PR
連載 [第120回] :
  週刊VRウォッチ

VR内を歩けるサンダル型デバイス「Cybershoes」再びクラウドファンディング開始

2019年2月12日(火)
Mogura VR
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。

先週もVR/ARに関するニュースが多数報じられました。VR関連では、VR内で歩くような移動を可能とするサンダル型デバイス「Cybershoes」がクラウドファンディングを再び開始したことが報じられ、話題となりました。Cybershoesは2018年10月に実施されたクラウドファンディングにおいて、調達開始から24時間以内に目標額の3万ユーロ(約380万円)の3倍以上、約10万ユーロ(約1,200万円)を達成し、最終的に約21万ユーロ(約2,600万円)の資金調達に成功しています。

一方AR関連では、マイクロソフトが2018年9月に出願したARデバイスに関する特許が公開されたニュースが注目を集めました。資料に掲載されたイメージ図によれば、同社の「HoloLens」と比較すると小型で「スマートグラス」に近い形状となっています。発表を控えていると噂される次世代デバイス「HoloLens 2」に関連する可能性もあると推測されています。

VR内で歩くサンダル型デバイス「Cybershoes」再びクラウドファンディング開始

ウィーンのスタートアップCybershoes GmbHが、クラウドファンディングサイトIndiegogoを利用した資金調達を開始しました。同社はVRとの併用を想定したサンダル型デバイス「Cybershoes」の開発を進めている企業です。今回のクラウドファンディングでの目標調達額は3万ドル(約330万円)。調達された資金はCybershoesの制作に使用されます。

Cybershoesは両足に履き、歩くように足を動かすことで、VR内での移動を実現するサンダル型のデバイスです。その最大の特徴は、足に装着するデバイスだけで済むというその手軽さです。Cybershoesの裏側にはローラーが装着されており、このローラーの回転で足の移動量を検知し、VR内での移動を実現します。

本ニュースの詳細はこちら:
VRで歩くサンダル型デバイス「Cybershoes」再びクラウドファンディング開始
https://www.moguravr.com/cybershoes-re-crowdfunding/

Oculus Riftアップグレード版「Rift S」か?コードが確認される

米国のメディアUploadVRは、OculusのPC向けソフトウェアにOculus “Rift S”に関するコードを確認したと報じています。現行のOculus Riftと比較し、トラッキング方式やIPD調整に関わる変更が確認できるとのこと。

Oculus “Rift S”は、フェイスブックのPC向けVRヘッドセットOculus Riftのアップグレード版だとされています。2018年11月にTechCrunchがその存在を報道していますが、フェイスブックはOculus Riftのアップグレードについて、正式な発表を一切行っていません。

本ニュースの詳細はこちら:
Oculus Riftアップグレード版「Rift S」か?コードが確認される
https://www.moguravr.com/oculus-rift-s-code/

AMDのVR対応新世代GPU「Radeon VII」搭載グラボが約85,000円で発売

GPUメーカーであるAMDの新型GPU「Radeon VII」を搭載したVR対応のゲーム向けグラフィックボードが2月8日より発売されます。想定販売価格は85,8000円(税抜)となっており、AMDのパートナー企業からの販売となります。

Radeon VIIは、第2世代「Vega」アーキテクチャーを基盤としており、VR・4K対応グラボ「Radeon RX Vega 64」と比較して、2倍のメモリー容量とメモリー帯域幅を備えている製品です。最大解像度での高フレームレートの設定を可能とし、1080p、1440p、4KでシームレスなHDRゲーム体験と、8Kモニターでの写真とビジュアル作成を実現できるとのこと。

本ニュースの詳細はこちら:
AMDのVR対応・新世代GPU「Radeon VII」 搭載グラボが発売 税抜85,000円前後
https://www.moguravr.com/vr-gpu-radeon-vii/

マイクロソフト、小型ARデバイスに関する特許公開

マイクロソフトが2018年9月に出願したARデバイスに関する特許が公開されました。資料に掲載されたイメージ図によれば、現行のHoloLensと比較すると小型で、「スマートグラス」に近い形状となっています。ユーザーがARデバイスを使用する際の重要なポイントの1つが、そのサイズです。マイクロソフトがこの観点を重視し、小型化を志向していると推察されます。

マイクロソフトの次世代ARデバイスの噂は、2017年から現れ始めました。現時点では、この2月末に開催されるモバイル機器の見本市MWCで発表されると推測されています。

本ニュースの詳細はこちら:
マイクロソフト、小型ARデバイスに関する特許公開
https://www.moguravr.com/microsoft-ar-device/

※本ニュース記事は「Mogura VR」から提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

VR専門メディア「Mogura VR」は、VRに関する国内外の情報を早く、正しく、わかりやすくお伝えします。「PlayStation VR」「Oculus Rift」などの最新情報から専門家インタビュー、ゲームやアプリのレビュー、初心者ガイドまで幅広く扱っています。

連載バックナンバー

VR/ARニュース
第129回

Acer、新型4KのWinMRヘッドセット「ConceptD OJO」発表

2019/4/15
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。
VR/ARニュース
第128回

Valveの新VRヘッドセット「Index」5月1日に予約開始

2019/4/8
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。
VR/ARニュース
第127回

HTCの企業向け一体型VRヘッドセット「VIVE Focus Plus」4月15日発売、価格は約9万円

2019/4/1
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています