PR

既存のサブネットの分析[サブネットID、ブロードキャストアドレス、ホストアドレスを割り出す]

2015年3月9日(月)
中山 貴夫
この連載では、Cisco CCENT/CCNAの資格試験対策とするために、Cisco Press公式ガイドブックに掲載されている例題を抜粋し、その例題の解答について解説を行っています。
 
今回は、IPv4アドレスのサブネットの分析に関する問題を解説します。この場合のサブネットの分析では、既知の情報を基にして、サブネットID・サブネットブロードキャストアドレス(ブロードキャストアドレス)・有効なユニキャストホストアドレスを調べます。
 

■サブネットIDとサブネットブロードキャストアドレス

サブネットの分析を行うには、まずサブネットIDを突き止めます。サブネットIDは、サブネットアドレス・ネットワークアドレスとも呼ばれます。これに関する例題を2問、以下に示します。
 
公式ガイドブック14章の問題4
 
公式ガイドブック14章の問題5

※問題4と5は『シスコ技術者認定試験 公式ガイドブック Cisco CCENT/CCNA ICND1 100-101J』 p.368より抜粋。

 

●サブネットIDはサブネットの先頭

サブネットIDはそのサブネットの先頭のアドレス、つまり一番小さいアドレスです。具体的には、2進数表記におけるホストビット部をすべて0にすればよいことになります。
 
例えば、192.168.10.80/24 の場合はネットワークビットが24ビット、ホストビットが8ビットですから、192.168.10.0となります(下記の表を参照)。
 
サブネットIDの割り出し-192.168.10.80/24の場合
 
また、192.168.10.80/27の場合はネットワークビットが27ビット、ホストビットが5ビットなので、192.168.10.64です(下記の表を参照)。
 
サブネットIDの割り出し-192.168.10.80/27の場合
 

●サブネットブロードキャストアドレスはサブネットの最後尾

サブネットIDが判明したら、次はサブネットブロードキャストアドレス(ブロードキャストアドレス)を割り出します。これはそのサブネットの最後のアドレスになるので、2進数表記におけるホストビット部をすべて1にします。
 
先ほどと同じアドレス192.168.10.80/24と192.168.10.80/27を例として考えると、それぞれ下記の表を参考にして192.168.10.255、192.168.10.95になります。
 
サブネットブロードキャストアドレスの割り出し-192.168.10.80/24の場合
 
サブネットブロードキャストアドレスの割り出し-192.168.10.80/27の場合
 
サブネットマスクが255.255.255.0や255.255.255.224のように、ドットつき10進表記で与えられた場合でも、2進数に変換して同様に考えます。
 
これらの計算をする際にはアドレスをすべて2進数で考える必要はありません。サブネットマスクのドットつき10進数が255や0ではないオクテットのみに注目すると早く計算できます。
 
例えばこの2つの例の場合は第1~第3オクテットは気にせずに、第4オクテットのみに着目して計算します。なぜなら第1~第3オクテットは192.168.10のままで変化しないからです。
 

●例題

例題4はサブネットIDを割り出す問題です。
 
192.168.44.97/30 のサブネットIDを割り出します。/30は、ドットつき10進数表記では255.255.255.252です。よって、第4オクテットのみ注目して計算します。97を2進数に変換すると、01100001となります。ホストビットは32-30=2ビットなので、末尾2ビットを0にすると01100000、つまり96です。よって、サブネットIDは192.168.44.96、つまりcが正解です。
 
例題5はサブネットブロードキャストアドレスを割り出す問題です。
 
対象となるアドレスは、172.31.77.201/27です。/27なので、第4オクテットに注目して考えます。201を2進数に変換して11001001となり、ホストビットは32-27=5ビットなので、後ろ5ビットを1にして11011111、つまり223となります。よってサブネットブロードキャストアドレスは、172.131.77.223のcが正解です。

京都女子大学 現代社会学部 講師、シスコ認定アカデミーインストラクタ。2010年よりシスコネットワーキングアカデミーの授業を担当。専門はネットワーク監視・管理・運用技術。学内ネットワークの運用責任者。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています