PR

【ユーザー企業優先】コンテナ技術の製造業における活用事例と、AWSかオンプレかの検討

主催者: 
主催:日本システムウエア株式会社/共催:株式会社デージーネット/協力:オープンソース活用研究所
日時: 
2019年5月17日(金) 15:30
会場(場所): 
日本システムウエア株式会社 渋谷本社ビル10階

東京都渋谷区桜丘町31-11

【Docker、Kubernetesなど「コンテナ技術」とは?】
コンテナ技術とは、OS上にコンテナと呼ばれる仮想環境を実現する仕組みで、1つのOS環境でありながらマルチOS環境を実現する技術です。従来の仮想環境は、ホストとなる1台の物理マシン上に仮想化ソフト等を起動させ、1台のコンピュータ上で複数のOS環境を利用できますが、オーバーヘッドが大きく、処理速度が出にくいのがデメリットでした。コンテナ技術は、従来のVM型仮想化と異なり、カーネル部分をコンテナで共有するため、リソース使用量が少なく、起動時間が短いことが特徴です。

【製造業での活用事例】
このコンテナ技術は、製造業におけるIoTプラットフォームや機械学習基盤などでも活用され始めています。コンテナ技術を使うことで、システムの改修を迅速に行えるほか、リソース追加にも柔軟に対応することができます。

【AWSなどのクラウドだけではなく、オンプレも主流】
このようなシステムではAWSなどのクラウドサービスを利用するケースも多いですが、製造業のシステムでは、セキュリティ上の懸念や、ローカルデバイスの監視や制御が必要になる場合も多く、オンプレで運用されるケースもあります。

【コンテナ技術を導入するには、クラウドかオンプレか】
では、コンテナ技術を導入するに際に、クラウドとオンプレのどちらに置くのがベストなのでしょうか。本セミナーでは「コンテナ技術」を基礎から解説すると共に、クラウドとオンプレのどちらを選択すべきか、そのメリットとデメリットを比較検討します。

本セミナーは製造業・ユーザー企業対象ですので、それ以外の方は、ご参加をご遠慮いただく可能性がございます。予めご了承下さい。

★プログラム等は詳細ページをご覧ください。

Think IT会員サービス無料登録受付中

Think ITでは、より付加価値の高いコンテンツを会員サービスとして提供しています。会員登録を済ませてThink ITのWebサイトにログインすることでさまざまな限定特典を入手できるようになります。

Think IT会員サービスの概要とメリットをチェック

他にもこの記事が読まれています

【ユーザー企業優先】コンテナ技術の製造業における活用事例と、AWSかオンプレかの検討 | Think IT(シンクイット)

Think IT(シンクイット)

サイトに予期せぬエラーが起こりました。しばらくたってから再度お試しください。