PR

Red5とその他のオープンソースFlash技術

2008年11月26日(水)
澤村 正樹

オープンソースが開くFlashの世界

 本連載では、これまでにオープンソースのFMS(Flash Media Server)互換のサーバーソフトウエアであるRed5を中心にサーバーサイドと連携したFlashの世界について紹介してきました。今回はまとめとして、Red5の今後と、それ以外のFLash関連のオープンソースプロジェクトについて紹介し、今後のFlash開発の姿を占っていきます。

 まず、背景としてFlashの世界は長らくMacromedia社/Adobe社の製品に依存してきました。現在でも最も重要な要素であるFlash PlayerはAdobe社によって精力的に開発が続けられています。そのFlash Playerの普及度は99%にせまっており、Flashをプラットフォームとしたアプリケーションやサービスの可能性は今後も高まるばかりです。

 長らくクローズドな方針をとってきたAdobe社自身も、最近ではFlex SDKやBlaze DSに代表されるようなオープンソース戦略を積極的にとることが増えてきています。現行のFlash CS3などFlash IDE製品がまるごとオープンソース化されるようなことは考えにくいですが、いくつかの技術はオープンソースで代替が効いたり、またコミュニティーによって新しいアイデアが注入されたりすると、より活性化されたFlashの世界が開けていくのではないかと期待しています。

Red5の今後

 Red5の現在の正式版は0.7、最新版は0.8RC(リリース候補版)となっています。Red5のオフィシャルサイトにはロードマップ(http://jira.red5.org/confluence/display/docs/Red5+Roadmap)が提示されていて、今後の計画が明記されています。

 0.8はパブリック・ベータという位置づけで、いよいよ正式版が近づいてきた感があります。長年の懸念であったスケーラビリティ対策も1つのオリジンサーバーとクライアントからの接続先となる複数台のエッジを配置する形でのクラスタリング手法が0.7から盛り込まれてきました。

 今後はホットデプロイやサーバーサイドActionScriptのサポート、映像のH.264エンコード対応などがロードマップ上に記載されています。

 また、Red5はJavaをベースとしたテクノロジーであるため、JavaVM上で動くRubyであるJRubyや、同じくPythonであるJythonなどでサーバーサイドを記述することも将来的には可能になってくるかもしれません。そうなってくるとより多くの開発者にとってより取り組みやすい環境になってくるでしょう。

 次は、Red5と同じようにRTMPを扱うサーバーソフトウエアをいくつか紹介します。

NTTレゾナント株式会社
1976年生まれ、横浜国立大学電子情報工学科卒業。論文査読システムや写真ストックサイトなどのフロントエンドエンジニアリングを経て、角川書店系のウォーカープラス・ドット・コムにて各種サービス開発にかかわる。現在はNTTレゾナント「goo」にて検索サービスを中心としたエンジニアリングとユーザーインターフェース設計、および新サービスの企画立案に携わる。gooラボ:http://labs.goo.ne.jp/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています