PR

Java EEの動向と最新機能

2010年1月7日(木)
原口 知子

今後のJava EEの動向

最新のJava EE 6では何が変わっているのでしょうか。Java EE 6の特徴としては、以下の3つが挙げられます。

  • 軽量化
  • 拡張性
  • 開発容易性

これまでJava EEは機能追加と拡張を繰り返してきましたが、仕様が肥大化してきたことは否めません。そこで、新しく採用されたProfileでは、軽量化を実現するために、Java EEフル・スタックではなく、必要な機能のみを採用することが可能となっています。

Java EE 6ではまずWeb Profileが策定され、Webアプリケーションに必要な機能を定義しています。Webアプリケーションと言っても、HTTPによる対話の管理だけでなく、トランザクション管理、セキュリティ、永続化も重要な要素として定義されており、ServletやJSPだけでなく、EJB LiteやJPAといったAPIも含まれているのが特徴です。これらはすべて.warファイルにパッケージされます。

また今後は、Web Profile以外のプロファイルも登場することでしょう。同時に、古くて使われなくなったAPIについては、今後段階的に削除することも検討されています。これはプルーニングと呼ばれており、現時点ではEJB 2.xのエンティティBeanやJAX-RPC(Java API for XML - based RPC)が候補に挙がっています。これらのAPIを使っている開発者は、今後のJava EEの動向に注意する必要があります。

開発容易性はJava EE 5に続く重要なテーマとなっており、Java EE 6ではさらに多くのアノテーションを提供し、コード量の削減を実現します。JPA 2.0ではクエリー言語であるJPQL(Java Persistence Query Language)が強化され、新しく追加されたBean Validationでは、アノテーションを使用した入力値の検証機能が提供されています。ほかにも、悲観的ロック(頻ぱんに更新がかかるレコードを対象に、参照時にロックをかける手法)のサポートやレベル2キャッシュの仕様追加などJPA 2.0には多くの機能拡張が含まれています。

さらに、WebのフレームワークであるJSF(JavaServer Faces)と、EJB 3.0、JPAを統合するための仕様として、Web Beans 1.0(Contexts and Dependency Injection)が追加されました。2つのコンポーネント・プログラミング・モデルが1つに統合され、コンテキストやライフサイクルがコンテナで管理されます。依存性注入もサポートされ、開発生産性の向上が期待できます。

シンプルなWeb連携手順であるRESTful WebサービスをサポートするJAX-RSが追加されたことも重要です。Java EE 5のJAX-WSはSOAP(Simple Object Access Protocol)によるアクセスがメインであり、REST(Representational State Transfer)対応についてはローレベルのAPIしか提供されていませんでした。JAX-RSではアノテーションを利用したPOJOによる開発が可能です。今後はJava EE環境でもREST対応のWebサービスが容易に作成できるようになります。

WASでは、「Apache OpenJPA」に基づくJPA 2.0実装のαコードをWebに公開しています。興味がある方はぜひ試してみてください。

今後の動向として、OSGi(Open Services Gateway initiative)にも注目してください。OSGiはJavaモジュールの動的追加/更新/削除の仕組みを提供するもので、「OSGi Alliance」によって仕様が策定されています。

OSGiフレームワーク

実はWAS V6.1やEclipse 3から、内部的にOSGiを採用しています。2007年には、このOSGiの技術をエンタープライズ・アプリケーション開発に応用する目的で、OSGi Alliance Enterprise Expert Group(EEG)が結成されました。EEGは、OSGiからJava EEへのアクセス方法を検討し、Springで採用されていたアセンブリ・モデルを標準化してBlueprintコンポーネント・モデルを定義しました。2009年9月にリリースされたOSGi 4.2の仕様には、このBlueprintが含まれています。

OSGiでは、モジュール(JARファイル)は「バンドル」と呼ばれ、バンドル単位で動的なロードやアンロードが可能になります。バンドルの構成情報や接続情報は、マニフェスト・ファイルにメタデータとして記述されます。OSGiフレームワークを使用することにより、アプリケーション・モジュールのホット・デプロイやバンドルのバージョン管理が可能になります。複数のバージョンを同時にアクティブにすることも可能です。

オープンソースのOSGi実装としては、「Eclipse Equinox」や「Apache Felix」が知られていますが、WASでは「Apache Incubatorプロジェクト」の「Aries」を採用したαコードをWebに公開しています。こちらもぜひお試しください。

次ページでは、AjaxやSOA、音声統合など、用途に応じた機能拡張フレームワークについて、実例を挙げて紹介します。

日本アイ・ビー・エム株式会社
2001年よりWebSphere事業部にてWebSphere Application Serverの技術支援を担当。WebSphere製品の提案活動や構築支援の他、セミナーの講師やWeb(http://www.ibm.com/developerworks/jp/websphere/)の運営など幅広く担当している。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

Java EEの動向と最新機能 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。