PR

Flashならではの利点を活かそう

2008年9月10日(水)
Kaz@Website Usability Info

Flashならではの利点とは?

 前回(http://www.thinkit.co.jp/article/132/1/)は、Flashアプリケーションでしばしば見られるユーザビリティ上の問題について、いくつか触れてみました。その上で、今回は「Flashならではの利点」を活かしたユーザビリティの向上について、考えてみたいと思います。

 ユーザーエクスペリエンスを唱えた認知心理学者、ドナルド ノーマン(Donald A. Norman)氏は、ユーザー中心設計の重要性を唱えた名著「誰のためのデザイン?―認知科学者のデザイン原論(新曜社:1990年)」の著者として有名ですが(もしまだお読みでない方は、ぜひご一読をおすすめします!)、彼はその後の著書「エモーショナル・デザイン―微笑を誘うモノたちのために(新曜社:2004年)」において、「デザインは情動的(エモーショナル)であれ」とも言っています。つまり、「使っていて楽しい」「所有欲をそそる」ようなデザインをしよう、というわけです。

 第1回(http://www.thinkit.co.jp/article/132/1/)で、ユーザビリティの概念は「(多くのユーザーにとっての)使いやすさ」にとどまるものではなく、「特定のユーザーが特定の目的を持って使った結果、満足できるか」までをも含むものであると述べました。その意味で、ユーザーのエモーション(情動)を刺激する魅力的なユーザーインターフェースデザインを提供して、使うことを楽しめる仕掛けを用意することは、ユーザビリティという観点でも非常に意義深いことです。

 WebサイトでFlashを使う意義というのは、まさにこの「エモーショナル」な演出が可能であること、に尽きるのではないでしょうか。

エモーショナルな演出

 では具体的に、Flashを使った「エモーショナル」な演出には、どういったものがあるのでしょうか?

 言わずもがなですが、Flashを使うことで、ムービーやサウンドを手軽に扱うことができます。また、ユーザーのアクションに応じてインタラクティブに変化するユーザーインターフェースデザインも、Flashの得意とするところと言えます。このような演出によって、Webページに効果(視覚効果や聴覚効果など)を加えることで、ユーザーに対してよりリアルに、コンテンツ(例えば、製品紹介だったらその製品自体)の魅力を伝えることができることでしょう。

 また、Flashアプリケーションの作り方次第では、ユーザー自身の目的達成プロセスに「楽しみ」や「充実感」という要素を加える表現も可能であり、こうした要素を戦略的に組み込むことによって、「またやってみたい」「またWebサイトに来訪したい」と思ってもらえることが期待できます。

 Webサイトに初めて来訪したユーザーが、すぐに目的達成に至ることはむしろまれだと思いますので(例えば、何かを買いたいと思ったときは、あるWebサイトで商品の情報を調べた後、個人ブログやクチコミサイト、ほかのeコマースサイトなども見た上で、じっくり検討してから購入を決断する)、「とりあえず今は態度を保留するけど、またこのWebサイトに来てみよう」とユーザーに思ってもらえることは、Webマーケティング上、とても重要です。

著者
Kaz@Website Usability Info
数々のWebサイトプロデュース、情報設計、画面設計(UIデザイン)、Web制作/運用ガイドライン策定などを手がけ、現在はWebユーザビリティ向上を支援するサイト「Website Usability Info」を運営。得意領域は、ユーザビリティ、アクセシビリティ、情報デザイン(インフォメーションアーキテクチャ)、Webライティング、といったあたり。http://website-usability.info/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています