TOP業務システム> 中小企業のための高度なITサービスの提供




徹底比較!!SaaS vs.パッケージ
徹底比較!!SaaS vs.パッケージ

第5回:発展途上で可能性に満ちたSaaS

著者:みずほ情報総研  古川 曜子
協力:セールスフォース・ドットコム  宇陀 栄次   2007/10/29
前のページ  1  2  3  次のページ
中小企業のための高度なITサービスの提供

古川:SaaSは中小企業にとって大変大きなベネフィットがあると思えるのですが、いかがでしょうか。

宇陀社長:今あるシステム機能やサービスについての比較だけでは出てこない、「そもそもこうやりたい」と思っているのにシステム化できていないようなケースがまだまだたくさんあります。中小企業の場合、そのような手付かずの領域が特にはっきりとしており、この部分に適合した新しいサービスをSaaSは提供することができます。

古川:中小企業における「手付かずの領域」というのは、どのような部分でしょうか。

宇陀社長:これまで中小企業におけるIT投資というのは、財務や経理、人事など、企業運営上必須といえる主にバックオフィス系のシステムに比重が置かれてきました。大企業向けにはCRMやSFAなどフロント系の優れたアプリケーションパッケージもあります。しかし中小企業の場合、これらの高価なパッケージを買うための初期投資用の資金的余力もないし、そもそも高額投資に見合う効果を得られるほどの企業規模でもないのです。

   それがSaaSという、使う分に応じてオンデマンドにサービスが受けられ、月々の利用料だけで大きな初期投資がいらない形態のサービスが出てきたことで、中小企業にも高機能なフロント系アプリケーションを利用するチャンスが出てきたのです。

   中小企業では商談の全体像を把握し、分析できるような高度なシステムがそもそも入っていないところがまだ多いです。そのような部分はIT化することですぐに効果が出てくるのです。

大企業にとってのSaaSへの不安要素を分析する

   宇陀社長が語るようにSaaSは中小企業にとって、非常にメリットが大きい。一方、大企業の場合は、「顧客情報など重要な個人データを外部のセンターに預けることになりセキュリティ的に不安だ」という理由から、SaaSに踏み切れず自社開発を続けているところも少なくない。

   ただし、そうしたSaaSに対する保守的な意見も徐々に薄らいでいるようだ。例えばSalesforceでは以下のような管理を行っている。

  • ASP業者では運用業務を別の業者に再委託する場合があるが、セールスフォース・ドットコムでは自社で情報を管理

  • データの種類別にアクセス権が設定。顧客データについてはセールスフォース・ドットコムの社員であってもアクセスできないなど厳しい管理

  • データバックアップは媒体に書き出すことはせず、センター間で伝送させるなどの仕組みで、情報漏えいのリスクを最小限に減らしている

表1:Salesforceのセキュリティに関する取り組み

   自社内でどれほどのデータ管理ができているかということを考えれば、SaaSサービスを行っている専門業者に預けた方が厳格な管理体制が整えられているとも考えられる。

   日本郵政グループやみずほフィナンシャルグループ、三菱UFJ信託銀行など、厳密さが要求される金融機関でもSalesforceが導入されているということも、他の業界にとっての安心材料となるだろう。

前のページ  1  2  3  次のページ


みずほ情報総研株式会社 古川 曜子
著者プロフィール
みずほ情報総研株式会社  古川 曜子
金融ソリューション第2部
1999年、富士総合研究所(現みずほ情報総研)に入社。民間企業、中央官庁のナレッジマネジメントやEA関連のコンサルティング業務に従事。現在は、企業情報ポータル、検索エンジンなど、「エンタープライズ2.0」のソリューションを活用した企業内情報活用のためのシステム構築業務に携わっている。著書に、「ITとビジネスをつなぐエンタープライズ・アーキテクチャ」(中央経済社)、「サーチアーキテクチャ」(ソフトバンククリエイティブ)(いずれも共著)。


株式会社セールスフォース・ドットコム 宇陀 栄次
著者プロフィール
株式会社セールスフォース・ドットコム  宇陀 栄次
代表取締役社長 兼 米セールスフォース・ドットコム 上級副社長
慶應義塾大学法学部卒。日本アイ・ビー・エム株式会社 大手担当の営業部長、社長補佐、製品事業部長、理事・事業部長など。法人系IT会社の社長を歴任。
http://www.salesforce.com/jp/


INDEX
第5回:発展途上で可能性に満ちたSaaS
  SaaSが変えるものとは?
中小企業のための高度なITサービスの提供
  SaaSとSaaSを取り巻くエンタープライズIT社会の将来ビジョン