PR

ばらばらのファイルサーバーを統合!

2009年1月23日(金)
羽鳥 正明

複数あるファイルサーバーのメリットとデメリット

 ファイルサーバーをITインフラに組み込んでいる企業は多くあり、第1回で説明したようにファイルサーバーにも用途や規模によってさまざまなタイプが存在する。第3回は、ファイルサーバー運用のコツとして、複数に分散してしまったファイルサーバーを統合について解説する。統合により、TCO削減とセキュリティー強化が期待できる。

 まず、複数あるファイルサーバーのメリットを考えてみると、1台1台の導入と運用のハードルが低いことが挙げられる。少数のファイルサーバーであれば管理も難しくなく、導入コストも安価である。また、ストレージ容量が足らなくなれば同様のファイルサーバーを追加することで、とりあえず事足りる場合が多い。

 デメリットとしては、少数で事足りなくなってくると、管理が煩雑になることに加え、セキュリティーポリシーやコンプライアンス要件が行き届かなくなってしまうことである。台数が増えれば、それぞれの信頼性の差も生じることが容易に想像がつき、データが増えてくれば、バックアップや災害対策の必要性も高まる。

複数あるファイルサーバー環境の例

 ここで、ある中堅企業でのファイルサーバーの運用例(図1)を挙げてみる。この例では、5TBのデータが10台のファイルサーバーに分散しており、次のような状況に置かれている。

 現状では、バックアップに要する時間(バックアップウィンドウ)の要件に対応するために、3台のテープドライブでの平行運用をしている。しかし、ファイルサイズの拡大、および多くのファイルの重複により、データ量がよりいっそう増大している。このため、バックアップ時間の増大、作業の複雑化が顕在化している。しかも、バックアップテープが200本を超え、これらの管理も困難になってきている。

 さらにこうしたバックアップテープが不適切な場所に置かれていることや、そのほかのリカバリー障害が原因で、ファイルリカバリーに関する問題がたびたび発生し、リカバリーに要する時間が長くなっている。

 こうした問題に加え、ファイルサーバーの増加に伴い運用管理のコストが増加している。特に、見えにくいコストとして人件費がかさんできてしまっている。また、部門単位にファイルサーバーを設置すると、セキュリティーのレベルがサーバーごとに異なってきており、結果として全社でのセキュリティーレベルを低下させることにもつながっている。

 こうした状況から、ファイルサーバーのインフラストラクチャに関するTCOの削減、および関連するIT要件の軽減を検討する時期に来ている。

 皆さんも思い当たる点があるかもしれない。ファイルサーバーがこのように増殖してしまった場合の運用面での解決案を第2回で説明したが、今回は、増殖したファイルサーバーを統合することでの解決を考えてみようと思う。

EMCジャパン株式会社
マーケティング本郡 プロダクト・マーケティング・マネージャ。外資系ITベンダにてPC、サーバーのプロダクト・マーケティングを8年間担当。その後Linux/OSSビジネス関連企業にてマーケティング全般をマネジメントした後、現在はEMCジャパンにてストレージならびにバックアップ製品のマーケティングを担当。http://japan.emc.com/

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています