PR

pgpool-IIのインストール方法

2008年7月3日(木)
SRA OSS, Inc. 日本支社 マーケティング部

pgpoolとは

 pgpoolとはPostgreSQL専用のコネクションプーリングサーバーです。2004年にファーストバージョンがリリースされ、2006年にはパラレルクエリなどの新機能を実装したpgpool-IIが登場し、その後もオンラインリカバリーなどの新しい機能を次々と実装しながら進化を続けています。

 最近では、非同期レプリケーションシステムとして人気の高いSlony-Iとの組み合わせや、PostgreSQL 8.2からの新機能であるwarm standbyとの組み合わせといった新しい活用方法も注目されています。

 本連載では、多様なpgpool-IIの活用方法の中から最もよく使われているコネクションプーリングとレプリケーションを中心に活用方法を解説します。

 第1回はpgpool-IIの機能の簡単な紹介とインストール方法について解説します。

多機能ミドルウエアpgpool-II

 pgpool-IIは、ちょうどWebサーバーにおけるプロキシサーバーのようにPostgreSQLとクライアントの間で動作し、可用性の向上や性能の向上のためのさまざまな機能を実現します。

 まず可用性の向上のための機能として、「同期レプリケーション」「オンラインリカバリー」「Slony-Iやwarm standbyとの連携」があります。

 「同期レプリケーション」は、pgpool-IIが更新系のクエリを複数のノードに同時に送信することにより、同期レプリケーションを実現します。ノードに障害が発生した場合は、故障したノードを自動的に切り離してサービスを継続します。また、故障検出時に任意のコマンドを実行させることができます。同期レプリケーションについては、第3回で詳しく説明します。

 「オンラインリカバリー」は、サービスを停止することなく、ノードを復旧や新規ノードの追加を行うことができます。

 「Slony-Iやwarm standbyとの連携」は、故障検出時に適切なアクションを自動実行させることができます。Slony-Iやwarm standby自体も可用性を向上させるソリューションですが、どちらも単体では故障検出の機能がありません。pgpool-IIと連携させることで、これが実現できます。

 続いて性能の向上のための機能として、「コネクションプーリング」「参照クエリの負荷分散」「パラレルクエリ」があります。

 「コネクションプーリング」は、pgpool-IIとPostgreSQL間の接続を再利用することで、接続にかかるオーバーヘッドを軽減します。コネクションプーリングについては第2回で詳しく解説します。

 「参照クエリの負荷分散」は、設定した重みに基づいて参照系のクエリをランダムに振り分け、負荷分散することができます。負荷分散については、第3回で詳しく説明します。

 「パラレルクエリ」は、1つのテーブルを複数のノードで分割して格納し、検索を各ノードで並列して実行します。これにより、高速な検索を実現します。

 次は、pgpool-IIのインストール方法について紹介します。

著者
SRA OSS, Inc. 日本支社 マーケティング部
SRA OSS, Inc. 日本支社マーケティング部では、PostgreSQL/PowerGresのサポート、コンサルティング、販売を中心にビジネス展開しています。pgpoolのサポートやpgpoolを使った大規模システムのコンサルティングの実績もあります。http://www.sraoss.co.jp/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています