PR

医療システムを席巻するFirebird!

2008年7月18日(金)
加藤 大受

Firebirdとは

 オープンソースのRDBMS「Firebird」を知っていますか。海外ではMySQLに負けないほどの知名度の持つFirebirdですが、国内ではPostgreSQLやMySQLに比べると、知名度はまだまだのようです。しかし、利用者には分からないように動作し、利用者の大切なデータを取り扱う非常に優れたデータベースエンジンとして、国内でも医療機関などで採用されるようになったことから、今後さまざまな分野でも普及していくと考えられます。

 Firebirdは、突然現れたオープンソースのRDBMSではありません。Firebirdは2000年1月3日に当時のインプライズ社(現在はエンバカデロ・テクノロジーズ社)が開発・販売しているInterBaseの開発途中版であるInterBase 6.0をオープンソースとして公開することをアナウンスしたことにより登場したRDBMSです。

 InterBaseは、エンバカデロ・テクノロジーズ社のDelphiやJBuilderなどの開発ツールに開発用のライセンスが付属しているので、触ったことのある方も多いのではと思います。

 2000年7月25日にInterBaseのソースはインプライズ社によって、sourceforge.net(http://sourceforge.net/)のWebサイトに公開されました。しかし、ソースツリーへのアクセス権が外部の人間に許可されていなかったため、InterBaseの熱狂的な支持者が新たなFirebirdというソースツリーを作成したことから、Firebirdが登場し、Firebirdという製品の開発もスタートすることになりました。

 Firebirdはこのように非常に複雑な経緯によって生まれたデータベースです。InterBaseという商用製品から生まれたため、最初のバージョンではInterBaseの特徴をほぼそのまま踏襲していますが、Firebird 2.0よりFirebirdの独自機能が追加され、InterBaseとは異なるデータベースとしてさらなる進化を進めています。

 現在、Firebirdプロジェクトはオーストラリアにある特定非営利活動法人(NPO法人)Firebird Foundation(http://www.firebirdsql.org/index.php?op=ffoundation)によってサポートされており、国内においてはFirebird日本ユーザー会(http://www.firebird.gr.jp)が中心に活動しています。主な活動としては、マニュアルの翻訳、日本語インストーラ版の作成、管理ツールであるFlameRobinの日本語化などがあげられます。

ORCAプロジェクトとは

 冒頭でFirebirdは医療機関で利用されていると紹介しました。そのきっかけの1つがORCAプロジェクト(http://www.orca.med.or.jp/)です。ORCAプロジェクトは、日本医師会主導の医療現場IT化プロジェクトで、誰もが自由に利用できる医療情報ネットワークの形成や、医療現場における事務作業の効率化とコスト軽減、高度で良質な医療の提供を目指して活動しています。

 ORCAプロジェクトでは全国の医師、医療関係機関が誰でも無料で使え、改良できる公開ソフトウェア(オープンソース)方式でプログラムを配布しています。

 具体的には「日医標準レセプト」「主治医意見書・訪問看護指示書・医師意見書作成ソフトウェア『医見書』」「給付管理/介護報酬請求支援ソフトウェア『給管鳥』」「訪問看護専用請求支援ソフトウェア『訪看鳥』」「日医特定健康診査システム」といったソフトウェアをオープンソースとして公開しており、数多くの医師、医療機関、介護関係事業所などで利用されています。

 Firebirdはこのうち「医見書」「給管鳥」「日医特定健康診査システム」で利用されています。本記事執筆時(2008年7月17日現在)で「医見書」は15,000ユーザー以上、「給管鳥」は1,500ユーザー以上に利用されており、日々の医療および介護でのさまざまな作業を支えています。図1は、「医見書」の画面です。

 次は、Firebirdの元になったInterBaseとFirebirdの優れている点について紹介していきます。

Firebird日本ユーザー会
Borland在籍時代にInterBaseの開発・マーケティングを担当し、現在もFirebirdプロジェクトにて日本語化などに携わる。本業は、株式会社日立製作所 ソフトウェア事業部勤務で、組み込みデータベース「Entier」のエバンジェリスト。Firebird日本ユーザー会 理事。特定非営利活動法人ソフトウェアテスト技術振興協会(ASTER)理事。http://www.firebird.gr.jp

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています