PR

簡易ブラウザの作成(その3)

2010年6月3日(木)
谷口 岳

はじめに

こんにちは。タオソフトウェアの谷口と申します。昨今急速に注目を集めているアンドロイド(Android)。

本稿では、そんなアンドロイド上で動くアプリケーションを書いてみようと考えている方に向けて、アンドロイド・プログラミングの第一歩についてお伝えし たいと思っています。

前回は、 About画面を追加しながら、画面の作り方やメニューの操作方法について説明しました。アプリケーションとして形になってきましたが、現状ではGoogle検索経由でないとほかのサイトに移動できないので、少々不便です。

そこで今回は、URLを指定する画面を追加して、直接ほかの画面に移動できるようにしたいと思います。機能を追加しながら、Activity間でのデー タの受け渡し方などについて説明します。

オプション・メニューにメニュー・アイテムを追加する

前回作成したオプション・メニューに、新たに「Go」アイテムを作成するコードを追加しましょう。

MyWebView.javaに以下のコードを追加します。


    //オプション・メニューを作成する
    <i><font color=red>private static final int GO_MENU_ID = Menu.FIRST+1;</font></i>

    private static final int ABOUT_MENU_ID = Menu.FIRST;
    @Override
    public boolean onCreateOptionsMenu(Menu menu) {
    	super.onCreateOptionsMenu(menu);
    	<i><font color=red>//URL入力ダイアログ表示メニュー・アイテム
        MenuItem gotoItem = menu.add(0, GO_MENU_ID, 0 ,R.string.menu_item_name_go);
        gotoItem.setIcon(android.R.drawable.ic_menu_search);</font></i>

    -- 以下略 --

次に、Aboutメニューと同様にメニュー・アイテム名をリソースに設定します。

MyWebView/res/values/strings.xml に以下のように設定を追加してください。


    <!-- オプション・メニュー用文字列 -->
    <string name="menu_item_name_about">About</string>

    <i><font color=red><string name="menu_item_name_go">Go</string></font></i>


この段階で一度プログラムを実行し、Goメニューが追加されていることを確認してください(図1)。

図1: 開発したWebブラウザ画面
タオソフトウェア株式会社 代表取締役

Android OS発表直後からAndroid開発を開始 Android Market上に多数のアプリを公開、また多くの受託案件、コンサルタント等を行い、Androidに特化した企業に転換を図る URL http://www.taosoftware.co.jp/ Twitter tao_gaku

連載記事一覧

Think IT会員サービスのご案内

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスのご案内

関連記事