PR

Flashで簡易RSSリーダーを作ろう!

2009年1月22日(木)
高橋 義博

RSSとは何か?

 ブログやニュースサイトなどで、RSSという文字や画像を目にする機会が多いと思います。RSSは、Internet Explorer 7のようにRSSに対応したブラウザやRSSリーダーというソフトを利用することで、RSSに対応したサイトから最新ニュースやブログ最新記事などの更新情報を自動的に集めることができます。

 このRSSのデータ形式は、XMLというデータ形式で作成されています。RSSの構造は、このXMLの構造と同じになりますので、HTMLによく似たタグで構成されていて、テキストファイルとして作成されます(XMLファイルについては、「FlashでXMLを活用しよう!(http://thinkit.jp/article/408/1/)」を参照)。

 そのため、RSSはさまざまなアプリケーションから利用でき、Flashからも利用することができます。ただ、一言でRSSといっても、さまざまな経緯から幾つかの種類に分かれています。その中で、現在一般的に利用されているRSS1.0、RSS2.0、Atomを簡単に紹介します。

 RSS1.0は、拡張子がrdfであることが多く、古くから利用されています。RDFという規格をもとに作成されています。

 RSS2.0は、拡張子がxmlであることが多いです。RSS1.0の続きバージョンのような名称ですが、こちらはXMLをもとに作成されていて、RSS1.0とは構造が異なります。

 Atomは、RSSに複数のバージョンがあり混乱したため、またRSS1.0の規格RDFの構造が複雑なため、新しいRSSとして作成されました。

 上記のようにRSSには3種類あり、構造も異なっています。そのため、今回はFlashでRSSを読み込む基本的な仕組みを説明するため、構造がシンプルなRSS2.0を使った簡易RSSリーダーの解説を行っていきます。

RSS2.0の構造について

 Think ITのRSS2.0(http://thinkit.jp/rss/rss20.xml)の構造を図1にまとめました。

 RSS2.0は、ファイルの全体を要素で囲んでいます。その要素の直下に要素がありますが、その要素の直下の内容がRSSファイル全体の説明になります。そのため、通常はこの部分にサイトのタイトルや説明等を記述します。

 要素の中に書かれている主な要素の説明は以下の通りです。

:Webサイトのタイトル<br /> ・<link />:Webサイトのアドレス<br /> ・<description>:Webサイトの説明文<br /><br />  ファイル中段に<item>が繰り返し記述されていますが、この部分がサイトの更新記事などを列挙する個所になります。<item>要素内にも<channel>要素内に書かれていた要素と同様な要素が記述されています。この部分が記事のタイトルや内容等になります。<br /><br />  <item>要素の中に書かれている主な要素の説明は以下の通りです。<br /><br /> ・<title>:記事のタイトル<br /> ・<link />:記事のアドレス<br /> ・<category>:記事のカテゴリ<br /> ・<pubdate>:記事の発行日時<br /> ・<description>:記事の内容<br /><br />  これらの内容をFlashで解析し、適切に表示することでRSSリーダーとしての機能を実現することとなります。それでは、Flash ActionScript 3.0を使った簡易RSSリーダー作成していきます。ActionScript 2.0で作成してみたい方は、「FlashでXMLを活用しよう!(<a href="http://thinkit.jp/article/408/1/">http://thinkit.jp/article/408/1/</a>)」を参照ください。</description></pubdate></category>

Think IT会員限定特典
  • 「Flashで簡易RSSリーダーを作ろう!」サンプルプログラム

制御機器メーカーでソフト開発やWebマスターの業務を経て、2007年からフリーランスとして、Webサイト制作、Flashコンテンツ制作を行っている。また、WebスクールでWebデザイン、Flash制作の講師などを担当し、経験を生かして幅広い指導を行っている。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています