PR

ブレード仮想化の統合メリットと先進性

2009年8月18日(火)
岩田 恵

仮想化ビルトインのブレード

 今回は、第1回で説明した仮想化目的の歩みという視点から、物理統合・論理統合の技術と、どのような運用最適化がもたらされるのかについて解説します。

 はじめに、OSに依存しないPOWERブレードのハードウエア構成としての特長を述べ、続いて、各OSのメリットを生かした運用最適化の先進技術と効果を説明します。

・ブレードでも容易なスケールアップ

 POWER6搭載ブレードは、2007年11月の4コアJS22を皮切りに、翌年には2コア搭載「IBM BladeCenter JS12」が投入されました。今年発表された4コア搭載JS23では、同じ筐体(きょうたい)デザインを持つアドオンSMPシャーシをねじ止め接続することで、2枚分の幅で8コア搭載JS43へと拡張できます。

 この筐体デザインは、Power Systemsのモデル570で登場し、モデル560にも引き継いだビルディングブロックを段重ねすることで、1サーバーとして活用できるスケーラビリティ強化の手法をブレードにも展開したと言えます(図1参照)。

Power Systemsの仮想化技術

■POWERブレードでのPowerVMスタンダード標準搭載

 Power Systemsの仮想化技術PowerVMは、単体製品の名前ではなく、仮想化技術のベースとなるPower Hypervisorファームウエア、仮想化機能を支援するソフトウエア、LPAR(Logical PARtition:論理区画)管理のハードウエア管理コンソール(以降HMC)機能を含んだ総称です。

 PowerVMには規模に応じて3つのエディションがあり、POWERブレードではスタンダード・エディションまたはエンタープライズ・エディションを選択できます。スタンダード・エディションが標準機構として提供されることから、POWERブレードは「仮想化ビルトイン」の製品と言えます。

 スタンダードでは主に次の3つを提供しています。

・バーチャルLAN、最小1/10物理CPUとして1/100 CPU単位で増減できるマイクロ・パーティショニング
・プロセッサ・プールによるLPAR間共有、SCSI/イーサネット/ファイバー物理アダプター資源をLPARへ仮想資源提供するバーチャルI/Oサーバー(VIOS)
・x86上Linuxアプリケーション実行環境を提供するソフトウエアLx86

 LPARをPOWERブレードで利用する場合は、別筐体のHMCを利用するのではなく、VIOSが提供する簡易HMC機能のIntegrated Virtualization Manager(IVM)を運用管理に使用します。

 またエンタープライズ・エディションへアップグレードすることで、ブレード環境でもライブ・パーティション・モビリティ(LPM)や、実メモリーをプール化して柔軟に使用するアクティブ・メモリー・シェアリング(AMS)が使用できます。

■IBM BladeCenterによる異なるプロセッサー・アーキテクチャの物理統合

 IBM BladeCenterシャーシは、IBM System xやIBM Cell Bladeと共にPower Systemsのブレードも搭載可能で、仕様が共通化されています。省電力や省スペースを実現するシャーシBladeCenter Eをはじめ、ハイパフォーマンス用シャーシH、ストレージ同時搭載のシャーシS、通信機器用ラック搭載に向くNEBS対応準拠のシャーシTやHTと、業務に合わせて選択できます。

 IBM BladeCenterでは、x86、Cell、POWERと、異なるプロセッサーを搭載したブレードをシャーシ内で物理統合することができます。運用面でのメリットとしては、ブレード管理用インターフェースからの操作性が共通化されているため、運用の容易性や費用削減といった効果が得られます。

 また、Power SystemsのPOWER6搭載ブレードは、IBM i、IBM AIX、Linux(日本では RedHat社RedHat、Novell社SUSE)のOSをサポートしています。

日本IBM Power Systems エバンジェリスト
IBM AIX V3、V4およびその関連ソフトウエアのサポートに携わったのち、2000年より現職のPower Systems テクニカル・セールスに従事。現在はエバンジェリストとして、AIX、Linux関連の技術支援、営業支援を担当。お客様、パートナー様と共に、さらにスマートな社会の実現を目指しています。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています