PR

FlashでXMLを活用するメリットとは?

2008年6月4日(水)
高橋 義博

XMLデータとは何か?

 WebサイトではFlashを利用したコンテンツが多く掲載されています。Flashコンテンツは動きなど表現力のあるコンテンツに適していますが、そのコンテンツ内容を変更する際には、専門的な知識や技術力が要求され、更新作業が困難になる場合が多くあります。本連載では、XMLデータを利用し更新性を高める方法を説明していきます。

 最初に、XMLデータについて説明します。XMLは、Extensible Markup Language(拡張可能なマーク付け言語)の略で、データを記述するために使用されるデータ記述言語になります。XMLファイルの構成は、HTMLによく似たタグで構成されているため、HTMLをご存じの方は理解が早いと思います。

 XMLファイルは、テキストファイルとして作成しますので、テキストエディタを使って作成/編集を行います。そのため、誰でも簡単にファイルの編集作業を行えますので、更新用のファイルとしてFlashではよく利用されています。

XMLファイルの記述ルール

 図1のサンプルXMLを見ながら、XMLファイルの基本的な記述ルールを説明していきます。

 XMLファイルには、XML宣言文をファイルの先頭に必ず記述します。XML宣言文では、XMLのバージョンと文字コードを宣言します。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"??>

 上記の例ですと、XMLのバージョンが”1.0”で、文字コードは”UTF-8”となります。現在XMLのバージョンは1.0ですので、バージョンの記述はこのままで構いません。文字コードは、Flashで扱う場合には、Flashが対応している”UTF-8”が望ましいですが、シフトJIS(記述内容:Shift_JIS)も指定することができます。

 XML文書は、要素という単位で構成されています。要素は、記号を使い、と記述します。図1のように、要素名:氏名、内容:高橋義博と記述したい場合には、下記のように記述します。

高橋義博氏名>

 上記の最初の「」は開始タグ、最後の「氏名>」は終了タグと呼びます。開始タグと終了タグで挟まれている「高橋義博」が要素の内容(要素の値)となります。

 通常は、開始タグと終了タグは対となって利用されるのですが、要素に内容がない場合には、「>」の前に「/」を入れて記述することもできます。

 開始タグには属性を付けることができ、要素に対して付加的な情報を記述することができます。図1のように、現住所要素に建物の種類を追加したい場合には、下記のように、属性名「種類」の後に「=」を書き、「”」もしくは「’」で囲って値を記述します。

東京都新宿区現住所>

 XMLの説明は以上にして、次にFlashでXMLファイルを利用するメリットを説明していきます。

制御機器メーカーでソフト開発やWebマスターの業務を経て、2007年からフリーランスとして、Webサイト制作、Flashコンテンツ制作を行っている。また、WebスクールでWebデザイン、Flash制作の講師などを担当し、経験を生かして幅広い指導を行っている。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています