PR

Flashの新ファイルフォーマット「XFL」

2009年1月21日(水)
林 拓也

XFLファイルの書き出しと読み込み

 Adobe CS4ではAfter EffectsやInDesignなどから、XFLファイルを書き出せるようになりました。

 XFLファイルは基本的にFlashのソースファイルであるFLAファイルの内容をXMLデータで表したもので、XMLファイルと素材ファイルを含むアーカイブファイルとなっています。XFLファイルは、Flash CS4で通常のFLAファイルのように開くことができるので、例えばInDesignで作成した紙媒体用のレイアウトされたデータをほぼそのままの形でFlashに持ってくることができます。これにより紙媒体とWebで統一感のあるコンテンツを作りやすくなる、といったメリットがあります。

 InDesignでレイアウトされた複数のページ(図1-1)をXFLに書き出し、Flash CS4で読み込む流れは次の通りです。

 InDesign上で「ファイル → 書き出し」を選択し、保存ダイアログで「Adobe Flash CS4 Pro(XFL)」を指定して保存します。書き出しに関するダイアログが表示されるので、ステージサイズ、ページ、テキストに関する設定を行います。テキストに関する設定では、InDesign上のテキストフィールドをFlash上で編集できるテキストフィールドとして保持するか、ベクター画像やビットマップ画像として変換するかを指定できます(図1-2)。Flashからは通常のFLAファイルと同様に「ファイル → 開く」で開きます。

 Flash上では、各ページ/スプレッド単位でムービークリップとして管理され、個別のフレームに配置されます(図1-3)。InDesign上でハイパーリンク、ページ効果、インタラクティブ要素などを設定してもこれらは無効となり、Flashに持ち込むことはできません。なお、これらの設定はInDesignからSWFに書き出すときには有効に動作させることができます。

XFLによって広がる制作の多様性

 Flashにデータを持ち込むのであればXFLファイルである必要はなく、直接FLAファイルを書き出せれば事足りるはずです。XFLファイルがFLAファイルと大きく異なる点は、XFLファイルがオープンなフォーマットであることです。XFLファイルの実体はZIPアーカイブファイルで、ファイルの拡張子を.zipに変更すると解凍して内容を確認することができます。

 XFLファイルにはFLAファイルの構造を表すDOMDocument.xml、ライブラリを表すLIBRARYフォルダなどが含まれ、LIBRARYフォルダにはメディアデータやムービークリップを表すXMLファイルなどが含まれます(図1-4)。

 これらのファイルをテキストエディタやペイントアプリケーションで編集し、ZIPアーカイブファイルにした上で拡張子を.xflに戻せば、Flashを使わずにソースファイルの修正ができたことになります(図1-5)。

 このようなオープン化の動きはFlashコンテンツ制作の世界を大きく活性化させる可能性があります。今までSWFファイルを作成できるサードパーティーのアプリケーションはいくつもありましたが、Flashのソースファイル(FLAファイル)を作成・編集できるアプリケーションはありませんでした。新しいFlashのソースファイルとしてXFLファイルが登場したことにより、サードパーティーが独自の個性を持ったXFLファイル作成・編集アプリケーションを開発できる下地ができたと言えます。

 近い将来、XFLがFlashのソースファイル形式として置き換わり、サードパーティー製のXFL作成・編集アプリケーションがリリースされ、XFLファイルをSWFファイルに書き出すためだけの安価な(あるいは無償の)ツールが登場する、という可能性が考えられます。そうなればFlashコンテンツの制作はより多様な選択肢が生まれます。

 XFLファイルは単にFlashの新ファイルフォーマットというだけでなく、大きな変革の象徴とも考えることができます。実際に今後どのような方向に進むことになるかは分かりませんが、大きなポテンシャルを持った変更なので、今後のXFL関連の動向には注目すべきと言えるでしょう。

Flash オーサリングエンジニア,アドビ認定インストラクター,ロクナナワークショップ講師。各種Webコンテンツ制作や,少人数ハンズオントレーニングから大規模なセミナー講師など幅広く活躍中。各種学校のカリキュラム・教材製作をはじめ,ActionScriptに関する書籍も多数執筆。http://67.org/ws/instructor/hayashi.html

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています