PR

UIの重要性

2010年4月23日(金)
永井 一美

UIとは

第1回ではリッチ・クライアントを、第2回では帳票を、第3回ではリッチ・クライアント/帳票とクラウドの関係を解説しました。今回は、クライアント側で重要な、UI(ユーザー・インタフェース)について解説します。

UIとは何かを考える前に、まずは確認しておきたいことがあります。「リッチ・クライアント」や「RIA(リッチ・インターネット・アプリケーション)」という言葉に含まれる「リッチ」とは、何でしょうか。

Webシステムで画面を表示するのに使われるHTML(HyperText Markup Language)は、「Text」が示す通り、もともとは文書表現です。物理学者のティム・バーナーズ=リー(Tim Berners-Lee)氏によって、研究者のドキュメント共有/閲覧を支援するために生まれました。

このため、HTMLを使っても、業務利用において必要な、入力操作などを伴う、操作性の良い画面を作ることはできません。つまり、HTMLは「プア」(貧弱)であるとみなし、HTMLを超えた表現として、対義語の「リッチ」(潤沢)を使ったものと思います。

では、UIとは何か、あらためて考えてみましょう。UIの範囲は、画面操作だけではありません。皆さんが駅で切符を購入する際に利用する券売機、ほとんどディスプレイのタッチ画面と思いますが、これもUIです。缶コーヒーや缶ジュースの自動販売機の操作も、家庭でのDVDデッキの操作もUIです。これらは、機械と人間とのインタフェースとして、HMI(ヒューマン・マシン・インタフェース)とかMMI(マン・マシン・インタフェース)とも言われます。

コンピュータにおいては特に、用語として「UI」が使われています。グラフィックスとマウスなどのポインティング・デバイスを用いたUIは、GUI(グラフィカル・ユーザー・インタフェース)と言い、従来のホストでの端末における文字だけのCUI(キャラクタ・ユーザー・インタフェース)と対比されます。

実は、UIはほとんど進化しません。人間の認知能力は、昔よりも大きく向上したわけではありません、また今後向上するわけでもありません。UIも、機器やインタフェースを受け持つプラットフォームに合わせて、“なだらかな進化”しかしていません。デスクトップPCの標準インタフェースであるWindowsのUIにも大きな変化はなく、マウスもキーボードも同様です。

ユーザビリティ

UIは「インタフェース」を特性とした用語ですが、この一方で、人間から見た使いやすさなどを考慮してUIの効果や効能までを考えた「ユーザビリティ」という概念があります。語源は「Use+Able」で使いやすさ/使い勝手といったものですが、定義はさまざまです。

Webユーザビリティの権威であるヤコブ・ニールセン博士の書籍『ユーザビリティエンジニアリング原論』(1994年)では、ユーザビリティを以下のように定義しています。

  • 学習しやすさ - システムは、ユーザーがそれを使って作業をすぐに始められるよう、簡単に学習できるようにしなければいけない。
  • 効率性 - システムは、一度ユーザーがそれについて学習すれば、後は高い生産性を上げられるよう、効率的な使用を可能にすべきである。
  • 記憶しやすさ - システムは、不定期利用のユーザーがしばらく使わなくても、再び使うときに覚え直さないで使えるよう、覚えやすくしなければいけない。
  • エラー発生率 - システムはエラー発生率を低くし、ユーザーがシステム使用中にエラーを起こしにくく、もしエラーが発生しても簡単に回復できるようにしなければいけない。また、致命的なエラーが起こってはいけない。
  • 主観的満足度 - システムは、ユーザーが個人的に満足できるよう、また好きになるよう、楽しく利用できるようにしなければいけない。

こうして見てみると、「致命的なエラーが起こってはいけない」といった障害に関するもののほか、「ユーザーが個人的に満足できるよう、また好きになるよう、楽しくなるようにしなければいけない」といった利用者の心地よさの観点も定義されており、多角的な定義と言えます。

次ページ以降も、ユーザビリティについての解説を続けます。

アクシスソフト株式会社 代表取締役社長
SI会社においてOS開発、アプリケーション開発、品質保証、SI事業の管理者を経て、ソフトウェア製品の可能性追求のため、当時のアクシスソフトウェアに入社、以降、一貫して製品事業に携わる。2006年より現職。イノベータであり続けたいことが信条、国産に拘りを持ち、MIJS(Made In Japan Software consortium)にも参加、理事として国産ソフト発展に尽力している。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

UIの重要性 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。