PR
連載 [第2回] :
  KubeCon China 2019レポート

KubeCon China注目の初日キーノートはプロジェクトアップデート

2019年8月22日(木)
松下 康之 - Yasuyuki Matsushita
2019年6月にKubeCon China 2019が上海で開催。初日の夕方から最初のキーノートが始まった。

2019年6月24日から上海で開催されたKubeCon/CloudNativeCon/Open Source Summit China 2019(以下、KubeCon China)は、24日にプレカンファレンスを朝から15時過ぎまで行い、その後、メインとなる会場でライトニングトークとしてTencentやHP、VMwareなどのエンジニアが短いトークを行った。そしてその後に、カンファレンス最初のキーノートが始まるという変則的な構成となった。通常であれば前日にプレカンファレンスを行い、その翌日の朝からキーノート、その後にブレークアウトセッションが2日目、3日目に続くと言う形式になるはずだが、上海のカンファレンスでは、初日の夕方に最初のキーノート、翌日の朝に2回目のキーノート、同日の昼にLinux Foundation主催のキーノート、3日目は3回目のキーノートを朝に行い、全体の日程が3日目の昼過ぎに終了するという実質2日間という構成だった。

キーノートは昨年のKubeCon Chinaと同様に英語→中国語の同時通訳が入り、中国語で行われるセッションには英語の同時通訳が入っていた。もはや、中国語がメインと言っても過言ではない構成だ。これは他のセッションでも同様で、中国からの参加者に最大限の配慮を行っていることが感じられる。実際、キーノートで使われるスライドは左側に中国語版、右側に英語版を表示するという形式で、ここでも英語ではなく中国語で情報を取得したい参加者のニーズを満たすスタイルとなった。

初日のキーノートでは、LyftのエンジニアVicki Cheung氏がKubernetesの最新情報を説明し、VMwareのBryan Liles氏がCNCFの他のプロジェクトのアップデートを行った。

Kubernetesのアップデートを解説

キーノートに登場したVicki Cheung氏

キーノートに登場したVicki Cheung氏

Cheung氏のアップデートはKubernetesの1.14そして1.15に関するもので、Kubernetesのコマンドラインツール、kubectlのプラグインがBetaからStableになったこと、Kubernetesが利用するYAMLファイルをテンプレート化するツールであるKustomizeが標準で利用できるようになることなどを紹介した。

Kubernetes 1.14のトピック

Kubernetes 1.14のトピック

また1.15のトピックとしてCRDのPruning(剪定)が行われるようになったことが挙げられた。これはCRD(Custom Resource Definition。キーバリューストアであるetcdに保存されるKubernetesの管理情報やユーザーやベンダーがカスタマイズしたデータ)が膨張していることとも関連していると思われる。ベータということでこれから仕様の変更はあるかもしれないが、CRDセントリックなKubernetesコミュニティの思想の表れということだろう。

Kubernetesの最新バージョン、1.15のトピック

Kubernetesの最新バージョン、1.15のトピック

CNCFがホストするプロジェクトのアップデート

TiKV

次に登壇したBryan Liles氏はKubernetes以外のプロジェクト、特に中国に関連するものを紹介した。最初に言及したのは、中国のベンチャー企業であるPingCAPが開発をリードするTiKVだ。TiKVはすでにCNCFにホストされているプロジェクトで、分散型かつトランザクション指向のキーバリューストア型データベースである。中国で最大のショッピングイベントである11月11日(独身の日)の膨大なトランザクションを捌くのにも利用されているというのが謳い文句だ。実際にはAlibabaが使っていると言うわけではなく、Alibabaから送られる大量のトランザクションを受けるBank of Beijingなどで使われているというのが正確だろう。

TiKVを紹介するVMwareのBryan Liles氏

TiKVを紹介するVMwareのBryan Liles氏

TiKVの大きな特徴として、複数の地域に離れたクラスターのデータストアのレプリケーションを実装していることが挙げられるが、RustとRaftのコンセンサスプロトコルを用いているところに、旧来のモノリシックなデータベースとは大きく異なっていることを感じる。クラウドコンピューティングをネイティブで実装していると言える。ちなみに、KubernetesのetcdもRaftコンセンサスプロトコルを使って分散データベースを実装している。

TiKV 2.1の特徴

TiKV 2.1の特徴

Raftは複数のサーバー間でマスター/スレーブのような主従関係を予め設定せずに、サーバー同士が合意を取ってデータの同期などを行うための基礎的なプロトコル、システムである。大量のサーバーを使うクラウドコンピューティングの時代ではいつ、どのサーバーがダウンしてしまうかわからないため、使えなくなったサーバーは切り離して次のサーバーを追加して処理を続行する。

ペットと家畜の比喩で言うところの家畜のようにコンピュータ資源を扱うというのが特徴だが、それを実装するためには複数のサーバーが協調して稼働する必要がある。その成功例としてKubernetesが挙げられるが、その基本的な部分を担っているのがetcdであり、さらにその根幹にあるのがRaftということになるだろう。

Harbor

次にLiles氏が紹介したのは、VMware Chinaが開発したHarborだ。Harborは昨年のKubeCon Chinaで初めて紹介され、CNCFでホストされることになったコンテナリポジトリーのためのソフトウェアだ。他にもCoreOS(Red Hatが買収済み)が開発を行っていたQuayなども存在するが、CNCFとしては中国発のプロジェクトとしてHarborを優先したということだろう。

Harborのトピック

Harborのトピック

Jaeger

次はGoで書かれたトレーシングのプロジェクト、Jaegerだ。

これはJaegerの中国語の説明

これはJaegerの中国語の説明

英語での表記は「Distributed Tracing Platform」である。ここでは簡単に機能を紹介しただけとなった。

Vitess

次はVitessだ。

VitessはYouTubeが開発した並列的MySQLクラスタリングのためのソフトウェア

VitessはYouTubeが開発した並列的MySQLクラスタリングのためのソフトウェア

VitessはMySQLをクラスタリングさせるためのソフトウェアであり、YouTubeが開発しオープンソースソフトウェアとして公開されている。その後CNCFのインキュベーションプロジェクトとして採用され、開発が進んでいる。

他にもDeis(Microsoftが買収)が開発をリードしていたKubernetesのためのパッケージマネージャーであるHelm、Alibabaが開発したP2Pでイメージファイルを配信するDragonflyなどが紹介された。CNCFがホストするオープンソースソフトウェアは拡大しており、カバーする領域や機能が重複するソフトウェアがあってもあまり気にしないというのがCNCFの特徴だ。だが今回のキーノートは、特に中国市場を優遇するという意味でHarborやTiKV、Dragonflyなどを集中的に紹介することで、参加したエンジニアにとって参考になるキーノートだったように思える。

この後には毎回恒例となりつつある失敗談として、GoogleとOpenSDSの女性エンジニア2名が「etcdのSnapshot機能をどう実装するか」を語る興味深いセッションがあったが、そちらについてはあらためて紹介したい。

著者
松下 康之 - Yasuyuki Matsushita
フリーランスライター&マーケティングスペシャリスト。DEC、マイクロソフト、アドビ、レノボなどでのマーケティング、ビジネス誌の編集委員などを経てICT関連のトピックを追うライターに。オープンソースとセキュリティが最近の興味の中心。

連載バックナンバー

クラウドイベント
第8回

KubeCon Chinaでは展示ブースも中国ベンダーが猛プッシュ

2019/9/17
KubeCon Chinaの展示ブースではHuawei、Tencent、Alibabaといったトップ3のIT企業が存在感を示していた。
クラウドイベント
第7回

KubeCon China:サーバーレスとマルチテナンシーのセッションに注目

2019/9/13
KubeCon Chinaの多数のブレークアウトセッションからServerless、CloudEventsとマルチテナンシーのセッションに参加したレポートをお届けする。
クラウドイベント
第6回

KubeCon China:中国ベンダーが大量に登壇した3日目のキーノート

2019/9/10
KubeCon Chinaの3日目のキーノートは、有力な中国ベンダーが勢揃いで最大の露出を行ったセッションとなった。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています