PR

KubeCon+CloudNativeCon、大手からベンチャーまで活気のあるブースを紹介

2018年2月8日(木)
松下 康之
KubeCon+CloudNativeConレポート最終回は、活気に満ちあふれたブースのようすを紹介する。

Linux Foundationと協調するプロジェクトとして2015年に設立されたCloud Native Computing Foundation(以下、CNCF)はテキサス州オースチンにてKubeCon+Cloud NativeConを2017年12月5日~8日に開催した。イベントレポート最終回となる今回は、展示ブースを紹介したい。これまで様々なカンファレンスを取材してきたが、そのなかでも断トツに活気のある展示スペースであったと言える。

Intel、Microsoft、AWS、Googleなどの大手企業は、もはや知名度を上げる必要はなく、ひたすら対話のためのブースを用意して、エンジニア同士が情報交換するためのスペース提供を最優先していたようだ。

Intelのブース

Intelのブース

Microsoftのブース

Microsoftのブース

MicrosoftはGitHubも苦笑いするようなコミカルなステッカーを用意して、オープンソースっぽさをアピールしていた。

Microsoftが用意したステッカー

Microsoftが用意したステッカー

AWSのブース

AWSのブース

そんな中、コンテナプラットフォームであるOpenShiftを推したいRed Hatはデモブースを用意して、OpenShiftを使ったデモを終日実演していた。Kubernetesはコンテナをオーケストレーションするツールだが、コンテナイメージのビルドなどは各自が行わなければならない。PaaSとしてスタートしたOpenShiftは、その部分に付加価値を見出しているようだ。

興味深かったのは、デモを担当していたエンジニアが「Kelsey Hightowerのキーノートのデモを見たかい? kubectlを使わないデモだよ。あれは全てOpenShiftでできるんだよ。知ってた?」とGoogleのKelsey Hightower氏のデモを認めつつ、OpenShiftの訴求も忘れていない一幕があったことだろう。ハンズオン形式で行われていたデモは参加者にTシャツなどを配り、印象付けようという努力をしていた。

GoogleのデモゴッドがKubeConで見せたKubernetesを意識させないDevOpsの実現

Red Hatのブース

Red Hatのブース

キーノートでゼロトラストネットワークを提唱したTigeraも大きめのブースで存在感を出していた。配っていたノベルティの虎のぬいぐるみは、大人気であった。

Tigeraのブース

Tigeraのブース

アメリカンコミック調のブースデザインが印象的だったのは、MirantisやDELL EMCだ。MirantisはOpenStack Summitなどでも一貫としてアメコミ風のデザインだ。一方のDELL EMCがアメコミ風にするのは、従来の硬そうなイメージを払拭したいのだろうか。

Mirantisのブース

Mirantisのブース

DELL EMCのブース

DELL EMCのブース

逆にまじめなテイストだったのは、CoreOSやWeaveworksなどのベンチャーだ。

CoreOSのブース

CoreOSのブース

Weaveworksのブース

Weaveworksのブース

また活気のあるカンファレンスではよく見かける、出展している各社が求人を行うJob Boardも、毎日書き込みが増えて余白がなくなる勢いであった。

そんな中、日本のメルカリもブースを展示していた。もはやサービスを訴求するというよりも、働いてくれるエンジニアを探しに来ているというのが明白なブースであった。

メルカリのブース

メルカリのブース

当然ながら、コーヒーを飲んだり、座り込んで話し込む参加者のためのスペース、ゲーム機なども用意されており、参加者がくつろげるための工夫は怠らない。「Keep Cloud Native Weird」の元となったフレーズ「Keep Austin Weird」は「ヘンな街、オースチン」くらいの意味だが、「変わっている」ことは「他とは異なるユニークな」でもあるというポジティブなニュアンスが込められている。

Keep Cloud Native WeirdはKeep Austin Weirdのもじり

Keep Cloud Native WeirdはKeep Austin Weirdのもじり

会場のあちこちに休憩スペースがある

会場のあちこちに休憩スペースがある

また「GitHubにならえ」ということでもないのだろうが、CNCFがホスティングしている14のプロジェクトは、展示スペース内のショップでTシャツを販売していた。

CNCFのプロジェクトのロゴをあしらったTシャツ

CNCFのプロジェクトのロゴをあしらったTシャツ

日本からの参加者もTシャツをお買い上げ

日本からの参加者もTシャツをお買い上げ

参加者の中には、OpenStack FoundationのJonathan Bryce、OPNFVのHeather Kirksey、Linux FoundationのJim Zemlinなども見受けられ、CNCFが業界の中で話題になっていることが感じられた。

OpenStack FoundationがホストするKatacontainerのブースにいたJonathan Bryce氏

OpenStack FoundationがホストするKatacontainerのブースにいたJonathan Bryce氏

OpenStackのコミッターと話をする元Chef、現SysdigのMichael Ducy氏

OpenStackのコミッターと話をする元Chef、現SysdigのMichael Ducy氏

全体を通して、大手よりもベンチャーのほうが、これから拡大するKubernetesのエコシステムに割って入ろうとする勢いを感じさせる展示スペースであった。次回の開催は5月にコペンハーゲン、11月の上海、そして12月にシアトルに戻ってくる予定のKubeCon+CloudNativeConだが、このまま拡大が続くとすると1年後にはどうなっているのか、興味は尽きない。

フリーランスライター&マーケティングスペシャリスト。DEC、マイクロソフト、アドビ、レノボなどでのマーケティング、ビジネス誌の編集委員などを経てICT関連のトピックを追うライターに。オープンソースとセキュリティが最近の興味の中心。

連載バックナンバー

クラウドイベント
第5回

KubeCon+CloudNativeCon、大手からベンチャーまで活気のあるブースを紹介

2018/2/8
KubeCon+CloudNativeConレポート最終回は、活気に満ちあふれたブースのようすを紹介する。
クラウドイベント
第4回

新しいセキュリティアプローチ、CalicoとIstio、Kubernetesによるゼロトラストネットワークとは

2018/2/6
ITシステムの中心がコンテナとなる時代の新たなセキュリティパラダイム「ゼロトラストネットワーク」とは。
クラウドイベント
第3回

Intelが中国のベンチャーHyperと共同で開発を進める新しいコンテナランタイムKataを公開

2018/2/2
Intelと中国のベンチャーと組んで開発する新しいコンテナランタイムKataがKubeConで紹介された。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています