PR

デスクトップ仮想化の代表格XenDesktop

2009年8月10日(月)
北瀬 公彦

デスクトップ仮想化(VDI)の概要とメリット

 今回はデスクトップ仮想化に関しての説明を行いたいと思います。デスクトップ仮想化は、VDI(Virtual Desktop Infrastructure)とも呼ばれていて、一般的に、仮想インフラストラクチャで動いている仮想マシン(Windows XP、Windows Vista、LinuxなどのクライアントOS)に、さまざまな技術でデスクトップ環境を集約した上で、リモートからクライアントデバイスに接続し、その仮想マシンのデスクトップを使うというソリューションのことを言います。

 デスクトップ仮想化には、次のようなメリットがあります。

・クライアントの管理コストの削減
デスクトップ環境がサーバー上で集約されているために、サーバーで仮想マシンの管理(パッチの適用、アプリケーションのインストール、デスクトップ環境の迅速な提供、メモリやディスク、CPUなどのリソースの追加と削除など)を簡単に行うことができます。

・セキュリティーの向上
データはサーバーで集中管理するので、セキュリティーが向上します。例えば、クライアントデバイスをディスクレス構成にし、ポリシーなどの設定でデータセンターからデータをダウンロードできないように設定すると、データを持ち出すことができなくなり、情報漏えい対策などに効果的です。

 そのほかにも、ユーザーは簡単にデスクトップ環境を移動することができ、多様なデスクトップ環境を簡単に使用できます(Windows XP、Windows Vista、Windows 7など)。また、簡単に冗長化構成をとることも可能です。さらにシンクライアントデバイスを使用すると、省スペース化、静音化、省電力化といったメリットがある上、コスト削減にもつながり、企業イメージのアップも見込めます。

Citrix XenDesktopを構成するコンポーネント

 Citrix XenDesktopとはデスクトップ仮想化を行うための代表的な製品で、5つのキーコンポーネント、2つのオプションコンポーネントで構成されています(図1-1参照)。

 ユーザーは、クライアントからWeb Interfaceと呼ばれるWebアプリケーションで構成されるログオン用のWebサイトに接続し、認証すると、Web InterfaceとDesktop Deliver Controllerが連携して、そのユーザーに割り当てられているデスクトップを表示します。そのアイコンをクリックすると、仮想デスクトップに接続し、ログオンします。
 
 クライアントと仮想デスクトップの間ではICA(Independent Client Architecture)という通信プロトコルが使用されます。仮想デスクトップを構成するOSはネットワークブートすることも可能ですし、仮想デスクトップで、ストリーミングされるアプリケーションや、アプリケーションサーバー上のアプリケーションを使用することも可能です。ユーザープロファイルなどのユーザーデータはファイルサーバーからロードします(図1-2参照)。

それでは、次に各コンポーネントについて、説明していきたいと思います。

CloudStack Day Japan 2014実行委員

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています