PR

動画配信サーバーと配信インフラはどう?

2008年11月20日(木)
栗原 寛

まずは動画の配信方法から

 動画の配信方法には、「ライブ配信」と「オンデマンド配信」があります(図1-1)、配信方式には「ストリーミング方式」と「ダウンロード方式」があります(図1-2)。

 ライブ配信は、映像をリアルタイムエンコードし、順次動画配信する必要がありますのでストリーミングサーバーが必須になります。また、オンデマンド配信はWebサーバー/ストリーミングサーバー両方の使用が可能です。

 オンデマンド配信は、Webサーバーからの配信の場合、一度にデータを配信するので回線やサーバーに負担をかける恐れがあります。一方、ストリーミングサーバーからの配信の場合は、ネットワーク環境/再生環境に合わせて動画データを転送するので、動画の途中で好きなところから映像を見たり、早送りする事もできます。通常、動画配信ではストリーミングサーバーを使用しますが、Webサーバーに比べ、ストリーミングサーバーのほうが使用料が割高なので、Webサーバーからのダウンロード配信が使われる事もあります。

 また以前は、Windows Mediaストリーミング配信ならばクライアントPCに映像を保存できませんでしたが、現在ではフリーツールでダウンロード保存ができます。コンテンツビジネスにとってはWindows Media DRM対応になります。

 次に、動画配信システムのそれぞれの特徴を紹介します。

Windows Media VideoとFlash Video

 現在、PC上の動画配信で普及しているプラットフォームはWindows Media VideoとFlash Videoです。

 Windows Media Videoは、Windows Serverの機能であるWindows Mediaサービスがストリーミングサーバー機能を提供しており、Flash VideoではFlash Media Serverがストリーミングサーバー機能を提供しています(図1-3)。両者の主な違いは3つ挙げられます。

 1つ目は、プレーヤーの違いです。

 もちろんWindows Media VideoはWindows Media Playerが必要で、Flash Videoではswfファイルを利用するためFlash Playerが必要になります。Macではブラウザ/デフォルト環境としても、Windows Media Playerの使用に制限があります。一方、Flash PlayerはMac、Windows、Linuxなど幅広い環境で利用可能です。

 2つ目は、DRM(Digital Rights Management:デジタル著作権管理)の問題です。

 Windows Mediaは以前からWindows Media DRMが用意されており、コンテンツビジネスで数多く活用されていますが、Flash Videoはツールを使えば映像コンテンツをローカルにダウンロードできる問題があるため、RTMPEを新たに実装してきていますが、現状で実績が少ないようです。

 3つ目は、ライブ配信の実績です。

 Windows Mediaは以前からWindows Mediaエンコーダとストリーミングサーバーを使ったライブ配信で実績が豊富です。Flash VideoでもAdobe Flash Media Live EncoderとFlash Media Serverを使ったライブ配信が可能ですが、現状で実績が少ないようです。

 ここで、メタファイルについて説明します。

 メタファイルとは、テキストファイルで、動画コンテンツを送信するための番組表とイメージしてください。また、動画のさまざまな属性を定義したりします。Webサイトを公開する時は、ページ間にリンク設定をしますが、ストリーミングの場合は、直接動画データにリンクをはらずに、「メタファイル」という番組表経由でリンク設定します。リンクをクリックすると、メタファイルの番組表を見て動画配信の順番や条件を判断します。

 次は、どういった動画配信を実施したいかを踏まえた自社サーバー/ホスティングサーバーの選択について紹介します。

株式会社アトミックPV
ビデオ制作会社でビデオエンジニア・ビデオカメラマン・ディレクター・ビデオ企画制作マーケティングに従事した後、フリーとして独立。2001年にWebストリーミングコンテンツ制作業務を開始。2003年有限会社アトミックPV設立。2008年株式会社アトミックPVに移行。動画配信を活用したビデオ制作、ビデオ・ストリーミング動画配信コンサルティング業務などを手がけ、現在では売上高数千万円~連結十兆円規模の企業様まで幅広くビデオ制作・動画配信のお手伝いをしています。http://www.atomic-pv.jp/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています