PR

ルータと共通するスイッチ機能の設定 [パスワード/リモート接続/バナー]

2014年12月5日(金)
内山 豊彦

■SSH(Secure SHell)でのリモート接続

次に、SSH(Secure SHell)でリモート接続するための設定を問う例題について解説してきます。リモート接続で使用するTelnetとSSHの違いですが、Telnetはユーザ名やパスワードなどの通信データを平文のまま転送します。一方、SSHは暗号化を行い、データを転送します。
 
CiscoPress ICND1 8章の問題2

※『シスコ技術者認定試験 公式ガイドブック Cisco CCENT/CCNA ICND1 100-101J』 p.193より抜粋。

 
まずは、Telnetの設定例を以下に挙げてみます。mypasswordは、設定するパスワードです。
 
Telnetの設定例
 
設定後にshow running-configコマンドで設定を確認すると、次のように設定されたことがわかります。以下は、running-configファイルの必要な部分を抜き出したものです。
 
show running-configコマンドで設定を確認
 
次にSSH(Secure SHell)での設定について説明します。SSHの設定では次のような設定が必要となります。

●ユーザ名とパスワードの設定

SSHでログインするときの認証用のユーザ名とパスワードを設定します。
 
Switch(config)#username ユーザ名 password パスワード
 

●ドメイン名の指定

所属するドメイン名の指定を行ないます。この設定をしなければ、暗号化キーの設定ができません。
 
Switch(config)#ip domain-name ドメイン名
 

※ ドメイン名を設定しないで暗号化キーを生成するためのコマンドを入力すると、「% Please define a domain-name first.」という警告が表示されます。

 

●暗号化キーの生成

データを暗号化するために使用するキーを作成します。
 
Switch(config)#crypto key generate rsa
 

●バージョンの変更

SSHバージョン2へ変更する場合に設定します。デフォルトのバージョンは1です。show ip sshコマンドでバージョンを確認することができます。
 
Switch(config)#ip ssh version 2
 
show ip sshコマンドを実行した例は、以下のようになります。
 
show ip sshコマンドの実行例
 

●SSH接続への変更

デフォルトではSSH接続できないため、接続できるようにする必要があります。
 
Switch(config)#line vty 0 15
Switch(config-line)#trasport input ssh

 

●ローカルの情報を認証に使う設定

SSHでのログイン時にローカルに設定したユーザ名とパスワード(usernameコマンドで設定したもの)を使用するように設定します。
 
Switch(config-line)#login local
 
次の図はSSH接続を設定した例です。ログインユーザ名はimpress、パスワードはicnd1、ドメイン名はimpressjp.com、暗号化キーの長さは1024ビットで設定しています。
 
SSH接続を設定した例
 
以上のことから、この例題2の解答はbとcが正解になります。aのコマンドはvty モードサブコマンドではなくグローバルコンフィギュレーションコマンドで入力し、dのコマンドはグローバルコンフィギュレーションコマンドではなくvtyモードサブコマンドで入力するため、間違いになります。

ECCコンピュータ専門学校専任教員、シスコ認定アカデミーインストラクタ。 2001年よりシスコネットワーキングアカデミーの授業を担当。 ネットワーク以外にもLinuxやWindowsサーバなどの授業や学内のサーバの構築・運用管理を行なう。 また、Webサイトの構築のためのスクリプト言語(PHPなど)も担当。ネットワークやサーバだけでなくWebサイトの構築も行なう

連載バックナンバー

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る

他にもこの記事が読まれています