PR

ブレードサーバーの選択基準およびシステム構成のポイント

2009年8月11日(火)
早川 哲郎

ブレードサーバーの特長

 前回はサーバーを仮想化させる2つの技術を主に解説しました。今回は、ブレードサーバーをどうやって選ぶか、またシステムを構成する際のポイントについて解説します。

 すでにご存じの方も多いと思いますが、最初にブレードサーバーとは何かをまとめておきましょう。ブレードサーバーとは、シャーシまたはエンクロージャーとよばれる筐体に複数のサーバーを格納するものです。

 シャーシはサーバーラックに搭載することが一般的であり、6Uから12U程度のサイズになります。例えば、7Uのシャーシに14枚のサーバーを導入することができるとします。この計算では、1サーバーあたり0.5Uの面積でサーバーを配置することができ、ラック型サーバーと比べてより高密度にサーバーを配置することが可能です。

 ブレードサーバーの特長は、モジュール化されたデザインです。サーバー、スイッチ、電源、冷却ファン、管理モジュールなどに分けられたモジュールがシャーシ内に配置されています。モジュール部ごとに取り外しができるため、システムの追加や障害時の交換などが容易になります。このことは、システム増強時の工数削減や、運用後のダウンタイムの削減に貢献します。

 最近ではグリーンITと叫ばれていますが、ブレードサーバーは省電力化に貢献する重要な要素です。電源、冷却ファン、管理モジュールといった、サーバーの機能として関係無い部分をシャーシ内の複数のサーバーで共有することで、ラック型サーバーと比べてより効率の良いシステムになっています。

 さらに電力、冷却などのコストを20%程度削減でき、統一された管理モジュールを使用した運用によって、運用コストも下げることができます。また、低消費電力タイプのプロセッサーや半導体ディスク(SSD)などをブレードサーバーに使用することにより、サーバー1台あたりの電力消費量を40%程度減らすことができます。

 このように、ブレードサーバーは運用性が高く電力効率の良いプラットフォームとしてユーザーに認識されています。またサーバー統合や仮想化プラットフォーム、クラウド基盤として使用されるケースが多くなっています。結果としてブレードサーバーは、サーバーの分野では最も成長率の高いプラットフォームとなっています。

仮想化に適したブレードサーバーの選択基準

 ブレードサーバーは各社から出ていますが、仮想化サーバーの用途として検討する場合に、どのように選択していけばよいのでしょう?ここで選択の基準として3つあげたいと思います。

まず1つめは、「可用性の高いシャーシデザインであるか?」です。

 ブレードサーバーを仮想化の用途で使用する場合には、これまで分散されていたサーバーを、1つまたは複数のシャーシ内に統合することが可能です。つまり、1つのシャーシ内で多くのアプリケーションが動作することになります。シャーシが壊れてしまうと、多くのアプリケーションの動作に影響することになります。

 例えば、14台のサーバーが1シャーシに入っていて、1台あたり8つのVMが動作していると仮定します。この場合、全部で112個のアプリケーションが1つのシャーシで動作していますが、シャーシに障害が発生すれば、これらのアプリケーションが同時に動作しなくなります。

 このため、シャーシ内部では、徹底した冗長化が図られる必要があります。IBM BladeCenterでは、ブレードサーバーへのデータ転送経路、電源供給経路はすべて2重化されています。また、ブレードサーバーがシャーシに接続されるミッド・プレーンとよばれる部品も上下に2重化されています。

 また当然ながら、電源装置、冷却ファンについても2重化されています。冷却ファンは、十分な風量を供給でき、かつ必要最小限の個数にするため、2つの冷却ファンで構成されています。IBMのブレードサーバー上には一切の冷却ファンを持っていないので、サーバー上の部品を減らすことができ、連続可用性を向上します。

 このように、シャーシ単体において単一障害点(SPOF)を無くすことが、仮想化統合を行う際に重要なポイントとなります。

 次に、2つめと3つめの選択基準について解説していきます。

日本IBM System x エバンジェリスト
1995年日本IBM入社。IBM PC製品のパートナー様技術支援に従事。1997年からPCサーバー製品のテクニカルサポートを推進し、現在は、System x/BladeCenter製品にかかわるエバンジェリストを担当。日々、お客様・パートナー様へIBM System x/BladeCenterの価値を提供しています。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

ブレードサーバーの選択基準およびシステム構成のポイント | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。