き、Citrixによりけん引されています。

 さらに、このオープンソースXenは、さまざまなベンダーに採用されていて、仮想化製品としては、Oracle、Virtual Iron(Oracle社に買収)、Sun、Citrixに、またOSの仮想化機能としては、SUSE Linux Enterprise Server、 Red Hat Enterprise Linux、その他に採用されています。

 XenServerは、仮想化によるオーバーヘッドを軽減するために、準仮想化とよばれるアーキテクチャ(パラバーチャライゼーション)を採用しています。XenServerでは起動時に管理用の仮想マシンが必ず起動され、この管理用の仮想マシンが、物理デバイスへのI/Oを制御します。

 XenServerでは仮想マシンのことをDomain(ドメイン)とよびます。管理用の仮想マシンのことを、Domain 0またはホストOSとよびます。またこのホストOSは、Linux(Cent OS)ベースで構成されています。通常のユーザーが作成する仮想マシンのことをDomain UまたはゲストOSとよびます。

 図1-1のように、準仮想化ではゲストからのネットワークI/O、ファイルI/Oに関しては、ホストOS経由で実際の物理デバイスにアクセスします。また、CPUやメモリへのアクセスはゲストOSから仮想レイヤー経由でアクセスします。そのため、XenServerはインストールするためのハードウエア制限はあまりありません。ホストOSが対応している物理デバイスであれば、XenServerをインストールできます。

 ゲストOSがWindows OSの場合、Intel VTやAMD-VというCPUの仮想化支援機能を使用することで、なるべく仮想化によるオーバーヘッドを小さくするように工夫をしています。Windows OSを起動する場合は、Intel VTやAMD-Vに対応したハードウエアである必要がありますが、最近リリースしている製品はほとんど仮想化支援機能に対応しているので、あまり心配する必要はありません。

 Linux OSの場合、一般的に準仮想化対応は各ディストリビューションで、すでに済まされています。

XenServerのインストールと運用管理

 XenServerのインストールは10分程度で完了します。非常に簡単なため、ホストOSのバックアップは一般的に必要ありません。万が一、ハードウエア障害などがあった場合でも、あらかじめ設定情報(メタデータ)をバックアップしておきゲストOSを共有ストレージに配置しておけば、基本的にはXenServerを再インストールし設定情報を復元することで、簡単に復旧できます。

 一般的にXenServerの管理はGUIベースの管理ツール「XenCenter」より行います(図1-2参照)。非常に直感的で分かりやすいユーザーインターフェースで、また日本語化もされています。

 最新バージョンのXenCenter 5.5日本語版も2009年7月23日にリリースされ、フォルダを作成してユーザーがViewをカスタマイズできたり、検索機能が充実されていたり、GUIからスナップショットがとれるようになっています。

 さらに、Microsoftのアクティブディレクトリとの連携も可能で、アクティブディレクトリユーザーをXenCenterの管理者として追加することが可能です。

 また、管理用に追加のサーバーなどを用意する必要はなく、無償で複数のXenServerを管理することができます。リソースプールを構成し、ネットワーク構成、ISOライブラリや仮想ディスク等のリソースを共有することも可能です。仮想ディスクを共有ストレージに配置している場合は、それらを停止させることなく移動できるライブマイグレーション「XenMotion」も無償で使用できます。

 XenCenterはXenAPI経由でXenServerとのコミュニケーションをとります。XenAPIは、XML-RPCを採用していますので、どういった言語からも、非常に簡単にXenAPI使用してXenServerとコミュニケーションをとることが可能です。また、WindowsゲストOS等GUIデスクトップへの接続を行う際にはVNCを使用しています。

 複雑な管理を行う場合は、xeコマンドでコンソールより行います。XenCenterより、ホストOSのコンソールにも接続できます。

CloudStack Day Japan 2014実行委員

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています