連載 [第340回] :
  週刊VRウォッチ

Apple、「Apple Vision Pro」向け開発キット「visionOS SDK」をリリース

2023年6月26日(月)
Mogura VR
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。

先週もVR/ARに関する多くのニュースが報じられました。中でも注目すべきは、Apple Vision Pro向け開発キット「visionOS SDK」がリリースされたことでしょう。

Apple、「Apple Vision Pro」向け開発キット「visionOS SDK」をリリース

Appleは「Apple Vision Pro」対応の開発キット「visionOS SDK」をリリースしました。本SDKは、空間コンピューティングを実現するためのツールパッケージで、新しい開発ツール「Simulator」や「Reality Composer Pro」を含んでいます。

新ツールの「Simulator」は、「Apple Vision Pro」でアプリがどのようにレンダリングされ動作するかを確認するためのツールです。一方「Reality Composer Pro」は、3Dモデルのプレビュー及び修正が可能なツールとなります。Appleは「Apple Vision Pro」の2024年の発売に向けて、既存のアプリを空間コンピューティング対応アプリへアップデートするための開発ツールを次々とリリースしています。

本ニュースの詳細はこちら:
Apple、「Apple Vision Pro」向け開発キット「visionOS SDK」をリリース
https://www.moguravr.com/apple-vision-pro-visionos-sdk/

Unreal Engine 5、新機能「MetaHuman Animator」リリース デジタルヒューマン作成が気軽に

Epic Gamesはゲームエンジン「Unreal Engine 5」の新機能「MetaHuman Animator」を発表しました。これにより、複雑なコーディングを必要とせず、リアルタイムで人物の表情をキャプチャしてメタヒューマンを作成することが可能になります。

「MetaHuman Animator」では、人物の顔面を撮影するだけでフェイシャルキャプチャが自動的に開始し、3Dキャラクターに深度データを統合してメタヒューマンを生成します。このプロセスは数分で完了するとのことです。またiPhone(iPhone 12以降)でも撮影が可能で、取得されたキャプチャデータは「Unreal Engine 5」内のGPUハードウェアに直接転送され、メタヒューマン作成に活用できます。

本ニュースの詳細はこちら:
Unreal Engine 5、新機能「MetaHuman Animator」リリース─デジタルヒューマン作成が気軽に
https://www.moguravr.com/metahuman-animator/

「Meta Quest」、v55ソフトウェア・アップデート配信開始 CPU・GPUパフォーマンス向上

VRデバイス「Meta Quest」シリーズのv55ソフトウェア・アップデートの配信が開始されました。主な改善点として、Meta Quest 2とMeta Quest ProのCPUとGPUのパフォーマンスの向上や、Meta Questブラウザーのマルチタッチ対応などが挙げられます。配信は今後数週間かけて段階的に行われる予定です。

本アップデートではCPUとGPUのパフォーマンスが最大26%、GPUスピードが最大19%向上します。これにより、よりスムーズなゲームプレイやリッチなコンテンツが可能となります。また「Messenger」のVRアプリが新たに登場しました。さらにMeta Questブラウザーではマルチタッチジェスチャーに対応し、Touchコントローラーや自身の手でウェブページの操作が可能になります。これらの機能向上により、VR体験がより豊かで直感的なものになります。

本ニュースの詳細はこちら:
「Meta Quest」、v55ソフトウェア・アップデート配信開始─CPU・GPUパフォーマンス向上
https://www.moguravr.com/meta-quest-v55-software-update/

ワントゥーテン、3D映像のリアルタイム転送システム「ライブホログラム」を開発

株式会社ワントゥーテンが3Dデータをリアルタイムに転送し、3D映像として表示する「ライブホログラム」を発表しました。これまでのデータ転送の課題を克服し、人やモノの3Dデータをリアルタイムで転送・表示する技術を実現。2023年秋の実用化を目指して、東京大学との共同研究や5Gを活用したデモンストレーションを予定しています。

「ライブホログラム」はスマートフォンやPC、各種ヘッドセットなど多様なデバイスで利用可能。近くApple Vision Proにも対応予定です。ワントゥーテンはこれまでにも、デジタルツインサービス「QURIOS」の提供や大阪・関西万博のデザイン制作など、革新的なプロジェクトを手掛けてきた企業で、今回の開発もその一環と言えます。

本ニュースの詳細はこちら:
ワントゥーテン、3D映像のリアルタイム転送システム「ライブホログラム」を開発
https://www.moguravr.com/1-10-live-hologram/

※本ニュース記事は「Mogura VR」から提供を受けて配信しています。
転載元はこちらをご覧ください。

VR専門メディア「Mogura VR」は、VRに関する国内外の情報を早く、正しく、わかりやすくお伝えします。「PlayStation VR」「Oculus Rift」などの最新情報から専門家インタビュー、ゲームやアプリのレビュー、初心者ガイドまで幅広く扱っています。

連載バックナンバー

VR/ARニュース
第387回

WindowsアプリのVR/MR向け3D化機能が発表/GoogleマップからARを見られる早期アクセスプログラムが開始

2024/5/27
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。
VR/ARニュース
第386回

Googleの未発表ARグラスがさりげなく公開/VR体験施設のSandbox VRが中東で拡大

2024/5/20
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。
VR/ARニュース
第385回

「Meta Quest 3」がSteamシェア15%に到達/CTOが語る「Meta Quest 2」のサポート計画

2024/5/13
本記事はVR専門メディア「Mogura VR」から提供されているもので、国内外のVR関連情報をいち早く、正しく、分かりやすくお伝えします。

Think ITメルマガ会員登録受付中

Think ITでは、技術情報が詰まったメールマガジン「Think IT Weekly」の配信サービスを提供しています。メルマガ会員登録を済ませれば、メルマガだけでなく、さまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think ITメルマガ会員のサービス内容を見る

他にもこの記事が読まれています