PR

自分の島を創ろう!

2008年9月12日(金)
劉 小路

クイックスタート

 「第1回:OpenSimとは?(http://www.thinkit.co.jp/article/129/1/)」で紹介した説明に従って、OpenSimの実行ファイルを準備できたら、早速自分の仮想空間にログインして見ましょう。ここでは一番簡単な方法を紹介します。

 OpenSimサーバーの実行ファイルはbin/OpenSim.exeです。Windowsではそのファイルをダブルクリックして実行します。Linuxでは以下のコマンドを実行します。

mono OpenSim.exe

 すると、メッセージが次々と表示された後、以下の問い合わせメッセージで一時停止します。

DEFAULT REGION CONFIG: Region Name [OpenSim Test]:

 これは「Region」と呼ばれる仮想空間上での島の名前の設定で、このままEnterキーを押すと、島の名前は「OpenSim Test」になります。

 続いて島の基本情報に関する設定が表示されます。必要に応じて値を変更してください。なお、以降の操作説明では、デフォルト値に従って説明していきます。

 以下は、仮想空間地図上の島のX座標とY座標の設定で、それぞれデフォルトは1000です。

DEFAULT REGION CONFIG: Grid Location (X Axis) [1000]:
DEFAULT REGION CONFIG: Grid Location (Y Axis) [1000]:

 以下はUDP接続用内部IPアドレスと内部ポート番号の設定で、IPアドレスのデフォルトが0.0.0.0、ポート番号のデフォルトが9000です。

DEFAULT REGION CONFIG: Internal IP Address for incoming UDP client connections [0.0.0.0]:
DEFAULT REGION CONFIG: Internal IP Port for incoming UDP client connections [9000]:

 以下は公開用外部IPアドレスの設定で、デフォルトが127.0.0.1です。

 DEFAULT REGION CONFIG: External Host Name [127.0.0.1]:

 以下は管理者のファーストネームとラストネームの設定で、ファーストネームのデフォルトがTest、ラストネームのデフォルトがUserです。

DEFAULT REGION CONFIG: First Name of Master Avatar [Test]:
DEFAULT REGION CONFIG: Last Name of Master Avatar [User]:

 以下は管理者パスワードの設定で、デフォルトがtestです。

DEFAULT REGION CONFIG: (Sandbox Mode Only)Password for Master Avatar account [test]:

 各設定で入力した情報は、bin/Regions/default.xmlに保存されます。すべての入力を終えると、サーバーの起動プロセスが始まります。最後に以下のメッセージが表示されれば、起動完了です。

Region #:

 サーバーが起動すると同時に管理者のアカウント(デフォルト:Test User)も作成されます。

セカンドライフビューアから接続

 OpenSimの仮想空間には、セカンドライフビューアを使ってログインできます。まずセカンドライフビューアを入手しましょう。公式サイトのダウンロードページ(http://secondlife.com/support/downloads.php)からダウンロードできます。

 セカンドライフビューアから自分のOpenSimサーバーに接続するには、セカンドライフビューアの起動引数を変更します。

 Windowsでの変更方法は、セカンドライフをインストールした後、デスクトップにあるSecondlifeのアイコンを右クリックして、「プロパティ」を選択します。図1を参照して設定を変更してください。

 Linuxでは、以下を実行してセカンドライフビューアを起動します。

secondlife -loginuri http://127.0.0.1:9000

 画面に従いfirstnameにTest、lastnameにUser、passwordにtestを入力して、connectをクリックすると、自分のOpenSim仮想空間にログインできます。

 次はグリッドモードについて説明します。

3Di株式会社
京都大学情報学科、東京大学大学院を経て、2006年ヤフー株式会社に入社し、Webサービスのバックエンドシステムの開発に従事。現在、シニアエンジニアとして3Di株式会社で3Dサーバアプリケーション製品開発を担当。OpenSimプロジェクトのコントリビューターでもある。http://3di.jp/

連載記事一覧

Think IT会員サービスのご案内

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスのご案内

関連記事