PR

Android Studioサンプルアプリ解説集 - RGB値により色を作るColorMaker

2015年7月23日(木)
羽山 博(はやま ひろし)
イラストでよくわかるAndroidアプリのつくり方—Android Studio対応版
Amazon詳細ページへ
この記事では、書籍『イラストでよくわかるAndroidアプリのつくり方—Android Studio対応版』の解説内容をもとに、本書で説明しきれなかったサンプルアプリを解説しています。

このアプリでは、EditTextウィジェットとSeekBarウィジェットを使って、入力されたカラーコードに対応する色を表示します。

アプリの実行結果から見てみましょう。画面にはボタンが1つ配置されているだけです。ボタンを押したとき、フォーカスがあるとき、ボタンが押されていないとき(通常の状態)で、表示が変わります。「フォーカスがある」というのは、入力などの操作ができる状態を意味します。

ButtonStateの実行例

アプリは以下のような設定で作成します。表にない項目については、設定を変更しません。

項目名設定する内容
Application NameColorMaker
Company Domainsample.example.com

配置するウィジェットとプロパティの設定は以下のとおりです。SeekBarウィジェットは標準的な表示ではなく、背景にグラデーションを指定して色が分かるようにしてあります。

ウィジェットプロパティ設定値備考
TextViewidtxtRedウィジェットのID
background#FF0000見出しの背景色
textR見出しの文字列
EditTextidedtRedウィジェットのID
singleLinetrue入力は1行のみ
inputTypeNumber入力は数字のみ
SeekBaridsbrRedウィジェットのID
max255最大値は255
progressDrawabledrawable/bgred背景の色
TextViewidtxtGreenウィジェットのID
background#00FF00見出しの背景色
textG見出しの文字列
EditTextidedtGreenウィジェットのID
singleLinetrue入力は1行のみ
inputTypeNumber入力は数字のみ
SeekBaridsbrGreenウィジェットのID
max255最大値は255
progressDrawabledrawable/bggreen背景の色
TextViewidtxtBlueウィジェットのID
background#0000FF見出しの背景色
textB見出しの文字列
EditTextidedtBlueウィジェットのID
singleLinetrue入力は1行のみ
inputTypeNumber入力は数字のみ
SeekBaridsbrBlueウィジェットのID
max255最大値は255
progressDrawabledrawable/bgblue背景の色
TextViewidtxtColorウィジェットのID
background#000000作成された色

背景にはグラデーションを使います。この記述は新しいXMLファイルの中に書いておく必要があります。以下の手順でXMLファイルを作成し、記述を追加してください。

  1. res/drawableを右クリックする
  2. [New]-[File]を選択する
  3. ファイル名に「bgred.xml」と入力する
  4. [OK]をクリックする

同様にして、bggreen.xml、bgblue.xmlを作成し、以下のような内容を入力します。

xml > res/drawable/bgred.xml

  1: <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
  2: <shape xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android">
  3:    <gradient
  4:            android:startColor="#FF0000"
  5:            android:endColor="#000000"
  6:            android:angle="270"
  7:    />
  8: </shape>

xml > res/drawable/bggreen.xml

  1: <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
  2: <shape xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android">
  3:    <gradient
  4:            android:startColor="#00FF00"
  5:            android:endColor="#000000"
  6:            android:angle="270"
  7:    />
  8: </shape>

xml > res/drawable/bgblue.xml

  1: <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
  2: <shape xmlns:android="http://schemas.android.com/apk/res/android">
  3:    <gradient
  4:            android:startColor="#0000FF"
  5:            android:endColor="#000000"
  6:            android:angle="270"
  7:    />
  8: </shape>

startColorがグラデーションの開始色、endColorがグラデーションの終了職です。angleはグラデーションの角度です。

あとは、Javaのプログラムを書くだけです。

Java > java/com.example.sample.colormaker/MainActivity.java

  1: package com.example.sample.colormaker;
  2:
  3: import android.graphics.Color;
  4: import android.support.v7.app.ActionBarActivity;
  5: import android.os.Bundle;
  6: import android.view.KeyEvent;
  7: import android.view.Menu;
  8: import android.view.MenuItem;
  9: import android.view.View;
 10: import android.widget.EditText;
 11: import android.widget.SeekBar;
 12: import android.widget.TextView;
 13: import android.widget.Toast;
 14:
 15:
 16: public class MainActivity extends ActionBarActivity implements TextView.OnEditorActionListener, View.OnFocusChangeListener, SeekBar.OnSeekBarChangeListener {
 17:     TextView txtColor;    // 色見本を表示するためのテキストビュー
 18:     EditText edtRed, edtGreen, edtBlue;        // カラーコードを入力するためのエディットテキスト
 19:     SeekBar sbrRed, sbrGreen, sbrBlue;        // シークバー
 20:
 21:     @Override
 22:     protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
 23:         super.onCreate(savedInstanceState);
 24:         setContentView(R.layout.activity_main);
 25:         // リソースからビューを取得する
 26:         txtColor = (TextView) this.findViewById(R.id.txtColor);
 27:         edtRed = (EditText) this.findViewById(R.id.edtRed);
 28:         edtGreen = (EditText) this.findViewById(R.id.edtGreen);
 29:         edtBlue = (EditText) this.findViewById(R.id.edtBlue);
 30:         sbrRed = (SeekBar) this.findViewById(R.id.sbrRed);
 31:         sbrGreen = (SeekBar) this.findViewById(R.id.sbrGreen);
 32:         sbrBlue = (SeekBar) this.findViewById(R.id.sbrBlue);
 33:         edtRed.setOnEditorActionListener(this);
 34:         edtGreen.setOnEditorActionListener(this);
 35:         edtBlue.setOnEditorActionListener(this);
 36:         edtRed.setOnFocusChangeListener(this);
 37:         edtGreen.setOnFocusChangeListener(this);
 38:         edtBlue.setOnFocusChangeListener(this);
 39:         sbrRed.setOnSeekBarChangeListener(this);
 40:         sbrGreen.setOnSeekBarChangeListener(this);
 41:         sbrBlue.setOnSeekBarChangeListener(this);
 42:     }
 43:
 44:     @Override
 45:     public boolean onEditorAction(TextView v, int actionId, KeyEvent event) {
 46:         try {
 47:             int value = Integer.parseInt(v.getText().toString());    // 数値に変換し
 48:             value = Math.max(0,Math.min(255,value));
 49:             switch (v.getId()) {
 50:                 case R.id.edtRed:
 51:                     sbrRed.setProgress(value);      // sbrRedの値を変える
 52:                     break;
 53:                 case R.id.edtGreen:
 54:                     sbrGreen.setProgress(value);    // sbrGreenの値を変える
 55:                     break;
 56:                 case R.id.edtBlue:
 57:                     sbrBlue.setProgress(value);     // sbrBlueの値を変える
 58:                     break;
 59:                 default:
 60:                     return false;
 61:             }
 62:             Change();
 63:         } catch (Exception e) {
 64:         }
 65:         return false;
 66:     }
 67:
 68:     @Override
 69:     public void onFocusChange(View v, boolean hasFocus) {
 70:         try {
 71:             int value = Integer.parseInt(((TextView)v).getText().toString());    // 数値に変換し
 72:             value = Math.max(0,Math.min(255,value));
 73:             switch (v.getId()) {
 74:                 case R.id.edtRed:
 75:                     sbrRed.setProgress(value);      // sbrRedの値を変える
 76:                     break;
 77:                 case R.id.edtGreen:
 78:                     sbrGreen.setProgress(value);    // sbrGreenの値を変える
 79:                     break;
 80:                 case R.id.edtBlue:
 81:                     sbrBlue.setProgress(value);     // sbrBlueの値を変える
 82:                     break;
 83:                 default:
 84:                     return;
 85:             }
 86:             Change();
 87:         } catch (Exception e) {
 88:         }
 89:     }
 90:
 91:     @Override
 92:     public void onProgressChanged(SeekBar seekBar, int progress, boolean fromUser) {
 93:         switch (seekBar.getId()) {
 94:             case R.id.sbrRed:
 95:                 edtRed.setText(String.format("%1$d", progress));    // 値が変わったら、edtRedのテキストも変える
 96:                 break;
 97:             case R.id.sbrGreen:
 98:                 edtGreen.setText(String.format("%1$d", progress));  // 値が変わったら、edtGreenのテキストも変える
 99:                 break;
 98:             case R.id.sbrBlue:
 99:                 edtBlue.setText(String.format("%1$d", progress));   // 値が変わったら、edtBlueのテキストも変える
100:                 break;
101:             default:
102:                 return;
103:         }
104:         Change();
105:     }
106:
107:     @Override
108:     public void onStartTrackingTouch(SeekBar seekBar) {
109:         // 何もしない
110:     }
111:
112:     @Override
113:     public void onStopTrackingTouch(SeekBar seekBar) {
114:         // 何もしない
115:     }
116:
117:     private void Change() {
118:         try {
119:             int r, g, b;
120:             r = Integer.parseInt(edtRed.getText().toString());
121:             g = Integer.parseInt(edtGreen.getText().toString());
122:             b = Integer.parseInt(edtBlue.getText().toString());
123:             txtColor.setText(String.format("#%1$02X%2$02X%3$02X", r, g, b));
124:             txtColor.setBackgroundColor(Color.rgb(r, g, b));
125:         } catch (Exception ex) {
126:         }
127:     }
128:
        :
151: }

EditTextウィジェットは3つあるので、値が入力されて[Enter]キーが押されたときだけでなく、値が入力されてほかのEditTextをタップしたときにも処理を実行する必要があります。そのとき入力できる状態のことを「入力フォーカスがある」と言います。

69行目のonFocusChangeメソッドは、そのためのもので、入力フォーカスが変わったときに呼び出されます。やっていることは、EditTextウィジェットに入力されている値をもとにSeekBarウィジェットの値を変え、Changeメソッドで表示色を変えます。

Changeメソッドでは、TextViewのsetBackgroundColorメソッドで背景色を変え、作成された色を表示します。124行目がそのコードです。

それ以外のイベントハンドラーもほぼ同じ処理です。onEditorActionメソッドはEditTextウィジェットで何かの操作が行われたときに呼び出されます([Enter]キーが押されたときにeventが利用できます)。また、onProgressChangedメソッドはSeekbarウィジェットの値が変わったときに呼び出されます。

これらのイベントハンドラーは、アクティビティーで実装されています。16行目を見ればそのことが分かります。なお、OnSeekBarChangeListenerインターフェースを実装する場合には、OnStartTrackingTouchメソッドとOnStopTrackingTouchメソッドの実装も必要になります。ただし、このアプリでは特になにも処理をしません(108行目〜110行目、113行目〜115行目)。

今回解説したのは書籍のサポートページにある「さらに高度なアプリ」の中の「ColorMaker」というサンプルです。本書で扱っている他のアプリもぜひ遊んでみてください。
http://book.impress.co.jp/books/1114101120_4

この記事のもとになった書籍はこちら!
イラストでよくわかるAndroidアプリのつくり方—Android Studio対応版

羽山 博/めじろまち 著
価格:2,200円+税
発売日:2015年6月5日発売
ISBN:978-4-8443-3813-0
発行:インプレス

イラストでよくわかるAndroidアプリのつくり方—Android Studio対応版

プログラミング未経験でも大丈夫! Android Studio対応のAndroidアプリ開発入門、決定版。好評だった前作『イラストでよくわかるAndroidアプリのつくり方』に改訂版が登場。親しみやすいイラストやステップバイステップでの丁寧な解説といった基本コンセプトを踏襲しつつ、最新版のSDKや、Androidの新しい開発環境である「Android Studio」に対応させました! Androidのプログラムを作りながら、自然にJavaというプログラム言語の知識が身につくようになっています。

Amazon詳細ページへImpress詳細ページへ

著者
羽山 博(はやま ひろし)

京都大学文学部哲学科(心理学専攻)卒業後、NECでユーザー教育や社内SE教育を担当したのち、ライターとして独立。ソフトウェアの基本からプログラミング、認知科学、統計学まで幅広く執筆。読者の側に立った分かりやすい表現を心がけている。2006年に東京大学大学院学際情報学府博士課程を単位取得後退学。現在、有限会社ローグ・インターナショナル代表取締役、日本大学、青山学院大学、お茶の水女子大学講師。 最近の趣味は書道、絵画、ウクレレ、ジャグリング、献血。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています