PR

アプリケーションを仮想化するCitrix XenApp

2009年8月17日(月)
竹内 裕治

アプリケーション仮想化テクノロジーとは

 日本でのデビューからおよそ10年、シンクライアントシステムの代名詞としてご利用いただいているのが、Citrix XenAppです。Windowsのターミナルサービス(TS)/リモートデスクトップサービス(RDS)をベースとして、さらにセキュリティー、パフォーマンス、拡張性、安定性、柔軟性などを強化した、画面転送によるアプリケーション利用環境を提供します。

 Xen=仮想、または仮想化された環境、というCitrix製品の共通ブランディングに基づき、リモート操作によりアプリケーションを「仮想的に」利用する製品との意味を込めて、2008年にXenAppと名称を変更しました。

 MetaFrameと呼ばれたころからさまざまな解説が繰り返されていますが、今あらためて基本の仕組みを押さえ、ユーザー生産性と管理者の効率を最大化する最新テクノロジーをかいつまんでお伝えしたいと思います。

アプリケーション仮想化のメリット

 Citrix XenAppは、従来クライアント端末にインストールして利用していたデスクトップアプリケーション、クライアントソフトウエアを、サーバーにインストールして実行します。アプリケーションの画面イメージだけがクライアント端末のデスクトップに表示され、ユーザーはキーボードとマウスを使って遠隔操作できます。

 つまり、アプリケーションがあたかもクライアント端末で動作しているかのように、完全にアプリケーションを仮想化する環境を実現します。

 このように、アプリケーションを「実行する環境」と「利用する環境」を明確に切り離すことが、仮想化の大きな特徴であり、図1-2のような数々のメリットの源泉となっています。

 XenAppでアプリケーションを仮想化することで、アプリケーションのインストールやメンテナンスをサーバー一カ所で行えば、瞬時にユーザーにデリバリー(提供)できるようになるため、管理負荷は低減され、ITの柔軟性や俊敏性が飛躍的に高まります。

 また、アプリケーションの利用状況やシステムの稼働状況を一元的に監視できるため、サービスレベルを高めることもできます。またネットワークにデータが流れないので、ネットワークセキュリティーも万全です。クライアント端末にもデータは一切コピーされないため、データを一カ所に集約して守ることができます。

 エンドユーザーは、使い慣れたWindowsアプリケーションを今までとまったく変わらない方法で、高いパフォーマンスを維持して利用することが可能です。PCの盗難や紛失で情報漏えいを起こしてしまう恐れもないため、安心して仕事をすることができるでしょう。

シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社
テクニカルコミュニケーションサービスプロバイダー、米系ソフトウエアメーカーを経て、2002年Citrix入社。以降、製品管理・マーケティングを担当。テクノロジーは理解され、使われないと意味がないという認識に立ち、自社製品の真の価値を伝え、普及させる活動を展開。XenAppラインが担当だが、全製品をまとめる窓口でもある。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています