PR

Mac+Windowsの使い勝手を比較!

2008年9月18日(木)
masuidrive

今回は使用感を比較してみよう

 さて、「第2回:3大仮想化ソフトウエアを比較!(http://www.thinkit.co.jp/article/128/2/)」で機能比較をした3種類の仮想マシンですが、実際の使用感はどのように違うのでしょうか。

 今回は、Macに仮想環境としてWindowsを入れて、それぞれの使用感を比較したいと思います。LinuxなどWindows以外のOSについては次回、解説していきます。

Boot CampにインストールしてあるWindowsを起動する

 Mac OS X 10.5(Leopard)には、Boot Camp(http://www.apple.com/jp/macosx/features/bootcamp.html)と呼ばれる機能が標準搭載されており、Intel MacであればWindowsなどMac以外のOSをデュアルブートによってインストールすることができます。

 Intel Macはハードウエア構成はWindows PCとほぼ同じであるため、Boot Campによって起動部分やBIOSをサポートさせることで、通常のWindowsのPCと同じようにWindowsを起動させることができます。また、仮想マシンではないので、通常のPCと同じように高速に動かすことができます。

 しかし、Boot CampではOS Xか、Windowsのどちらか一方しか起動させることはできません。よってOS XとWindowsを交互に使いたい場合には、いちいち起動し直す必要があります。またWindows側からOS Xのディスクを読み書きしたい場合には、別途アプリケーションが必要になるなど、両OSの連携はそれほど楽ではありません。

 このようにIntel MacにBoot Campを入れても、OSの行き来が面倒なため、どうしても利用が偏ってしまうケースが多いのですが、仮想化アプリケーションを導入することによって、この問題を解決することができます。

 「Parallels Desktop for Mac(以下、Parallels)」と、「VMware Fusion(以下、VMWare)」にはBoot Campを使ってインストールしてあるOSを、OS X上の仮想マシンで実行する機能があります。現在のところ、「VirtualBox」では同種の機能は実装されていません。

 両者とも、特別な設定は要らず、仮想化アプリケーションを導入するだけで、Boot Camp領域を認識し、簡単にOS Xから仮想マシンでBoot Camp上のOSを起動することができます(図1上)。

 Boot Camp上のWindowsを起動する場合、初回はドライバなどのインストールが必要になります。ParallelsもVMWareもほぼ同じ手順での導入になります。

 Parallelsを例に見てみましょう。Boot Camp導入済みのMacにParallelsを導入すると、「My Boot Camp」のアイコンがデスクトップに作られます。これをダブルクリックするだけで、Boot Camp内のOSを起動することができます。

 しかし、Boot CampにインストールされたOS側から見ると、稼働するハードウエアがIntel Macから仮想マシンに変更されたことになり、Windows XP/Vistaの場合は再アクティベーションが必要になりますし、仮想マシンの環境に合わせたドライバのインストールが必要になります。

 まずは初回起動時には、Windowsのアクティベーションが求められます(図1下)。Parallelsではこの時点で、マウス操作が行えなかったため、キーボードによる操作になりました。その後、Windowsが起動すると、ログイン画面になりますが、この時点でもマウスが使えないようですので、キーボードを使ってログインしてください。

 初めて起動すると、ドライバやサポートツールのインストールが自動で始まります。これが終わればBoot Campから起動した時と同じように使うことができます。

PukiWikiなどのオープンソース活動を経て、2005年からRuby on Railsに的を絞り、WEB2.0社 PingKingやニフティ アバウトミーの開発に関わる。これまでのフリー活動から転身し、2007年は1年だけ会社員として働いた後、起業のため渡米。2008年4月にBig Canvas Inc.設立。現在、米ベルビュー在住。http://bigcanvasinc.com/http://blog.masuidrive.jp/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています