PR

天気予報を表示してみよう!

2008年6月25日(水)
高橋 義博

インターネット上のXMLファイルを読み込む方法

 本連載「FlashでXMLデータを活用しよう(http://www.thinkit.co.jp/article/83/)」の最終回では、インターネット上で公開されている天気予報のXMLファイルを読み込んで、天気予報コンテンツを作成します。

 利用する天気予報XMLファイルですが、株式会社ライブドア(http://www.livedoor.com/)が提供している「東京都 明日の天気」を利用します。今回は、東京都を例にして説明していきますが、日本全国の天気予報の情報を取得できますので、「お天気Webサービス仕様(http://weather.livedoor.com/weather_hacks/webservice.html)」を参考に、お好きな場所の天気予報を利用してみてください。

 さて、インターネット上にあるXMLファイルを読み込む方法ですが、図1の「ActionScript : XMLファイル読み込みの内容(抜粋)」にありますように、ActionScriptで読み込みたいXMLファイルのアドレスを「XMLオブジェクト名.load」で指定するだけで、ほかの記述内容は、1回~3回の記事に掲載したと同様の方法で行うことができます。

 詳しい記述は、サンプルファイルをダウンロード(http://www.thinkit.co.jp/images/article/83/4/8341.zip)して内容をご確認ください(8341.zip/13.0 KB)。

天気予報XMLファイルからデータを取得する問題点

 天気予報XMLファイルから任意のデータを取得する方法は、「第2回:XMLデータを自由に活用しよう(http://www.thinkit.co.jp/article/83/2/)」で説明した方法で取得できます。

 しかし、前回の写真スライドショーのように同じ要素が繰り返し使われているデータとは異なり、天気予報のように、すべて異なる要素が使われているデータでは、それぞれの要素の場所を数えて取得する必要があります。図2の「天気アイコンファイルの指定範囲」に書かれていますように、要素の場所を指定する「childNodes」の配列の数が多く、複数にわたっているので、数え間違いなどを起こしやすくなりますし、ActionScriptの記述を見ただけでは、どのデータを取り出しているのか分かり難いという問題点があります。

 このような異なる要素が多く使われているXMLファイルのデータを、簡単に指定する方法を次のページでご紹介します。

制御機器メーカーでソフト開発やWebマスターの業務を経て、2007年からフリーランスとして、Webサイト制作、Flashコンテンツ制作を行っている。また、WebスクールでWebデザイン、Flash制作の講師などを担当し、経験を生かして幅広い指導を行っている。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています