PR

Intelが中国のベンチャーHyperと共同で開発を進める新しいコンテナランタイムKataを公開

2018年2月2日(金)
松下 康之 - Yasuyuki Matsushita
Intelと中国のベンチャーと組んで開発する新しいコンテナランタイムKataがKubeConで紹介された。

Cloud Native Computing Foundation(以下、CNCF)は、2017年12月5日~8日の日程でテキサス州オースチンにてKubeCon+CloudNativeConを開催した。CNCFはKubernetesやFluentdなどのクラウドに最適化されたオープンソースソフトウェアをホストしてインキュベーションするための団体だ。2016年には4つのプロジェクトをホストしていたが、わずか1年後の2017年12月にはホストするプロジェクトの数は14と急成長を遂げた。コンテナオーケストレーションのKubernetes、ログ収集のFluentd、モニタリングのPrometheusのようにそれぞれの機能は分かれており、同じ役割を果たすソフトウェアは少ないのだが、その例外はコンテナランタイムだ。すでにDockerから分離したcontainerd、CoreOSが開発したrktが、コンテナランタイムとして同じCNCFの下で開発を進めている。

そこにCNCFのプラチナメンバーでもあるIntelと中国のベンチャーであるHyperとが共同で、それぞれのコンテナランタイムのコードを持ち寄った新しいコンテナランタイムとして開発を発表したのが、Kata Containers(以下、Kata)だ。

Clear ContainersとrunVがマージされたものがKata

Clear ContainersとrunVがマージされたものがKata

「CNCFに3つもコンテナランタイムが存在するのはおかしい」という声が聞こえたのかはわからないが、KataはCNCFではなくOpenStack Foundationでホストされるプロジェクトだ。ただし開発とガバナンスはKataプロジェクトの中で行われ、直接OpenStack Foundationが行うのではないということが明らかにされている。ちなみにKataとはギリシャ語の由来で「契約」というような意味合いだそうだが、日本語の「型」、すなわち空手などの決められた動きにも由来していると書かれている。

OpenStack Foundationから発表されたニュースリリース:Kata Containers Project Launches to Build Secure Container infrastructure

このプロジェクトの狙いは、仮想マシンベースのセキュリティとアイソレーションをコンテナに提供することだというのが、IntelとHyperがプレゼンテーションで伝えたかったメッセージのようだ。KubeConでのプレゼンテーションは、以下の動画を参照して欲しい。

Kata Containers: Hypervisor-Based Container Runtime

プレゼンテーションを行うIntelのSamuel Ortiz氏(左)とHyperのXu Wang氏(右)

プレゼンテーションを行うIntelのSamuel Ortiz氏(左)とHyperのXu Wang氏(右)

ここでコンテナランタイムについて、コンテナの歴史そのものからおさらいをしておこう。Red Hatのホームページにある情報によれば、複数のアプリケーションを分離させるための技術としてFreeBSDのJailとして実装されたのが2000年、それからLXCとして実装されていたものをDocker(当時のdotCloud)が、クラウド向けのアプリケーション実行環境としてコンテナテクノロジーを再発見したのが2008年だ。

Red Hatによるコンテナの歴史:The History of Containers

DockerがLXCと開発者のためのツール群をまとめたことで、あっという間にIT業界の寵児(英語で言えばDarling of the IT industry)になったのが2014年のことだ。同じ年にGoogleは、社内の基盤上では毎週20億個のコンテナが実行されていることを発表した。この発表は「Dockerよりも先に、コンテナを実際に本番で使っていたのはオレたちだ」という牽制もあったのだろう。そしてGoogleは、2014年の6月にKubernetesを発表した。コンテナそのものではなく、複数のコンテナをいかに制御するのが重要か? を、Borgのオープンソースソフトウェア版であるKubernetesの発表によって表明したというところだろう。2014年はDockerによるコンテナブームとGoogleが自社のインフラストラクチャーにおけるコンテナ運用の重要性を宣言した年であったといえる。そして2015年にOpen Container Initiativeが発足し、コンテナのオーケストレーションに関してはDockerのSwarmとGoogleのKubernetesが並び立つという構図になった。CNCFが創設されたのも2015年で、Kubernetesは1.0の時点でCNCFのプロジェクトとして開発が推進された。結果的には2017年の10月に開かれたDockerConで、DockerがKubernetesに正式に対応した時点で、オーケストレーションについてはKubernetesにほぼ収束したというのが2017年という流れだろう。

コンテナランタイムに関しては、DockerはrunCをcontainerdとして分離し、オープンソースソフトウェアとして公開し、一方セキュリティに関して常にDockerを批判していたCoreOSはrktとしてコンテナランタイムを公開した。どちらも現在は、CNCF配下のプロジェクトだ。ではKataは何を目指しているのだろうか?

Kataのホームページによれば「軽量な仮想マシンとして実装され、コンテナのように実行。そして仮想マシンのアイソレーションとセキュリティを保証する」といったところだろう。アーキテクチャーとしては、仮想マシンのようにハイパーバイザーの上では個別の実行空間を持ちつつ、仮想マシンほど重装備ではないコンテナの実行環境ということになるだろう。

カーネルは共有されず、アプリケーションごとに独立している

カーネルは共有されず、アプリケーションごとに独立している

Intelが肩入れをしているということもあり、KataもIntel製CPUの仮想化技術である「Intel VT」に依存するものと考えたくなる。しかしその点は何度も訊かれているせいか、KubeConのセッションでは冒頭から「全てのハードウェア環境をサポートする」とコメントする一場面もあり、プロセッサ屋としてのIntelではなく、あくまでもソフトウェアをリードするIntelとしての姿勢を見せつけたかったように思える。

各ベンダーの思惑によって、もしくは表向きは用途に併せてコンテナランタイムが乱立したとしても、どこかの時点でひとつの業界標準に収束していくのは、これまでのIT業界の歴史からみれば自然の帰結だろう。

もう一つのポイントは、Intelが選んだHyperが北京のベンチャーであるということだろう。Linux Foundationも配下のCNCFもOPNFVも、中国のデベロッパーそしてユーザーを無視することは難しく、CNCFにおいては逆に積極的に中国のリソースを利用しようとしているように見える。その意味では中国本土のAlibabaやJD.com、Tencent、China Mobileなどの巨大なユーザーの知見を拾い上げると言う意味で、中国のベンダーと組むというのは良い手のようにみえる。ちなみにHyperのブログによれば、中国の有力なECサイトであるJD.comのクラウドサービスであるJCloudでは、HyperのランタイムであるrunVが本番環境として利用されていると言う。

How Hyper’s technology enables JD.com to build "Hummingbird", a Container-native Cloud

いずれにせよ、2018年の11月14~15日に開かれるKubeCon+CloudNativeCon@上海でも、Kataのプレゼンテーションやユースケースの発表は行われるだろう。Kataの進展を見守りたいと思う。

Kataに関する公式サイト:Kata Containers

著者
松下 康之 - Yasuyuki Matsushita
フリーランスライター&マーケティングスペシャリスト。DEC、マイクロソフト、アドビ、レノボなどでのマーケティング、ビジネス誌の編集委員などを経てICT関連のトピックを追うライターに。オープンソースとセキュリティが最近の興味の中心。

連載バックナンバー

クラウドイベント
第5回

KubeCon+CloudNativeCon、大手からベンチャーまで活気のあるブースを紹介

2018/2/8
KubeCon+CloudNativeConレポート最終回は、活気に満ちあふれたブースのようすを紹介する。
クラウドイベント
第4回

新しいセキュリティアプローチ、CalicoとIstio、Kubernetesによるゼロトラストネットワークとは

2018/2/6
ITシステムの中心がコンテナとなる時代の新たなセキュリティパラダイム「ゼロトラストネットワーク」とは。
クラウドイベント
第3回

Intelが中国のベンチャーHyperと共同で開発を進める新しいコンテナランタイムKataを公開

2018/2/2
Intelと中国のベンチャーと組んで開発する新しいコンテナランタイムKataがKubeConで紹介された。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています