PR
連載 [第139回] :
  週刊VRウォッチ

指の動きをトラックするVR用グローブ「Manus Prime」の製品版発売へ

2019年7月1日(月)
Mogura VR
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。

先週もVR/ARに関するニュースが多数報じられました。VR関連ですと、Manus VRのグローブ型VRデバイス「Manus Prime」製品版の発売が話題となりました。

Manus VRは、現実の手や指の動きをVRに反映することができるグローブ型VRデバイスです。これまで開発者版が販売されていましたが、「Manus Prime」シリーズという名称で製品化されました。

一方、AR関連では、Vuzix Corporationによる新型スマートグラスの開発や、VivoのARグラスといったARデバイスの報道が注目を集めました。

指をモーキャプするVR用グローブ「Manus Prime」製品版発売へ 振動搭載モデルも

Manus VRのグローブ型VRデバイス「Prime One」「Prime Xsens」「Prime Haptic」が7月下旬より国内発売されます。国内での取り扱いを発表したのはアスク社です。各デバイスの価格については問い合わせが必要とのこと。

グローブは約64gで最大5時間の連続使用が可能になります。SteamVRやOptiTrack、Vicon、Xsens、PhaseSpaceでのトラッキングに対応しています。

Prime Oneには手や指の向き、関節の屈曲を測定する12種類のセンサーを搭載しており、手の動きをトラッキングすることができます。Prime Xsensでは、Xsensモーションキャプチャスーツに対応しており、手の動きに加えて体の動きもトラッキングが可能です。さらにPrime Hapticでは、各指に振動を与えるバイブレーション機能が備わっており、装着者に触覚フィードバックを与えることが可能となっています。

本ニュースの詳細はこちら:
指をモーキャプ VR用グローブ「Manus Prime」製品版発売へ 振動搭載モデルも
https://www.moguravr.com/manus-prime/

VIVE COSMOS、解像度2880×1700でLCDパネル採用

HTCは、新型PC向けVRヘッドセットVIVE COSMOSの内蔵ディスプレイのスペック情報を公開しました。

VIVE COSMOSの内蔵ディスプレイには、LCD(液晶ディスプレイ)が採用されていることが判明しました。解像度は2880×1700(左右のディスプレイ合計)です。この解像度はHTC VIVEの2160×1200と比較して、ピクセル数ベースで約88%増となります。

HTCはTwitterで、VIVE COSMOSに関する情報を今週中(6月第5週)にさらに追加で公開する予定であると告知しました。同社のツイートによると「デザインと人間工学(design&ergonomics)」に関する情報を公開予定とのこと。

本ニュースの詳細はこちら:
VIVE COSMOS、解像度2880×1700でLCDパネル採用
https://www.moguravr.com/vive-cosmos/

より「メガネそのもの」なスマートグラスを米AR企業が開発中

AR/VR技術やスマートグラスを扱うアメリカの企業Vuzix Corporation(Vuzix)が、新型スマートグラスの開発を進めていることが判明しました。

新型スマートグラスの正式な名称は判明していません。また詳細なスペックも不明ですが、現行モデルの「Vuzix Blade」と比較して、より通常のメガネに近い形状になったことが確認できます。

開発は、Vuzixと現在マイクロLEDディスプレイの開発に注力しているPlessey Semiconductors Ltdとの共同開発体制で進められているとのことです。

本ニュースの詳細はこちら:
より“メガネそのもの”なスマートグラス、米AR企業が開発中
https://www.moguravr.com/vuzix-s-glasses-megane-sonomono/

中国から新ARグラス「Vivo AR Glass」登場、5Gスマホに対応か

中国の大手スマートフォンメーカーであるVivoが、同社初となる自社製ARグラス「Vivo AR Glass」を発表しました

2019年6月27日の時点で、Vivo AR Glassの詳細な仕様は判明していませんが、デバイスの向きと位置情報の両方を認識する6 DoF(自由度)のトラッキングが実装されていることが公表されています。

Vivo AR Glassは、Vivoが同ARグラスと並行して開発を進めている5G対応の新型スマートフォンに有線接続して使用します。主な用途として、「ゲーム」「オフィスワーク」「5Gシアター」「顔識別」「物体認識」の計5つの分野を想定して開発しているとのことです。

本ニュースの詳細はこちら:
中国から新ARグラス「Vivo AR Glass」登場、5Gスマホに対応か
https://www.moguravr.com/vivo-ar-glass/

※本ニュース記事は「Mogura VR」から提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

VR専門メディア「Mogura VR」は、VRに関する国内外の情報を早く、正しく、わかりやすくお伝えします。「PlayStation VR」「Oculus Rift」などの最新情報から専門家インタビュー、ゲームやアプリのレビュー、初心者ガイドまで幅広く扱っています。

連載バックナンバー

VR/ARニュース
第154回

PS5は2020年末発売、触覚技術を搭載し没入感をさらなる高みへ

2019/10/15
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。
VR/ARニュース
第153回

Oculus、広視野角で小型軽量なVRヘッドセットのプロトタイプ公開

2019/10/7
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。
VR/AR
第152回

フェイスブック、一体型VRHMD「Oculus Quest」にハンドトラッキング等アプデを発表

2019/9/30
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています