PR

ユーザビリティの判断基準って何?

2008年9月1日(月)
久保田 有希

ユーザビリティを気にしてますか?

 Web制作やWeb開発担当者の皆さん、そして企業のWeb担当者の皆さんは、あなたが制作・開発したWebサイトはユーザビリティに気を配れていますか?

 本連載では、ユーザビリティを判断するために必須な判断基準と、それを導き出すための方法を紹介します。

 また、Webサイトのユーザビリティ評価を簡単に使るチェックツールも提供します。まずはユーザビリティを気にかけるための第1歩として読んでいただけると光栄です。

 本題に入る前に、まずは「Webユーザビリティの定義」をおさらいしましょう。「ユーザビリティ」を辞書で引くと「使用可能なこと・有用性」(引用:三省堂提供「デイリー 新語辞典」)とありますが、一般的に使われる言葉では、「使いやすさ」「使い勝手のよさ」と言われています。

 「使いやすさ」「使い勝手のよさ」とは何でしょうか。周りにあるもので例えると、あなたの使っているマウスのクリックしやすさ、キーボードの打ちやすさ、ということになります。

ユーザビリティって何?

 ユーザビリティに関する規格であるISO9241-11では、ユーザビリティを「特定の利用状況において、特定のユーザによって、ある製品が、指定された目標を達成するために用いられる際の、有効さ、効率、ユーザの満足度の度合い。」と定義されています。

 また、Webユーザビリティの専門家であるヤコブ・ニールセンは、Webでのユーザビリティについて、「学習しやすさ:システムは、ユーザがそれをすぐ使い始められるよう、簡単に学習できるようにしなければならない」「効率性:一度学習すれば、あとは高い生産性を上げられるよう、効率的に使用できるものでなければならない」「記憶しやすさ:ユーザがしばらく使わなくても、また使うときにすぐ使るよう覚えやすくしなければならない」「エラー:エラーの発生率を低くし、エラーが起こっても回復できるようにし、かつ致命的なエラーは起こってはならない」「主観的満足度:ユーザが個人的に満足できるよう、また好きになるよう、楽しく利用できなければならない」の5つ構成要素で定義しています(引用:U-site(http://www.usability.gr.jp/whatis/whatis001127-1.html))。

 つまり、ユーザビリティとは、ただ「使いやすさ」「使い勝手のよさ」と言う意味ではなく、「ユーザが目標を達成するための使いやすさ」「ユーザが目標を達成するための使い勝手のよさ」であり、Webでのユーザビリティとは、システム、Webサイト、もしくはそのパーツが「ユーザにとってわかりやすく、スムーズに目標達成でき、満足できるものかどうか」と定義づけることができます。

 次のページでは、2つのユーザインターフェース例を比較して、ユーザビリティの重要性についても再確認していきます。

株式会社クリエイティブホープ
ディレクション事業部 マネージャー。2005年、クリエイティブホープにコーダーとして入社。1年半の経験後、ディレクターとして、各サイトの設計、構築、調査を行っている。http://www.creativehope.co.jp/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています