PR

3大仮想化ソフトウエアを比較!

2008年9月11日(木)
masuidrive

仮想マシンの比較

 今回は、Macのネーティブ仮想化アプリケーション3種「Parallels Desktop for Mac(以下、Parallels)」「VMware Fusion(以下、VMWare)」「VirtualBox」の比較を行いましょう。

 具体的には各アプリケーションの提供する、仮想マシンのスペックを比較してみます。性能は、稼働させるOSやドライバによって大きく異なるため、次回以降OS別に検証したいと思います。

 図1は、各仮想化アプリケーションが提供する仮想マシンのスペックを比較した結果です。この比較表を元に考察していきましょう。

 まずは、これらのアプリケーションを稼働させるホストOSのスペック制約です。この3種のアプリケーションは、すべてIntel Mac専用です。PowerPC Macで仮想マシンを使う場合は、マイクロソフト社のVirtual PCが有名ですが、これは反対にIntel Macでは使うことができません。

 すべてのアプリケーションで、32ビット、64ビットのIntel CPUに対応しているので、現在発売されているすべてのIntel Macで稼働させることができます。

 スペック上、ホストOSのメモリは512MB以上になっていますが、2G以上の実メモリを搭載していないと、実際の利用には難しいでしょう。次回以降の検証でも詳しく書きますが、仮想マシンはおおむねゲストOSの2倍のメモリを消費します。例えば、ゲストOSで512MBのメモリを割り当てた場合、仮想マシンは1Gのメモリを消費します。

 さて、続いて各アプリケーションが作り出す仮想マシンのスペックを比較してみましょう。基本的に、各アプリケーションの仮想マシンのスペックは、一般的なWindows PC向けのハードウエアを想定しています。そのため、どの環境でもWindowsやそのほかOSをインストールすることが可能です。

 しかし、よく調べてみると、少しずつ違いがあります。具体的には、サポートしているデバイスや、その数が違います。普通のPCでもWindowsが動くという点ではどの機種でも同じですが、選択するにあたっては3Dに強いビデオカードが搭載されているのか、何個USBポートがあるのか、HDDが何台搭載できるかなどの違いが大きく影響します。仮想マシンの世界でも同様です。

CPU

 コンピュータの性能を大きく左右するのはCPUですが、仮想マシンで利用できるCPUも、アプリケーションによって異なります。

 ParallelsとVirtualBoxが32ビットCPUのシングルコアCPUのみに対応しているのに対して、VMWareは64ビットCPUやデュアルコアCPUに対応しています。

 そのため、64ビットOSをインストールする場合や、仮想マシン側でデュアルコア環境を使いたい場合は必然的にVMWareを使うことになります。

 なお、仮想マシンでデュアルコアを使うには、ホストOS側もデュアルコアを搭載している必要がありますし、64ビットOSを動かすには、ホストOS側も64ビットCPUである必要があります。

 特にデュアルコア対応は、仮想マシンで重いアプリケーションを動かしたい場合には、非常に有効です。対応していないParallels、Virtual Boxでは、CPUがデュアルコアでも、シングルコア分の性能しか発揮できません。

 しかし、ホストOS側でアプリケーションを動かしながら、仮想マシンでアプリケーションを使うのであれば、それぞれのコアが使われるので、デュアルコアの恩恵はそこまで顕著にならないと言えます。

 VMWare FusionはVMware社としては、初のデスクトップ向けの仮想マシン環境ですが、高性能CPUへの対応は、長らくサーバーなども手がけている同社だからこそと言えるでしょう。

 続いて、メモリ、ハードディスクについて見てみましょう。

PukiWikiなどのオープンソース活動を経て、2005年からRuby on Railsに的を絞り、WEB2.0社 PingKingやニフティ アバウトミーの開発に関わる。これまでのフリー活動から転身し、2007年は1年だけ会社員として働いた後、起業のため渡米。2008年4月にBig Canvas Inc.設立。現在、米ベルビュー在住。http://bigcanvasinc.com/http://blog.masuidrive.jp/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています