PR

新しいスキルの習得を!動画学習サービス「LinkedIn Learning」をリリース

2016年9月23日(金)
TechAcademy

LinkedInは、9月22日(米国時間)、オンライン学習サービス「LinkedIn Learning」をリリースしました。

Linkedinが2015年に買収した動画学習サービス「Lynda」の学習コンテンツに基づいており、現在約9000コースが提供されています。学習コンテンツのカテゴリとしては「プログラミング」「デザイン」「ファイナンス」「リーダーシップ」などがあり、ビジネスマンとしてスキルアップするには有益なコンテンツが多いでしょう。

また、MicrosoftによるLinkedIn買収後、Microsoft製品に関する授業が増え、人気授業トップ25内に6つもの授業がランクインしています。

LinkedIn Learning

以下の画像はトップページですが、自分のLinkedInのアカウントと紐づけられ、ユーザーにおすすめの学習コンテンツをレコメンドされます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-09-23-17-45-00

SwiftというiOSアプリ開発言語を使って、iPhoneアプリ開発の基礎を学んだり、投資家への上手いピッチ手法を学んだり

現時点では、個人向けのみの提供となっていますが、今後は企業向けにもリリースされる予定です。企業版では、従業員がトレーニングする材料としてアプローチするようです。

LinkedIn Learningを通じて身につけたスキルの情報を含む履歴書をLinkedIn上で公開することも可能になります。

動画学習サービス、Lyndaのコンテンツに基づいているため「Webデザイン」や「プログラミング」の学習コンテンツが多くあります。今までプログラミングをやったことがない人でも、アプリ開発の基礎やHTMLあたりから始めてみると、自分で考えたものが形になる感動を味わえるはずです。

[お知らせ]TechAcademyでは初心者でも最短4週間でエンジニアになれるオンラインブートキャンプを開催しています。


TechAcademyマガジンは、オンラインのプログラミングスクールTechAcademyが運営する教育×ITに関するWebメディアです。トレンドや最新情報など役に立つ記事を発信しています。
https://techacademy.jp/magazine/

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています