PR

初めてでも安心! OCIチュートリアルを活用して、MySQLのマネージド・データベース・サービスを体験してみよう

2021年4月21日(水)
高橋 正和

はじめに

新人エンジニアの鈴木君は、オラクルが提供するチュートリアル形式のウェビナーを受講することになりました。

オラクルのクラウドサービスOracle Cloudで、Oracle Cloud Infrastructure(OCI)上のMySQLのマネージドサービス「MySQL Database Service(MDS)」と、MDSでMySQLの分析処理を高速化する「HeatWave」について学びます。今回はMDSを開始するところまで試してみましょう。

画面ショットについてはOCIの現在のコンソール画面と異なっている場合があります。

最初に作業手順の説明を受ける

MDSは、Oracle Cloudで使えるMySQLのマネージドサービスです。MySQL開発チームが開発していて、MySQLと100%の互換性があるほか、Oracle公式のサポートも受けられます。

今回は、OCIでMDSのインスタンスを作成し、Linux仮想マシンインスタンス上のMySQLクライアントから接続して試します。OCIでMySQLクライアントを動かすのは、MDSではセキュリティの観点からパブリックIPアドレスを持てないため、手元のPCのクライアントから直接MDSに接続できないからです。

作業手順は、以下のとおりです。

  1. サービス制限の確認
  2. コンパートメントの作成
  3. 仮想クラウドネットワーク(VCN)の作成
  4. セキュリティ・リストの修正
  5. 仮想マシンインスタンスの作成
  6. MDSの作成
  7. MySQLクライアントから接続
  8. サンプルデータベースで試す

1. ログインしてサービス制限を確認する

鈴木君が受講の準備を終えて待っていると、画面上に今回の講師を務めるオラクル先生が登場しました。簡単に挨拶を交わし、さっそくウェビナーの開始です!

  • 【オラクル先生】
    鈴木君、Oracle Cloudのアカウントは作ってきてくれましたか?
  • 【鈴木君】
    はい、30日間無料トライアルで登録してきました。
  • 【オラクル先生】
    では、Oracle Cloudのコンソールにアクセスしてログインしましょう。最初の「Cloud Account Name」は登録したときのクラウドアカウント名で、ユーザー名とは違うので注意してください。

ここで、シングルサインオン(SSO)でのログインがデフォルトで選ばれているので、特に気にせず進みます。あとはユーザー名とパスワードでログインすると、コンソールが表示されます。

図1:Oracleクラウドのコンソール

  • 【鈴木君】
    ログインできました!
  • 【オラクル先生】
    では、最初にサービス制限を確認しておきましょう。Oracle Cloudではデフォルトで、それぞれのサービスごとに、どれぐらいの数を立ち上げられるか上限値が設定されています。HeatWaveを使うために必要なリソースが利用できるか確認します。足りなかったら制限の引き上げを申請することになります。
  • 【鈴木君】
    わかりました。AWSなどの、ほかのクラウドでも同じようなのがありますね。

コンソール左上にある三本線のハンバーガーメニューをクリックすると、コンソールメニューが表示されます。ここで、「ガバナンス」→「制限、割当ておよび仕様状況」を選ぶとサービス制限の設定画面が表示されます。

図2:コンソールメニューからサービス制限の設定を表示

サービス制限の設定画面では、「サービス」で「MySQL」を選びます。そして「スコープ」で使う可用性ドメインを、東京リージョンがあれば、何か文字列のあとに「:AP-TOKYO-1-AD-1」のようになっている項目を選びます。これで制限の一覧が表示されます。

  • 【オラクル先生】
    それでは、先に進みましょう! HeatWaveを使うためには、「MySQL Database for HeatWave VM.Standard.E3 Nodes Count」が1以上に、「MySQL HeatWave VM.Standard.E3 Nodes Count」が2以上になっている必要があります。表示される制限は条件を満たしていますか?
  • 【鈴木君】
    はい。1と2になっています。
  • 【オラクル先生】
    OKです!

図3:サービスとスコープを選ぶと制限の一覧が表示される

図4:HeatWaveを使うための条件を満たしていることを確認

2. コンパートメントを作成する

  • 【オラクル先生】
    次に、コンパートメントを作ります。コンパートメントは、1つのアカウントの中を複数に区切るもので、Oracle Cloud独特の概念です。1つのテナントに複数のチームが入っているときに、コンパートメントごとにリソースとそのポリシーを設定するというような使い方をします。今回は特にコンパートメントを新しく作る必要はないのですが、Oracle Cloudを体験するということで、作ってみましょう。
  • 【鈴木君】
    わかりました。

コンソールメニューから「アイデンティティ」→「コンパートメント」を選択すると、すでに作られているコンパートメントの一覧が表示されます。

図5:コンパートメントの一覧から「コンパートメントの作成」へ

  • 【オラクル先生】
    一覧の上にある「コンパートメントの作成」をクリックしてください。
  • 【鈴木君】
    「コンパートメントの作成」のダイアログボックスが表示されました。

ここで「名前」と「説明」を入力します。ここでは仮に、名前を「handson」、説明を「ハンズオン用」としておきます。入力が終わったら、「コンパートメントの作成」をクリックします。

図6:名前と説明を入力してコンパートメントを作成

  • 【鈴木君】
    「hndson」がコンパートメント一覧に表示されました。

図7:新しいコンパートメントが表示された

3. 仮想クラウドネットワーク(VCN)を作成する

  • 【オラクル先生】
    続いて、仮想クラウドネットワーク(VCN)を作成しましょう。
  • 【鈴木君】
    AWSのVPCのようなものですね。
  • 【オラクル先生】
    そうです。まず、コンソールメニューから「ネットワーキング」→「仮想クラウド・ネットワーク」を選択してください。ここで、初めての場合は、まずコンパートメントを選択するよう求められると思うので、画面左の「コンパートメント」から、先ほど作成した「handson」を選ぶのを忘れないように。

図8:コンパートメントの選択

  • 【鈴木君】
    仮想クラウド・ネットワークの一覧画面が表示されました!
  • 【オラクル先生】
    この一覧には、デフォルトでは何もないはずです。ここで、一覧の上にある「VCNウィザードの起動」をクリックしてみてください。

図9:一覧からVCNウィザードを起動

  • 【鈴木君】
    「VCNウィザードの起動」ダイアログボックスが表示されました。
  • 【オラクル先生】
    まずVCNの種類として、「インターネット接続性を持つVCN」を選んで「VCNウィザードの起動」をクリックしてください。

図10:VCNの種類を選ぶ

  • 【鈴木君】
    「インターネット接続性を持つVCNの作成」の画面になりました!
  • 【オラクル先生】
    ここではVCN名だけ入力すれば十分です。仮に「TutrialVCN」としましょう。念のため、コンパートメントが「handson」になっていることも確認しておきます。「VCNとサブネットの構成」でネットワーク情報も設定できますが、ここではそのままでかまいません。

図11:VCNの設定で名前を入力

「次」をクリックすると設定の確認が表示されるので、内容を確認して「作成」をクリックしましょう。

図12:設定内容を確認

  • 【鈴木君】
    「仮想クラウド・ネットワークが作成されました」と表示されました。

図13:VCNが作成された

これでVCNが作成されました。画面左下の「仮想クラウド・ネットワークの表示」をクリックすると、VCN(TutorialVCN)の情報が表示されます。この中で「handsonコンパートメントのサブネット」のところに、「プライベート・サブネット」と「パブリック・サブネット」の2つが作成されていることがわかると思います。「パブリック・サブネット」はインターネットにつながっている側、「プライベート・サブネット」はインターネットにつながっていない側です。

図14:VCNの情報が表示される

フリーランスのライター&編集者。IT系の書籍編集、雑誌編集、Web媒体記者などを経てフリーに。現在、「クラウドWatch」などのWeb媒体や雑誌などに幅広く執筆している。なお、同姓同名の方も多いのでご注意。

連載バックナンバー

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています