PR

SUSEとMariaDB、IBM Power Systems環境でのLinuxアプリケーションのエコシステム拡大に向けたパートナーシップを発表

2014年10月18日(土)

SUSEとMariaDB Corporation(旧SkySQL)は10月14日、IBM Power Systems環境でのLinuxアプリケーションのエコシステム拡大に向けたパートナーシップを発表した。これに伴い、顧客企業はPOWER8上で既存のITインフラの枠組みを生かしつつ、これまで以上に広範なアプリケーションを実行し、より高い柔軟性と豊富な選択肢を活用することが可能になる。今回のパートナーシップは、米国ラスベガスで開催された「IBM Enterprise2014」で発表されたもので、IBM Power Systems対応のLinuxとオープンソースのテクノロジーの開発に向け、今後5年間で10億ドルの投資支援を予定している。

SUSEでは、近日中に発表予定のSUSE Linux Enterprise 12に関連し、複数のパートナーシップの発表を予定しているが、今回はその第一弾にあたる。SUSE Linux Enterprise 12は、最高の相互運用性を誇るプラットフォームの最新版であり、物理、仮想、クラウドの環境を横断し、ミッションクリティカルなコンピューティングを実現する。

MariaDB Enterpriseは、SUSE Linux Enterprise Server 12とIBM POWER8搭載サーバーの環境向けに最適化が図られる。SUSEとMariaDBでは、LinuxとPowerの機能・性能面でのメリットをより詳細に説明するため、顧客企業とパートナー向けのチューニング/最適化ガイドの発行を予定している。今回のパートナーシップにより、顧客企業は以下をはじめとする重要な技術的メリットが得られる。

・選択肢
SUSE Linux Enterprise Server 12では、Linuxとx86の環境で開発されたソフトウェアを、LinuxとPowerのリトルエンディアン・システム向けに容易に移植することができる。ユーザは、C++、Ruby PHP、Javaなどのコンパイル言語やスクリプト言語で開発された、これまで以上に広範なアプリケーションをPOWER8上で実行できる。

・ハイパーバイザのサポート
IBM PowerKVMとSUSE Linux Enterprise Server 12、KVMの組み合わせにより、POWER8プロセッサによる、Linuxワークロードへの仮想化のサポートが実現する。

・拡張性
SUSE Linux Enterprise Server 12は、POWER8のコアあたり8スレッドをフル活用することで、より多数のタスクを同時に実行できる。

・パフォーマンス
大容量のL3メモリキャッシュ構造によって、より高い密度で演算能力を発揮できる可能性が高まり、データ集約型のアプリケーションにとって最適な環境が得られる。

・サポート
今回のパートナーシップにより、顧客企業はSUSEとMariaDBのエンタープライズ向けのサポート体制も活用できる。


Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

SUSEとMariaDB、IBM Power Systems環境でのLinuxアプリケーションのエコシステム拡大に向けたパートナーシップを発表 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。