PR

モジュールのインストール!

2008年8月1日(金)
Shin.鶴長

静的モジュールとDSOモジュールのインストール

 前述したように、モジュールを追加する方法は以下の2通りあります。

・Apache本体にモジュールを組み込む方法(静的組み込み)
・DSO(Dynamic Shared Object)でモジュールをロードする方法(動的組み込み)

 タイプ別にApacheモジュールを追加する方法を簡単に解説します。ただし最近では、Apache本体プログラム同様に、モジュールもパッケージ管理ツールでインストールできることが多くなっており、ここで紹介するインストール方法を使用する機会は減ってきています。

 しかしディストリビューターから提供されないサードパーティー製モジュールや、実験的に提供されているモジュールでは、以下に紹介するようなソースファイルを使ったインストール方法を使用します。

 なおモジュールをビルドするためには、gccなどの開発環境が必要です。パッケージ管理ツールなどを利用し、事前に開発環境を整えておきます。

静的モジュールのインストール

 静的モジュールをインストールするには、モジュールをApache本体へ組み込む必要があります。そのためにはApacheの再インストールが必要です。インストールの際に実行するconfigureで、「--enable-モジュール識別子」オプションを使って、追加するモジュールを指定します。

# cd /..Apacheのソース../
# ./configure --enable-モジュール名

 その後、以下のコマンドを実行してインストールします。

# make
# make install

 Apacheのソースアーカイブは「Downloading the Apache HTTP Serve(http://httpd.apache.org/download.cgi)」からダウンロードできます。Apacheのソースアーカイブに収録されているモジュールなら、configureに「-h」オプションを付加することで、モジュールインストールに必要なオプションを見つけることができます。

 Apacheのソースアーカイブに含まれない、サードパーティー製モジュールでは、それぞれのモジュールに付属するドキュメントに従います。モジュールによっては、静的組み込みに対応しない場合があります。

 この後は設定ファイル「httpd.conf」を編集し、モジュールの動作に必要な設定を行います。その後、前半で紹介した「httpd -M」でモジュールが静的に組み込まれていることを確認し、Apacheを起動します。なおモジュールを削除するにはApacheをビルドし直す必要があります。

 次は、DSOモジュールのインストールについて紹介します。

愛知県出身、東京都在住。現在通信会社勤務。在学中にかかわったISPの立ち上げにはじまり、古くからオープンソースソフトウェアに親しみ、現在ではシステム構築を中心に執筆を手がけている。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています