PR

RACが変えるデータベース環境

2008年7月7日(月)
小林 範昭

Oracle ClusterwareとAutomatic Storage Management

 Oracle Clusterwareは、10gから提供された機能で10gR1では「Cluster Ready Services」と呼ばれていた、いわゆるクラスタソフトウェアです。実は10gが登場する以前では、サードベンダー製のクラスタソフトが、ほぼすべてのプラットホームで必要でしたが、Oracle Clusterwareの登場とともにサードベンダークラスタを使用せずともRACを構築できるようになりました。

 Oracle Clusterwareの役割は、RACを構成する複数のノードを協調して稼働させたり、インスタンスやリスナー、バーチャルIPといったリソースの起動および停止といった管理も行います。

 そのほか、ユーザーが作成したアプリケーションやOracle Application Server、Apacheなども管理下に入れることができます。

 Oracle Clusterwareは障害発生時のRACシステムの挙動に関しても大きな役割を果たしています。相互にほかのノードの状態を監視しており、障害が発生した場合、そのノードを切り離し、障害ノードで起動していたリソースをフェールオーバーさせます。これにより障害発生時に実施していた処理をほかのノードで引き継ぐことができるのです。

 Automatic Storage Management(以下ASM)も10gから提供された機能で、Oracle Databaseに関連するファイルの管理に特化した、ファイルシステムとボリューム管理機能を提供します。

 バージョン9iのRACでは、プラットホームごとに使用されるファイルシステムが異なったり、RAWデバイスを使用するといった制限がありました。ASMは共有されたストレージのディスクを「ディスクグループ」と呼ばれる単位で管理します。

 データベース管理者は、ディスクグループを指定するだけで、データファイルやREDOログファイル、アーカイブログといったデータベース構成ファイルを配置することができます。

 ASMは、SAME(Stripe and Mirror Everything)という考えに基づいて設計されており、配置されたデータは、ディスクグループの中で自動的にミラーやストライピングされ、対障害性を高めつつディスクI/O分散を行います。

 データを拡張する際には、管理者がディスクグループに新たにディスクを追加するだけで、既存のデータの再配置が行われ、ディスク間のデータの偏りをなくします。複数の共有ストレージがある環境では、ASMを利用することにより、ストレージの一元管理はもちろん、ストレージをまたがったミラーやI/O分散が可能です。ASMはいわばデータベースストレージのグリッド化を実現した機能といえます。

サービスとは

 10gからは「サービス」という概念が導入されています。業務処理ごとにサービスを設定しておけば、後はそのサービスをどのサーバーで動作させるかを柔軟に決めることができます。

 例えば会計と受発注の2つの業務があった場合、それぞれをサービスとして、RACシステムで運用します。「会計」サービスの負荷が高い時は、「受発注」サービスが稼働しているサーバーでも「会計」サービスを処理させるよう構成を行うことができます(図2)。

 それぞれの処理のピーク時にはサーバーのリソースをやりくりすることができるため、個別のアプリケーションのピーク時に合わせてサーバーのサイジングを行う必要はありません。

 また、どのサーバーでどのサービスが稼働しているかをユーザー側で意識する必要はありません。データベースに対して透過的にアクセスできるため、アプリケーション側の変更も必要ありません。

 サービスの設定はOracle社の管理ツールである「Enterprise Manager」からGUI操作で簡単に行うことができます。

 続いて、RACと関連するOracle Database 11g(以下11g)の新機能について紹介します。紹介するのは、「Automatic Database Diagnostic Monitor」と「Advanced Compression Option」です。

伊藤忠テクノソリューションズ株式会社
ITエンジニアリング室 ミドルウェア推進部 DB技術課 課長。企業の情報システム部勤務を経て、2001年伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)入社。入社後はデータベース製品のプリセールスや技術検証を担当、2006年にOracle Master Platinum Oracle Database 10gを取得。2008年より現職。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています