PR

レビューの質をモデル化する!

2009年3月10日(火)
竹下 千晶

レビューのゴールはあいまい

 「ソフトウエア開発において、レビューは大切ですか?」

 「もちろん」と答える人が多いことでしょう。さらに「大切なのにサボるのはなぜですか?」と質問すると、「時間がなくて」「短納期だから」と一生懸命に理由を説明してくれます。ならば、さらに問うてみましょう。「サボれるなら必要ないのですか?」みなさんなら、何と答えるでしょうか。

 レビューが大切であり必要なことは、古くからの共通認識です。また、「作り込み工程重視」の方針をかかげ、レビュー強化に取り組んだ経験も何度かあるかと思います。レビューの大切さがこれほど十分に認識されているのに、「忙しくてレビューを省略した」「ベテランによる設計のためレビューはしない」という場面に遭遇します。また、「やることになっているから」「やらないと怒られるから」といった具合に形式的な「アリバイ作り」「儀式的な活動」に陥ってしまうこともあります。

 一方で時間に余裕がある時には「やり過ぎ」と思えるくらい何度も何度も「終わり無き」レビューを繰り返すこともあります。「レビューが大切といってサボる、サボるかと思えばやり過ぎる」。不思議ですね、どういうことなのでしょうか。

 これは「ゴールがあいまい」というレビューの特質によるものではないでしょうか。よくよく考えてみれば、コーディングや設計と異なり、レビューには、具体的に作るものがありません。したがって、どこまでやればOKなのかというゴールがあいまいとなり、サボれるし、やり過ぎることもできるのです。

ルール化・手順化のわなにはまらないためのモデル化技法

 あいまいなゴールを明確にする方法として、工学的/定量的アプローチがよく知られています。具体的には「レビュー指摘件数」や「レビュー時間」を計測し、ゴールとなる「目標値」と「実績値」を比較して評価するという方法です。そして、その方法はルール/手順として定められ、徹底/順守を求められます。

 このルール化/手順化は、導入当初は大きな効果が得られますが、次第にマンネリ化し、「目標値」の魔力に縛られ、形式的/表面的なレビューに陥る場合があります。

 例えば「指摘件数」を目標値とした場合、以下のような状況が考えられます。

・指摘件数が目標値に達していればOK
・目標値に達するように、誤記や体裁などの細かい軽微な指摘をたくさん挙げる
・指摘件数が目標値に達していなくても大丈夫な理由(言い訳)を並べる

 つまり、目標値を意識するあまり、件数を目標値に合わせるという「数合わせ」「データ操作」が無意識に始まるのです。「レビュー時間」でも同じことです。本来は「効果的な質の高いレビューをしたい」という目的だったはずですが、時間経過と共に「目標値を達成する」という目的にすり替わっていってしまうのです(図1左)。

 また、ルールは順守するものという観念が強いため、開発現場からの抵抗感を生みやすく、「守れば文句ないでしょう」といった反発を招きやすい懸念があります。このように、ルール化/手順化には、危険性がつきものなのです。

 もちろん、「目標値」を定め評価すること自体を否定しているわけではありません。しかし、ソフトウエア開発では、業務の特徴、工程、担当者、規模など、さまざまな要因により、最適なゴールが異なります。したがって、画一的に「目標値」を決めて評価する、という「方法論」だけでは限界があります。うまく当てはまらないケースがたくさんあるのです。

 そこで、無理に方法を固定するのではなく、「こういう状態になりたい」「こういうレビューがしたい」というなりたい姿をモデルとして表現し、「方向性」を示すというアプローチ(図1右)を紹介します。その時々の状況に合わせ考える業務スタイルに導くモデルであり、最適な方法を選択させるものです。

 次のページでモデルの中身について紹介します。

株式会社デンソークリエイト
プロジェクトセンター 現場改善推進室 所属。
1996年入社後、開発環境ツールやカーナビのソフトウエア開発に携わる。2003年から全社でCMM(I)ベースのプロセス改善に取り組むことになり、当初よりSEPGとして参画。その後、現場密着型SQA機能を立ち上げ、SQAマネジャーとして現場改善を推進。社内の各種トレーニングの企画と開発にも従事。 http://www.denso-create.jp/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています