PR

Linux上でSAPの堅牢性をより高める

2010年12月6日(月)
菅野 博貴

再び注目されるLinux

企業の基幹システムは昨今、当たり前のように24時間365日の継続稼働が求められるようになってきました。今や全世界で採用されているSAPシステムにおいても例外ではありません。

一般的には、堅牢性の高いシステム構築費用は高額になり、各企業のITシステムには決して小さくない額の投資が必要となります。しかしながら、不振の続く国内の経済状況から、いかに投資を抑え、かつ高可用性を備えた環境を構築、運用するかというテーマがシステム担当者に課せられています。

こうした状況の中、Linuxが再び注目され始めています。そもそも、他の商用UNIXシステムに比べて安価に構築、運用できるというメリットがIA(Intelアーキテクチャ)系Linuxにはありましたが、信頼性や周辺ミドルウエアの対応等の観点で、国内のSAPシステムに関しては実績が乏しいというのが実情でした。ただ、ここにきてさまざまな要因から既存SAPシステムのLinux上への移行を検討されるケースが出てきています。

また、海外ではSAPシステムにおけるLinuxの市場は拡大を続けており、国内でもWEB系や情報系などのシステムはもちろん、金融業のミッションクリティカル・システムなど、多くの業種で採用が進んでいます。これらの稼働実績から、投資を抑え、かつ高可用性を備えた環境を構築、運用するという課題をクリアできるような基幹システム構築も、現実的であると考えられるのです。

LifeKeeperで高可用性SAPシステム構築検証

今回、SAPジャパン、サイオステクノロジー、日本IBMの3社が共同で、高可用性システムの構築・稼働検証を実施することで、現在導入を検討中のSAPユーザーが、より安心してLinuxを採用できると考えました。検証にあたっては、業務アプリケーション用途として多くのユーザーに採用されているIBMブレードサーバーと、RedHat Linux、Oracle、SAP NetWeaverの各最新バージョンソフトウエア、そしてHAクラスタソフトウエアであるLifeKeeper for Linuxの最新バージョンを利用しました。さらに、より可用性を高めるため、SAPのエンキューレプリケーション機能*1も合わせて実装し、より高い信頼性を提供できるかを検証しました。

今回検証に使用した構成は以下の通りです。

  • ハードウエア
    -IBM BladeCenter HS21、IBM TotalStorage DS4800外部ディスク装置
  • OS
    -RHEL5 Update5 (64bit)
  • クラスタソフトウエア
    -LifeKeeper for Linux v7
  • DBMS
    -Oracle 11.2.0.1
  • SAP
    -SAP NetWeaver 7.0 EHP1 SR1 ABAP (kernel 7.01 64bit Unicode)

次ページでは、より詳細な検証構成についてご紹介します。

[*1]メインメモリ上に保持されるSAPロックテーブル内容が、何らかの障害により失われた場合、実行中のトランザクションがリセットされてしまう。よって、ロックテーブル内容を事前に別ノード(サーバー)へ複製しておき、実行中のトランザクションを保護する仕組みとして、エンキューレプリケーション機能が提供されている(図1を参照)。

図1:SAPエンキューレプリケーションの構成(クリックで拡大)
日本アイ・ビー・エム株式会社

2001年、日本アイ・ビー・エムに入社。入社当初よりSAP社製品関連テクニカルサポートに従事し、日々東奔西走中。グローバルISVソリューションズ所属。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています